19692

老朽化した分電盤の取り換え工事は麻生電設にお任せください

分電盤の役割

分電盤とは、ブレーカーや漏電遮断機、配線遮断機といった制御装置をひとまとめにしたもので、照明やコンセントなど家の中の電気機器へ、安全に電気を送るための装置のことです。

その中には漏電遮断器といって、室内の配線や電気器具で漏電があるとそれを感じ取り、電気をすばやく止めてくれる安全装置もついています。配線用遮断器は電流を使いすぎたり、配線がショートした時などに、自動的に電気を遮断する機能が備わっています。

感震ブレーカーといって、地震などが起きた際に一定の震度を感知すると電気を遮断する機能もあります。「分電盤」は電気を安全に使用するためにもは必要なものです。異変を感じたらすぐに電気工事専門にご連絡ください。

麻生電設なら、電気のトラブルに迅速に対応いたします

分電盤のトラブルとその対策法

1.ブレーカーは作動しているONの状態なのに、一部の部屋にだけ電気がつかない、電化製品が使えない

電化製品の故障によるショートや、その部屋で電気を使いすぎたために配線用遮断器が切れてしまうことがあります。使用中の器具をコンセントからはずす、使用機器を減らす、切れたヒューズを取り替えるなどが必要となります。

2.遮断器が熱くなっている

遮断器を流れる電流が多く負荷がかかっていることが考えられます。使用機器を減らしてみてください。それでもまだなお、熱い場合は、接続端子が緩んでいる恐れがあるため、専門業者の確認が必要となります。

3.分電盤からの異音

分電盤は一般的に10~15年が交換の目安です。老朽化で異音がすることがあります。このような場合は、専門業者での電気工事が必要です。放っておくと発火の恐れもあります。早めに対処してください。

電気工事のご依頼は、麻生電設にお任せください。

幅広いお客様のニーズに対応しております。また、お見積りのご相談や工事に関するご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

19880

夜間緊急対応 電気のお困りは麻生電設にご連絡ください

家の配線が焼けている!焦げ臭い!電気が使えません!すぐ来てください!

緊急だとすぐに向かいました。

電話をいただいてから40分で到着し、早急に確認すると

コンセントからのドラックショート。間一髪でした。

リビングのコンセントと冷蔵庫のコンセント2か所で発生していました。

通常はこのような状態になる前に安全ブレーカーが落ちるはずですが、

こちらのお宅の分電盤はかなり老朽化が進んでおり作動していない状況でした。

発火を免れて本当に良かったです。

コンセントとブレーカーの取り換え作業を行い完了です。

コードの劣化・電気製品の破損によるショート

コードが劣化し、導線がむき出しの状態になると、+極と−極のコードが接触し、ショートが発生することがあります。なお導線がむき出しにならなくても、コードの内部でねじれた場合にもショートは起きる可能性があるでしょう。

また、コードを束ねて放置することでコード同士が熱を持ち、その熱によってコードが劣化することがあります。そういった場合も、コードが劣化したことで導線が接触してしまい、ショートしてしまうことがあるのです。

さらに、壊れた電気製品を使い続けている場合にも、ショートの危険があります。製品内部の回路が破損している可能性があるからです。コンセントの差し込み口も外部からの衝撃によって破損する場合が考えられますので、十分な注意が必要です。

もし、おかしいなと気が付いた場合は

すぐに麻生電設にご連絡ください

緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします

19579

ブレーカーが突然落ちて使えない 故障かな?と思ったら

ブレーカーには3つのパーツがあります。それぞれどのような役割をしているか知っておくことで、ブレーカーが落ちたときに原因を発見することができます。

漏電している可能性も?!見分け方と対処法

漏電ブレーカーが落ちてしまった場合は、どこかで漏電が起きている可能性があります。漏電箇所を特定する方法や、対処法をご紹介していきます。

まずは、本当に漏電しているか確認してください。一度すべてのブレーカーを切り、一つずつ電源をいれます。一つずつ確認していき電源を入れることのできないスイッチがあれば、そのスイッチの電線が漏電していると確認できます。漏電している場合、何度電源を入れてもブレーカーが落ちてしまうため、原因箇所を特定することができます。

漏電している場合は、無理やり自分で対処するのではなく電気工事の業者へ依頼をしてください。感電してしまう可能性があり、とても危険です。

漏電箇所を放置しておくと、感電や火災が発生してしまう可能性があります。さまざまな被害が起きてしまうので、漏電を発見したらできるだけ早く業者に相談をしてください!

麻生電設は即日対応、緊急対応、夜間対応いたします

ブレーカーの修理は電気工事の資格が必要です

ブレーカーの修理は、電力会社では行えないケースが多いです。ブレーカーの修理は、電線などの電気工事が必要になります。そのため、電気工事士の資格を持っていないと正しい作業ができないため、業者への依頼をしてください。

賃貸住宅にお住いの方で、ブレーカーの修理を行いたい場合は、大家さんや管理人さんに連絡をしましょう。貸し借りの契約のため、勝手に修理をしてしまうとトラブルになってしまう可能性があります。大家さんや管理人さんへの連絡以降に修理をしてください。

ブレーカーの修理は麻生電設にお任せください!

漏電ブレーカーの故障 緊急のご依頼も受け付けております

漏電ブレーカーが上がらないので、すぐに来てほしいとのご連絡です。

猛暑の中、ブレーカーが落ちると、エアコンも使えないため、緊急出動をしました。

到着後確認をしてみると

分電盤の故障ということが判明しました。

おおよそですが、分電盤の寿命は15年と言われています。

お客様とご相談の上、見積もりを作成 今回は丸ごと取り換えをご希望されました。

即日、取り換え完了しました。

ブレーカーが落ちてしまったときの正しい対処法


急に、ブレーカーが落ちて電気が止まってしまうと、ちょっとしたパニックになってしまいますよね。

ブレーカー問題点
ブレーカーが落ちないよう、電力消費は適度に分散させる必要があります。

そしてなんとなくブレーカーのスイッチを切ったり入れたりして電気を復活させている…という人も多いかもしれません。

ブレーカーが落ちた時の対処法

①落ちたブレーカー以外のブレーカースイッチを「切」にする
②コンセントから電化製品のプラグを外す
③アンペアブレーカー→漏電ブレーカー→安全ブレーカーの順にスイッチを「入」にする
④外した電化製品のプラグをコンセントに入れる

あまりにもブレーカーが落ちる場合は、いっぺんにたくさんの電化製品を使っていたり、電気を使う場所がひとところに集中していることがあります。漏電も考えられますので、色々なチェックをしてみてください。

この様な場合は、電力を分散させる。アンペア契約を見直すのが方法としてあります。

電力消費を分散させる

一度に使う電気の量を低く抑えることでアンペアブレーカーの作動がなくなります。

契約アンペア容量の変更

漏電や電化製品の故障以外で頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合は、アンペアブレーカーが落ちていることが原因です。

使う電化製品を減らすのも方法のひとつですが、これ以上減らせない場合はアンペア数の容量をあげる必要があります。

家族が増えたり、考えて使っても電気が落ちる場合はアンペア容量を増やした方が良いといえます。

ただし、ほとんどの電力会社の場合、アンペア容量が増えると基本料金も増える料金の仕組みとなっているので、電気代がトータルで上がってしまうことがあることはチェックをしてください。

電気トラブルでお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください。

即日対応、緊急対応、24時間対応いたします。

容量変更工事

エアコンをつけるとブレーカーが落ちる場合はアンペア数の変更をご検討ください。

夏本番になり、エアコンをつける機会が多くなったと思います。
そんな中、

エアコンをつけるとブレーカーが落ちるとお悩みではないですか?

原因は電気の容量不足です。
もし、節約しても、色々な電気製品を考え考え使っても
ブレーカーが落ちるという場合は、ご契約の電気容量を変更する
必要があるかもしれません。

そのような場合は、
麻生電設にご連絡ください。
即日対応、緊急対応、24時間対応いたします。

今回のお客様もエアコンをつける度にブレーカーが落ちて
生活ができないとお悩みでした。

電気容量の増設工事、電力会社への申請を行い、
1週間後60Aへ増設申請完了しました。

麻生電設では他にも、漏電や交換、新規取付など多種多様な電気工事を行っております。

電気で分からない点がありましたら、お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

電気 増量 工事 福岡 麻生電設 容量変更 容量増設 (14)

漏電の怖さ 感電の恐れ 漏電の確認方法

漏電の危険性を知って予防検知をしてください

漏電はとても危険です 漏電かな?と思ったら

大雨や雷が各地で起こっています。
そんな中、雷による停電も多く発生しており、それと同時に漏電の疑いが多く確認されています。

漏電のリスク


漏電が起きるとどんなリスクがあるのか、日ごろ考えている方はあまりいないと思います。
けれど、漏電は簡単に考えていると、実はとても危険と隣り合わせの状態だったりします。
火事になったり、感電をしたり、子供から大人まで注意する点がかなりあります。

電線の故障などで電気が漏れてしまうことが原因です。人に触れることのないように対応はされていますが、万が一触れてしまうと感電し、命の危険にかかわる事態にもなりかねません。

漏電すると、家の中の電気を無駄に使ったことになります。
電化製品の動きがおかしくなったり、壊れてしまうこともあります。
濡れた手でコンセントを触るとビリビリっときた経験はありませんか?
電気はわずかな量でも触れると体に影響を及ぼします。
微電流では命を落とすことはありませんが、20mA~50mAになると筋肉の収縮が起こり、その場から離れることができなくなるなど、影響は大きくなります。
コンセントを濡れた手で触らないという注意はできますが、漏電している場合
電化製品を触った瞬間に感電するという恐ろしい事例もあります。
また、漏電は人体に影響を及ぼすだけでなく、火災を起こす危険性も潜んでいます。
埃のたまったコンセントに引火するというケースも後を絶ちません。
長年使っていると慣れが生じます。時々確認をすることが家を守る命を守る、とても重要なことなのです。

漏電の確認はどうすればいいの?

もし、電気が落ちた。そんな時はチェックしてほしい部分があります。
それは、「漏電ブレーカー」です。

ブレーカーを上げたのに電気がつかない
そんな時は、「漏電ブレーカー」を確認してみてください。
配電盤の内部にあるブレーカーです。機器以外に電流が流れたことを検知するものです。
電気の使い過ぎだからと決めつけず、漏電ブレーカーが落ちていないかチェックをしてください。
目に見えない電気をブレーカーが教えてくれることがあります。

電気代が異常に上がった
漏電を教えてくれる材料の一つに、電料金があります。
いつもの月に比べて、あまりにも高くなったという場合は、漏電を疑う必要があります。
夏場、冬場のエアコンの利用で一時的に上がることはありますので、それを考慮しても
上がっているという場合は漏電の検査をおすすめします。

配電盤を操作してチェック
漏電の疑いがあると感じていても、広い家の中でどこが漏電しているのかわからない、なんて悩みがある方は、以下の方法を試してみましょう。


漏電している箇所を調べる方法


この作業は、漏電ブレーカーが落ちた場合におこないます。前提として、左端の大きなブレーカー『アンペアブレーカー』のスイッチをONにしてから取り掛かってください。
まずは右側に多くある、『分岐ブレーカー(安全ブレーカー)』を切っていきます。全部の分岐ブレーカーをOFFにし終えたら、漏電ブレーカーをONにしましょう。
続いて、OFFになった分岐ブレーカーの電源を、順番にひとつずつ入れていきます。漏電などなければ問題なくONになるでしょう。
しかしこの作業中、ONにしてもすぐにOFFに戻ってしまうようなブレーカーや、ONにすると漏電ブレーカーが切れるようなブレーカーがあることも。
この場合、そのブレーカーが示す部屋が漏電の起きている部屋である可能性が高いのです。
この方法でいち早く、発見できる可能性はありますが、素人の目ではなかなか判断がしにくいものです。

そんな時は


麻生電設にご連絡ください
即日対応、緊急対応、24時間対応いたします。

漏電の原因になるものは?

1.水濡れ 湿気の多い場所で使われている機器は水濡れしやすく、漏電しやすくなります。
洗濯機やキッチンの流し台付近の機器は注意が必要です。
2.エアコン室外機 エアコンの室外機用ダクトと外壁の間に隙間ができて水、埃などが入り込み漏電を起こすこともあります。
3.海風 海辺に近い住宅に多い原因ですが、潮風が配線に付着することで腐食が進み漏電につながることがあります。
4.ケーブルの傷 電気ケーブルに傷がついてしまうと漏電の原因になることがあります。こたつのケーブルから火を噴いたというケースもあります。
5.電化製品の劣化 電化製品の劣化により漏電を引き起こすことがあります。

この他にも様々な原因で漏電は発生します。
おかしいなと思ったら、早めに麻生電設にご連絡ください。

漏電-ブレーカー-落ちた-福岡-東区-24時間-夜間-緊急-対応-電気-工事-修理-電気屋さん-近く (8)

ブレーカー 落ちる 電気容量(アンペア) オーバー

ブレーカーが落ちるのでみて欲しいとお電話いただきました。

寒くなるとブレーカーが落ちるとのご依頼です。

ブレーカーが落ちる原因は・・・。

電気の容量オーバーってどういうこと?

電気の容量とは、「アンペア(A)」で表示をします。アンペアとは電気の単位のことで、「電流の量」を示しています。アンペアの他には、電気を流す力を表すボルト(V)や電力消費量を表すワット(W)などがあります。
各部屋の設備の電力使用容量が契約の容量を超えてしまっている状態のことを言います。

※一般的に電力会社と契約をして電気を使用します。アンペアが上がると電気の基本料金も上がります。

こちらのお宅では、現在の電灯契約が主幹契約40A・8KVAのご契約です。
各部屋のエアコン数台を運転し電流確認をしたところ、それだけで50Aになりました。これではブレーカーが落ちても仕方がありません。

麻生電設はお客様とご相談の上、工事を行います。

今回は主幹契約60A・12KVAへの変更を行いました。
九電への増設申請も行いました。

これで冬場にブレーカーが落ちることが解消され、快適な生活環境となりました。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等もお任せください。

(福岡県内 大手管理会社様 30社 契約しています)
福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

LINEからのお問い合わせ・無料お見積りも出来ます。

楽しいことも麻生電設で・・・魚釣り浮きもあります。