19409

漏電の危険と災害時の対応について

漏電とは?

電線や電気機器は、電気が外に漏れないように電気の通り道や充電部分を塩化ビニルなどの絶縁物で覆われています。
けれど、絶縁物が劣化したりり傷ついたりして絶縁の性能が悪くなると、電気が本来の通り道から外れて、電気機器の金属部分に漏れてしまうことがあります。この状態を漏電といいます。

ソース画像を表示

漏電を防ぎ、感電しないために

漏電遮断器とは、漏電が起きたときに、瞬時に電路を切ってくれる安全装置です。しかし、アースを付けず、電気が機器に漏れて充電している場合は働きません。漏電遮断器とアースはセットで取り付けてください。

ソース画像を表示

漏電は人体に影響があるだけではありません。

災害が起きた場合、そこまでの気が回らないほど緊迫していると思います。

日頃から、軽い訓練などをしていると災害が起きた時に

スムーズな行動が出来ると思います。

災害時に気をつけること

災害時は漏電からの火災になる恐れがあります。

二次災害を防ぐため、電気器具の取り扱いに気をつけましょう。

災害時における電気の対処使用中のアイロンやドライヤーなどはコンセントから切る!!

水にぬれた電機製品は必ず点検しましょう。

ソース画像を表示

水で電気製品が濡れてしまった場合は一度使用前に電気工事店などでの点検をしてください!漏電の原因があります。

切れた電線には絶対に近づかない

災害などで切れた電線には触れたり、近づいたりせず、電力会社への連絡をしてください。

家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを「切」にする。

身の回りの安全を確保してから家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを切ってください!!

漏電しているかも?と思ったらすぐに麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします!

19159

漏電 トラブル 危険がいっぱい 早めの対処をしてください

ブレーカーが頻繁に切れてしまうなどのトラブルが起きている場合は、漏電しているかもしれません。漏電とは、電気が正しい場所を通らず、他の場所に漏れてしまうことです。

そんな漏電はとても恐ろしいもので、最悪の場合は生命にもかかわります。漏電をそのままにしておくと、感電や火災が起こることがあります。もし気付いた場合、疑いがある場合、漏電はできるだけ早く対応することが大切です。

漏電ってなに?

漏電とは、電線などを流れている電流が漏れてしまうことです。漏電してしまうと、感電や火災が起きる可能性もあります。最悪の場合は命にかかわります。早急な対応が必要です。

漏電の確認をするときは、漏電について基本的な知識をもっていないと判断が難しいものです。漏電を確認するために必要な知識をつけましょう。

ブレーカーの仕組み

漏電をチェックするときには、漏電ブレーカーを確認が必要です。家庭内に設置されている分電盤の中心あたりに配置されていることが多いものです。

漏電ブレーカーは、漏電が起きたときに電流の流れを阻止する役割をしています。簡単にいうと、漏電してしまったときの安全を守ってくれるものなのです。そのため、漏電していると漏電ブレーカーは下がります。

漏電ブレーカーが作動する仕組みは、供給している電流よりも使用されたあとの電流が少ないときです。供給した電流が減っているということは、どこかで電流が流れてしまったと考えられます。そのような状況を察知すると漏電ブレーカーが作動してくれるのです。

漏電しているときの症状

漏電しているとブレーカーが落ちたり、電気代が高くなったりします。

■ブレーカーが落ちる

上記でも紹介したように、漏電ブレーカーが漏電を察知すると電流の流れを阻止してくれます。そのため、使用している電気類が一気に消えます。頻繁にブレーカーが落ちる場合は、漏電しているかもしれません。

■電気代が高くなった

漏電していると電気が流れてしまいます。そのため、通常より多く電気の量が必要になり、電気の使用量が自然と多くなってしまうのです。

電気を多く使用するとなると、もちろん電気代も高くなります。心当たりがないのに電気代が高額になっているという場合は、漏電しているかもしれません。

■漏電の確認方法

① アンペアブレーカーと安全ブレーカーのスイッチ

まずは、アンペアブレーカーが「入」になっていることを確認します。確認できたら、安全ブレーカーのスイッチを全て「切」にしましょう。

② 漏電ブレーカーのスイッチ

続いて、漏電ブレーカーを「入」にします。漏電ブレーカーは黒色で、分電盤内の中心あたりに設置されていることが多いです。

③ 安全ブレーカーのスイッチ

残すは確認をする作業です。①で切っておいた安全ブレーカーを一つずつ「入」にしていきます。漏電しているなど不具合が起きている回路を「入」にすると、漏電遮断器が反応して電気がまた消えるでしょう。そのため、スイッチの入らなかった回路が漏電していると考えられます。

電気回路の発熱

コンセントにプラグを差し込んだときに緩いと危険です。接触抵抗が大きくなってしまい、電流が流れると発熱してしまいます。長時間気づかずに使用していると、発火の危険があります。

家電製品でコンセントが緩いものがあったら、交換してください。

雨漏り

ご自宅に雨漏りの被害がある場合は、漏電につながってしまうかもしれないので注意しましょう。雨漏りによって水が室内に流れ込むと、ブレーカーや電気コードが濡れてしまうかもしれません。その結果、漏電へとつながってしまうのです。

アースがついていない

アースとは、地中に埋められているアース極と電気機をアース線で結ぶものです。アースは電気を地中や大地に逃す役割をしてくれます。また、漏電ブレーカーが正しく作動するのも、電気が大地に流れ始めたことも関係するといわれています。

アースをつけることで、感電や火災の危険を防ぐことができます。アースのような安全のための装置がついていないと、漏電をしてしまう可能性も高くなります。

電子機器自体が漏電

漏電はコンセントや電線だけが原因ではありません。テレビや洗濯機など電子機器自体が漏電してしまっている可能性もあります。電子機器に異変を感じたらまずは使用することをやめてください!

漏電ブレーカーが故障

漏電しているわけではないが、漏電ブレーカーが落ちてしまうというケースもあります。長年使用しているとこのような現象が起きやすいです。漏電ブレーカーが頻繁に落ちるため原因を探すが見つからないという場合は、漏電ブレーカーが故障している可能性があります。

おかしいと感じたら、麻生電設に早急にご連絡ください

緊急対応、即日対応、24時間対応、夜間対応いたします

20552

冬に多いトラブル 分電盤故障 漏電 停電 ご依頼は麻生電設へ

冬になり気温が低下すると、分電盤故障が多発します

毎年のことなのですが、真夜中に起こることが多く、緊急のご依頼が増加します

これは、分電盤の経年劣化によるものが多いと思われます

15年が一般的な取り換え時期かと思われます

突然の停電に見舞われないように、ご自宅の分電盤の経過年数のチェックをしてみてください(^^)/

こちらのお宅も突然停電したので来てください!とご連絡をいただき直行しました

原因は漏電していないのに漏電ブレーカーが落ちるという、漏電ブレーカーの故障でした

漏電ブレーカーはテストボタンで故障していないかチェックしよう!

漏電ブレーカー本体かテストボタンが故障しているのかもしれません。 漏電ブレーカーが正常に作動できないと、万が一漏電が起きてもブレーカーを落とすことができず火災や感電が起きるおそれがあります。

漏電を起こさない電気の使い方

漏電ブレーカーのテストボタンを押して確認し正常に作動していることがわかれば、ひとまず安心でしょう。また漏電ブレーカーの作動確認も重要ですが、漏電の原因を引き起こさないためにも、普段の電気や電化製品の使い方を見直すことも大切です。

ブレーカーの確認作業により漏電箇所が特定できたら、自分で直そうとせずに漏電修理のプロにお任せするようにしてください。漏電修理は電気工事士の資格と専門的な知識がなければおこなえませんし、わからないまま修理すると感電するおそれがあるからです。

そんな時は麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応を行っております

新しい分電盤への取り換え工事が無事終了しました

安心安全に電気を使っていただけるようになりました(^^)/

20023

分電盤に漏電遮断器がついていない! 漏電遮断器は必ず設置が必要です!

分電盤に漏電遮断機がついていない!!

電気が漏れたり、地絡した時に電気を止める装置が漏電遮断器の役目です。

一般のご家庭(戸建て、アパート、マンション)で、分電盤に主幹または分岐回路に漏電遮断器(漏電ブレーカー)が取り付けられていない場合は、漏電遮断器(漏電ブレーカー)設置義務と法規にありますので、早急に取付を行っていただく必要があります。

電気が漏れてるか流れてるかは、目で見えません。電気が漏れたり・地絡した時に瞬時に電気を止める装置が漏電遮断器です。必ず漏電遮断器(漏電ブレーカ)を取付て下さい。

一般家庭や事業所など全てに該当しますので、漏電遮断器設置義務となります!!

古い物件(1990年以前の物件)では漏電遮断器の取り付けがされていない確率が高いです。戸建て住宅や、アパート・マンション・店舗・事務所など、設置されているか必ずご確認ください。設置がない場合は、賃貸物件の場合は、オーナーか管理会社に必ず報告し、漏電ブレーカ設置か分電盤交換してもらう事をお願いします。漏電災害で死亡災害になる恐れがあります。

感電防止用の高速高感度形漏電遮断器30mA、0.1秒以下のものを取り付けることです。この感電防止用漏電遮断装置を接続しなければならない機器については、労働安全衛生規則第333条などで法的に定められています。

分電盤に漏電ブレーカを設置しました。これで安心安全に電気を使用していただけます。火災につながる原因にもなります。ご自宅の分電盤の確認をぜひお願いします。

分電盤やブレーカー、漏電などでお困りの場合は麻生電設にお任せください

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします

16967_0

漏電で分電盤の取り換え 早めの対応が必要です

分電盤と配電盤の違い

この2つについて何が違うのかというと、言葉が似ているだけで中身は全然違うので区別さえつくようになれば、すぐに分かるようになります。

配電盤

配電盤についてですが、配電盤は受変電設備と一緒にある設備になります。

電力会社から電力を受け取りまず、開閉器などを通り、いろんな計器を取って変圧器によって電圧を低圧に変化させます。

こうして低圧に変化した電力を送るためにたくさんのブレーカーが付いているところが配電盤となります。

配電盤は受変電設備の一部になります。

そのため、高圧受電をしていない建物や一般家庭ではまずないので、身近にあるものはすべて分電盤だと思ってOKです。

配電盤にはキュービクルタイプと開放型の2種類があり、昔は建物の中に電気室を用意してその中に開放型の配電盤を作ることが多くあったのですが、現在ではあまり見られません。

ほとんどがキュービクルを利用しています。

コンパクトに収納できて耐久性も高いことがその理由に上がります。

屋外でもよく見ますが、電気室を作った中にキュービクルを置くということもよくあるのです。

分電盤

分電盤についてご存知でしょうか。

分電盤は受変電設備によって低圧に変換された電気を各部屋に送るために更に細かく分ける働きをします。

分電盤に来るまでは低圧電気の大きなケーブルで来るだけですが、そこから照明やコンセントの各要所要所に分けていきます。

分電盤があるおかげでお家の中の色々な場所で電気製品が使えるようになります。

この分電盤にはたくさんのブレーカーが付いていて、そのブレーカーごとに電気回路ができています。

分電盤の中のブレーカーの働きとしては、漏電をしていないか、電気を使いすぎていないかを制御する仕組みが付いています。

そのため、電気を使いすぎるとブレーカーが落ちて電気回路に余分な負担がかかりすぎないように自動的に遮断してくれます。

ブレーカーの種類

配電盤や分電盤にはいくつものブレーカーが付いています。

アンペアブレーカー

配電盤にある大型のブレーカーだったり、一般住宅で一番初めに電力を受ける大きめのブレーカーのことを言います。

ブレーカーにはどのくらいの電流が流れてもよいかという数値があります。

ここが動作するくらい電力を使っているのであれば契約内容から見直す必要があるほどまずい状況です。

あまりアンペアブレーカーまで落ちるような状況は発生することはありません。

安全ブレーカー

安全ブレーカーはアンペアブレーカ-と同じように、契約以上の電流が流れると作動するタイプのブレーカーです。

このブレーカーについては結構な頻度で落ちたりします。

特に古い家なんかでは現在のようにたくさんの電力を使用することを想定しない物も多いため、ドライヤーだったり電子レンジだったり、オーブン、電気ケトルなど瞬間的に電力をたくさん使うものが重なると落ちてしまいますので、注意が必要です。

あまりによく落ちるようでしたら、違う回路のコンセントを使用するなどが必要で

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは名前の通り漏電が起きてしまったときに電気を遮断してくれる機能がついたブレーカーです。

漏電をしていると必要以上に電気代がかかったりしますし、何より火災にまで発展する可能性があるので、この漏電ブレーカーがよく落ちるような場合は

お早めに麻生電設へご連絡ください。

即日対応、24時間対応、緊急対応いたします。

漏電ブレーカーが使用される電気回路は、主に水回りにしようするなど濡れてしまう可能性があるところに使われています。

日頃のチェックがとても重要になります。時々ご家庭でも確認をしてみてください。

17413

真夜中の電気故障 麻生電設は緊急対応いたします

真夜中、ラーメン屋さんからのお電話です。

漏電ブレーカーが上がらなくなりました。

冷凍庫の中身が溶けてしまう!!!すぐに来ていたけませんか!!!

緊急を要する事態に、すぐに急行しました。

到着後確認すると明らかな故障です。

真夜中の停電!緊急事態です。麻生電設が対応いたします。

スイッチが戻らない状態です。

取り換えをする必要があると判断しました。

お客様に了解を得たうえで、即日取り換え作業を行いました。

漏電したらどうなるの?

そもそも【漏電】といっても漏電ってなに?というところからお話しします。

字のごとく【電気が漏れる】ということですが、なんだか電気が漏れているなんて怖いですよね。

でも安心してください!

そのための漏電ブレーカーなんです。

電気が通常通るところに水が入ったりして漏れている、と察知したから漏電ブレーカーが下がってしまうわけです。

つまり電気が流れていないので、漏電していないわけです。

でも、一番怖いのはこの漏電ブレーカーが壊れている可能性があるときです。

壊れることもあるので、注意が必要です。

また異常に電気代が高くなった時などは漏電ブレーカーが壊れて、漏電している可能性があります。

その場合はすみやかに電気屋さんなどの業者に相談してみてください。

麻生電設は緊急対応、24時間対応、即日対応いたします。

夜中に電気が落ちると本当に困ります。電力会社も連絡が取れない。麻生電設は24時間対応ですので、ご連絡いただければ対応いたします。お困りの場合は、麻生電設にご相談ください。お待ちしております。

漏電

分電盤 ブレーカーはとても重要です 不具合は麻生電設にご連絡ください

分電盤ってなに?

ソース画像を表示

電力会社は電力計を家屋の壁に取り付け、契約者が設置した分電盤内に契約容量のアンペアブレーカーを置き接続しています。契約者はこれに漏電ブレーカー、その後ろに安全ブレーカーを並べて設置しており、各部屋ごとに分けて配線して使用することで電気を安全に使えるのです。

ちなみに、最近の新築の住宅の場合、電力会社により※スマートメーターが設置され、基本アンペアブレーカーは設置されないようです。

スマートメーターってなに?

最近注目されている「スマートメーター」というものをご存知でしょうか?
スマートメーターは、電力会社が住宅等の壁に取付けるデジタル電力量計です。

通信機能を持ち「住宅用エネルギー管理システム(Home Energy Management System)」により、電気の使用・売電(太陽光発電等)状況などをリアルタイムで把握、蓄積、データを見える化し、料金メニューの多様化、省エネ化など、エネルギーや設備などの有効活用が期待されている、従来と異なるタイプの新しいメーターのことをいいます。

スマートメーターのメリット

使用者が電気を見える化できることに加えて、契約アンペア設定機能が内蔵され分電盤のアンペアブレーカーが不要になるところも特徴です。

スマートメーターを設置している場合、従来のブレーカーののようにバチッという音がすることなく、電気が遮断され、遮断から、数秒後(10秒以内)に自動復帰します。某電力会社の話では、連続9回ほどでロックがかかるそうですが、解除は電力会社が遠隔操作を行うことができるなどメリットが大きいそうです。

分電盤の設置の状態には3パターンある


家庭用の分電盤の設置状態には3パターンがあります。

  • 従来の分電盤
    従来型アンペアブレーカーが設置してある状態の分電盤です。
  • 既設分電盤で追加でスマートメーター設置の場合
    既存の従来型アンペアブレーカーは不要なものの、あえて撤去せずにスマートメーターを設置している場合です。
  • 新築でスマートメーター設置の分電盤
    新しい住宅では、スマートメーターが使われます。スマートメーターには、契約アンペア設定機能が内蔵されているので、従来型アンペアブレーカーを設置する必要はありません。

ブレーカーってなに?

ブレーカーってどういうものかご存知でしょうか?

ブレーカーには4種類あります。それぞれに役割があります。契約容量を超えるとブレーカーが落ちて回路の電気を遮断して事故防止をする仕組みになっています。

  1. 従来型のアンペアブレーカー
    分電盤内の左端に電力会社が設置し、契約アンペアで色分けされています。(30A=緑、40A=灰色、50A=茶色、60A=紫)契約アンペア以上に電流が流れると遮断をします。
  2. スマートメーターに内臓のブレーカー機能
    スマートメーターにて契約アンペアを設定することが可能で、もし電気を使い過ぎた場合は、遮断しますが10秒以内(3〜4秒程度)で復帰し、9回連続の遮断でロックがかかります。どのタイミングでロックがかかる、かからないについては、使用中の電気器具が通電で電源が入るタイプだとロックがかかる可能性があります。電子式の電源スイッチの器具があれば通電してもOFFのままなのでロックが避けられる可能性があります。ロックがかかった場合、電力会社に連絡すると遠隔操作で解除作業をしてくれます。
  3. 漏電ブレーカー
    漏電ブレーカーは、分電盤の中央に設置されている大きめのブレーカーのことで、解除ボタンとテストボタンが付いています。このブレーカーは、漏電を常に監視していて、使用中の電気器具や、屋内配線で大地への漏電を感知してトリップすることで、万一、屋内配線や電気器具が漏電をした場合、自動的に電気の供給を止めて事故を防ぐ装置となります。漏電している場合は、原因を取り除かないと復旧することができないので、安全ブレーカーで個々の回路を特定します。
  4. 安全ブレーカー
    分電盤内の右側に並ぶ小型のブレーカーです。各々が各部屋やエリアに個別に配線されています。普通は容量20Aが設置されており、その回路で使い過ぎるとトリップする仕組みです。コンセント1個は15Aが限度ですが複数個で電熱器などを使用するとオーバーする場合があるので、注意が必要です。

ブレーカが落ちてしまった時はどうしたらいい?

ブレーカーが落ちた後、分電盤のどのブレーカーが落ちたのかを確認しましょう。

落ちたブレーカーのスイッチレバーは、ONでもなくOFFでもない中間付近にあり、触ると少しグラグラしているはずです。

復旧方法は、分電盤の設置状態で対応が異なります。ブレーカーの仕組みがよくわからない場合は、漏電をしていると危険を伴う可能性があるので、事故を防ぐためにもブレーカーを触らずに、契約している電力会社に問い合わせるようにしてください。

電気工事でお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください、

即日対応 24時間対応 緊急対応いたします。 

漏電ブレーカーの故障 緊急のご依頼も受け付けております

漏電ブレーカーが上がらないので、すぐに来てほしいとのご連絡です。

猛暑の中、ブレーカーが落ちると、エアコンも使えないため、緊急出動をしました。

到着後確認をしてみると

分電盤の故障ということが判明しました。

おおよそですが、分電盤の寿命は15年と言われています。

お客様とご相談の上、見積もりを作成 今回は丸ごと取り換えをご希望されました。

即日、取り換え完了しました。

ブレーカーが落ちてしまったときの正しい対処法


急に、ブレーカーが落ちて電気が止まってしまうと、ちょっとしたパニックになってしまいますよね。

ブレーカー問題点
ブレーカーが落ちないよう、電力消費は適度に分散させる必要があります。

そしてなんとなくブレーカーのスイッチを切ったり入れたりして電気を復活させている…という人も多いかもしれません。

ブレーカーが落ちた時の対処法

①落ちたブレーカー以外のブレーカースイッチを「切」にする
②コンセントから電化製品のプラグを外す
③アンペアブレーカー→漏電ブレーカー→安全ブレーカーの順にスイッチを「入」にする
④外した電化製品のプラグをコンセントに入れる

あまりにもブレーカーが落ちる場合は、いっぺんにたくさんの電化製品を使っていたり、電気を使う場所がひとところに集中していることがあります。漏電も考えられますので、色々なチェックをしてみてください。

この様な場合は、電力を分散させる。アンペア契約を見直すのが方法としてあります。

電力消費を分散させる

一度に使う電気の量を低く抑えることでアンペアブレーカーの作動がなくなります。

契約アンペア容量の変更

漏電や電化製品の故障以外で頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合は、アンペアブレーカーが落ちていることが原因です。

使う電化製品を減らすのも方法のひとつですが、これ以上減らせない場合はアンペア数の容量をあげる必要があります。

家族が増えたり、考えて使っても電気が落ちる場合はアンペア容量を増やした方が良いといえます。

ただし、ほとんどの電力会社の場合、アンペア容量が増えると基本料金も増える料金の仕組みとなっているので、電気代がトータルで上がってしまうことがあることはチェックをしてください。

電気トラブルでお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください。

即日対応、緊急対応、24時間対応いたします。

麻生電設-電気工事-24時間-福岡-東区-すぐ-近く-電気がつかない-漏電 (18)

ブレーカーが落ちた 停電

飯塚市築40年のお宅にお住いのお客様より

ホットプレートのスイッチを入れたら、ブレーカーからバチッって音がして停電したのですがとのこと

深夜のお電話でしたが、急行しました

色々調べた結果

分電盤の老朽化による漏電ブレーカー内部の断線でした

築40年のお宅であることから、分電盤も老朽して仕方がありません

分電盤の取り換えもおまかせください!

新品に取り換え無事に電気が使えるようになりました

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等もお任せください。

(福岡県内 大手管理会社様 30社 契約しています)
福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

LINEからのお問い合わせ・無料お見積りも出来ます。

電気が使えない

漏電とは・・・その名の通り、電気が漏れる。本来電気の通るべきルートをはずれて流れる現象をいいます。

漏電により・・電気代が高騰。感電や火災の危険性が大!深刻な事故原因になる恐れがあるため管理注意が必要!

博多区:築50年の戸建てのお客様

電気が使えないので至急来てほしいとのこと

到着後、すぐに絶縁試験を行いました

絶縁試験は漏電をしているか否かを見極めるために重要です

配電線を新たに設置する際には漏電検査が必要です。漏電検査には絶縁抵抗計などの機器を用いります。また、漏電遮断器が切れた場合や、水害、漏水が生じた際には電気を利用する前に漏電検査が必要です。

配電盤の交換が必要です

築50年の家とともに頑張ってきた配電盤です

絶縁試験での結果は 漏電ブレーカーの故障でした

一般的にブレーカーの寿命は15年です 十分に活躍したといえます

よくがんばった!おつかれさま!

新品に交換完了!これで漏電も安心です!

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等もお任せください。

(福岡県内 大手管理会社様 30社 契約しています)
福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

LINEからのお問い合わせ・無料お見積りも出来ます。