19156

漏電は危険です!すぐに対応しましょう!

1. 漏電が起こる原因と解決方法

生活の中で、漏電とはあまり関係がないように感じますが、電気の使い方によっては漏電が起こりやすいことがあります。
その原因とは下記の通りです。

1. 配線の劣化や破損

家の中にはあちらこちらに配線があります。
埋め込まれている配線については確認できませんが、私たちが使う電化製品やコンセントがどのような状態で使われているかの確認をしてみてください。

漏電が起きないように「絶縁体」が使われていますが、これも使い方によって傷がついたり、濡れたりすることで劣化していきます。そうすると「絶縁」ができなくなり、漏電を起こしてしまうことがあります。

2. 電化製品の故障によるショートや漏電

プラスとマイナスの配線を直接つなぎ、電気抵抗を持つものを通さなかった場合はショートします。

故障した電化製品やコードを使い続けていることでショートや漏電をおこすおそれがあります。内部の回路やコードが破損している場合です。接触の悪い電化製品などには注意が必要です。

2. 漏電ブレーカーが落ちないようにする

電気を使いすぎると落ちてしまうアンペアブレーカーは、同時に使う電化製品を減らすことで防げますが、漏電ブレーカーを落ちないようにするためには日常生活で注意することが必要です。

1. 湿気の多い場所での電化製品の取り扱いに注意する

コンセントと同様で、電化製品は湿気が大敵です。
水に濡れたままの電化製品を使用すると漏電する可能性が高くなります。
キッチン等の水回り付近の電化製品を使用する場合は、濡れた手のまま触らないでください。

2. 電気コードを不自然に曲げたり束ねない

長いコードをつかっていませんか。長いコードがねじれていませんか。コードが変形してしまうほどになると接触不良や熱がこもることにより過熱し、絶縁体としての機能も落ちてしまいます
その結果、ショートや漏電に繋がることがあります。

様々な長さの延長コードがありますので、上手に利用しながら不自然にコードが曲がったり束ねたりしないように工夫してみてください。

3. 漏電ブレーカーでお困りの場合は麻生電設にお知らせください

漏電ブレーカーが落ちた場合、落ち着いて手順を守りながら行動することが大切です。
ですが、電気の使い過ぎで落ちたブレーカーとは違い、「漏電のおそれがある」というだけでも危険が伴います。

知らないまま触ってしまい、漏電による火災が起きてしまうこともあります。

麻生電設にご連絡ください

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします


18782

ブレーカーが落ちる原因は様々 お困りの場合は麻生電設へ

エアコンを取り付けたらブレーカーが落ちるのでみて欲しいとのご依頼です。

エアコンを取り付けたエアコン屋さんは対応できないとのことで、緊急対応しました。現場に到着し早速、分電盤を確認すると、つなぐべきエアコンのコンセントがなく、一般コンセントからエアコンをつないでいることが原因でした。

施工内容はエアコン専用のコンセントを増設

分電盤の取り換えを行い、エアコンも無事に使用できるようになりました。

ブレーカーが落ちた時の対処方法

私たちの日常生活において、電気は欠かせないものですが、時にブレーカーが落ちてしまうことがあります。
ブレーカーが落ちる原因のほとんどが、同時に多くの電気を使用しているケースです。

ブレーカーが落ちてしまった時には、一度「電気の使い方を見直してみる」ことをおすすめします。

・複数のエアコンがある場合は、運転開始時間をずらす。(立ち上がり15分程度は大きな電気が流れます)
・電子レンジ、電気ストーブ、ドライヤーなどの消費電力が大きい家電製品はなるべく同時に使わない。
・同じ安全ブレーカーにつながっている照明やコンセントを把握し、使用する機器が2,000Wを超えないように気をつける。

これらを意識することで、ブレーカーが落ちにくくなります。

それでも、ブレーカーが落ちてしまうのなら契約アンペアを見直したり、安全ブレーカーおよびコンセント を増設するのもよいでしょう。

電気のことでお困りの場合は麻生電設へご連絡ください

即日対応、24時間対応、緊急対応いたします。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

分電盤工事 新調 福岡 北九州 佐賀 電気工事 麻生電設

ブレーカーが落ちる ブレーカー老朽化

漏電ブレーカーが落ちるんですが、見てもらえますかとのご依頼です。

東区雁ノ巣 戸建てのお客様よりお電話いただきました。

ブレーカーが落ちる原因

「バチ!」という音とともに、電気がつかなくなる。

「ブレーカーが落ちた」とよく言いますが、その原因として考えられるのが

  1. アンペアブレーカー
  2. 漏電ブレーカー
  3. 安全ブレーカー

このどれかが落ちたことによるものです。

1.アンペアブレーカー

電力会社との契約ブレーカーでアンペア数が表示をされているものです。

契約アンペア値(契約電力量)これを超えた場合に電気が遮断され、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。

2.漏電ブレーカー

漏電事故を防ぐためにメインスイッチ・テスト・復旧ボタンがついています。

漏電をした場合に作動し、電気を遮断するため、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。家全体の電気が遮断されます。

3.安全ブレーカー

分電盤から各部屋への電気を供給するための回路ごとのブレーカーです。

部屋ごとに供給される電気容量が超えた場合に作動し、その電気を遮断する仕組みになっています。その場合は一部の部屋の電気が落ちることになります。

それぞれのブレーカーの仕組みがあります。ブレーカーが落ちる原因は様々ですが、ブレーカー自体の老朽化の場合は、取り換える必要があります。

ブレーカー取り換えをご要望の場合は、麻生電設にお任せください

新しい分電盤に、即日取り換え完了しました。

これで安心して、電気を使用できます。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

お問い合わせ

麻生電設-福岡-電気工事-テレビ-アンテナ-24時間-東区-直ぐ-スイッチ (4)

漏電 原因不明

漏電しているのは確定しているが、何が原因かがわからないとのご依頼です。

八女市の整骨院様よりお電話いただきました。

電気工事屋さんに10社ほど依頼して、見てもらったのだけど、何が原因かわからないといわれたと困っていらっしゃいました。とにかく、時間、お金がかかってもいいので、完全に治して欲しいと切実なお願いです。

早速訪問後、確認をしました。

絶縁測定試験をしましたが、他の電気工事屋さんと同様異常は見られませんでした。

麻生電設はお客様とのご相談、ヒアリングを大切にいたします。

どのような時に漏電ブレーカーが落ちますか?お尋ねすると、「雨の日だけです。」とのこと。

そうなると、外に原因があるはずです。

外部の照明・防水コンセントを取り外し、調査しましたが、異常箇所は見つかりません。

考えた挙句、もしかすると、引き込み口に問題があるかもと思い、梯子で屋根に上がって、確認。

ビンゴでした!

夏場の炎天下で電線の被覆がボロボロに。

原因がわかり、早速取り換え工事をさせていただき、無事に完了です。

この様な時は麻生電設にご連絡ください。

・雨が降ると停電する
・ブレーカーがよく落ちる
・古くなったブレーカーを交換したい
・異音、破損、経年劣化
・分電盤の交換
・電圧を上げたい、下げたい
・ブレーカーが故障した

その他、電気工事につきましてお困りの際は、ご連絡ください。

お問合せはこちらまで