17837

台風でテレビアンテナが倒壊 麻生電設にお任せください

台風襲来!そして映らなくなるテレビ

豪雨による水害や強風による事故など、多発する台風で被害が発生しています。被害が大きくない場合でも、アンテナを設置されているお宅は強風で飛ばされたり、角度や向きが変わってしまうことがあります。そうなると電波の受信ができなくなり、テレビが映らなくなってしまいます。
老朽や劣化によりアンテナを支える部品が破損してしまうこともありますし、周りの風除けになっていた建物の取壊しや木々の伐採により風の影響を受けやすくなってしまうこともあります。

こういった災害時の修理は同じ地域で一斉に起こってしまうため、工事までの日数や待ち時間が相当かかってしまうこともあります。また、屋根の上に設置したアンテナの倒壊はテレビ映りだけでなく、その衝撃で屋根自体を損傷して雨漏り等の別のトラブルに発展する可能性や落下などの危険性もあるため、日頃から しっかりと対策することをおすすめします。

アンテナを修理するにあたり注意すること

屋根上でのDIYは危険が伴うので避ける

配線工事等を伴わなければ、アンテナを修理するのに資格は必要ありません。アンテナ自体も安いものは数千円から一万円前後で購入可能です。そのためDIYで対応しようとする方もいるかもしれません。 しかしながら、アンテナの設置場所は屋外の高所、屋根の上等が多いため作業には危険が伴います。慣れない高所での作業により、転落とまではいかずとも思わぬケガをする可能性は高いです。 また、普段登らない屋根の上に立つことで屋根を壊してしまった場合、雨漏り等他の問題に繋がってしまいますし、屋根の修理にも別途費用が掛かってしまいます。修理を安く済ませるために、安易にDIYで対応しようとすると、思わぬ出費やケガに繋がりかねませんので注意が必要です。

アンテナ修理にも保険が適用される場合もある

火災保険は名前から火災のみなのかなと思われがちですが、火災以外にも強風などによる“風災”も適用範囲になっている場合があります。ただし、損害金額が一定に満たない場合やアンテナは適用外等、契約内容によっては使えない可能性があります。火災保険に入られている方は、補償内容を一度確認すると良いでしょう。

アンテナの修理、倒壊、取り換えは麻生電設にお任せください

テレビ用アンテナには様々な種類がある

八木式アンテナ

ソース画像を表示

魚の骨のような見た目が特徴の、現在最も多く普及しているタイプのアンテナです。正式名称はUHFアンテナとも言い、地デジの受信に使われています。値段も安く設置は屋根上となるため電波受信もしやすいタイプです。
ただし、屋根に設置するということは周りからも見えるということで、やはり魚の骨のような見た目が景観を損ねるということで、最近ではあまり選ばれなくなってきているようです。風の影響を受けやすい屋根の上に設置するため、強風で倒壊する等の被害を受けやすいです。

デザインアンテナ

八木式アンテナのデメリットを解決できるのが、このデザインアンテナです。正式名称はUHF平面アンテナで、八木式アンテナ同様に地デジの受信に利用されます。
スッキリとした見た目からもデザイン性が良く、風の影響も受けにくいです。 設置も壁面やベランダ等になります。

アンテナの様々な設置場所

屋根の上

建物の中で最も高い位置にあり、遮蔽物が少ない場所のためアンテナ設置の際に最も安定したテレビ映りが望める場所です。 しかしながら風の影響を受けやすい場所でもあり、アンテナの位置や向きがずれた場合に、少し位置を直すだけでも素人には直すのが難しいこと。また、屋根の上にアンテナが設置してあるのが周りからも見えてしまうため見栄えが悪くなるのが難点です。

外壁・ベランダ

屋根と比べて目立ちにくく、アンテナを設置しても見栄えを損ねづらくなります。また、風でアンテナの向きが変わってしまって受信しにくくなってしまった場合でも、ベランダであれば安全にご自身で向きの調整も可能となります。 しかし、受信位置が屋根よりも低く、周りに遮蔽物が多い場合は電波を受信しにくい場合もあります。また、遮蔽物が多い場合は設置する場所が無いという可能性もあります。

屋根裏

天候に左右されることなく、また屋内であることから雨風に晒されることによる劣化もしにくいです。外からも全く見えないため、景観を損ねることもありません。ただし、屋内に設置するということから電波の受信がしにくいというデメリットもあります。

室内

室内専用のアンテナを使うことで、アンテナの設置工事が不要となります。しかしながら室内という場所は電波を受信しにくいため、電波塔に近い場所等でなければ使えない可能性があります。 アンテナの設置や修理までに時間がかかってしまう場合に、応急処置として室内専用の安いアンテナを使って対処する方法もあります。

台風襲来のこの季節、安全なアンテナの設置

麻生電設にご連絡お待ちしております!!

麻生電設 (37)

テレビアンテナ 取り換え 交換 老朽化アンテナ 新規アンテナ 取付交換対応します

新築へのテレビアンテナ設置は引っ越し前がおすすめです

新築のお宅にアンテナ新設したい。

そのような方は引っ越し前の設置をおすすめします。

引っ越し当日のテレビ設置と同時にテレビを見ることが出来るようになります。

新築される場合は、荷物の準備その他諸々の準備でテレビアンテナのことまでは

気が回らないということがよくあります。

けれど、いざ、引っ越しをしてしまってから、「あれ?テレビ映らない」ってこ

とがあるんです。

麻生電設は新築物件 テレビアンテナ設置 即日対応いたします!

新築のお家には景観を壊さないデザインアンテナがおすすめです

屋根上をスッキリ見せる効果。

壁面にスッキリと箱型のアンテナを設置するため、カラーも各種ありますので、

壁色に合わせたデザインアンテナをお選びいただけます。

老朽化したテレビアンテナは危険がいっぱい

屋根の上で長年使用して老朽化したテレビアンテナは、テレビ映りが悪くなるだ

けではなく、サビて折れてしまったり、屋根を傷つけてしまったり、危険がいっ

ぱいです。早めの対応が肝心です。

麻生電設では緊急対応、即日対応、24時間対応をいたします。

折れたり、ぐらついているアンテナをそのまま放置しているのは大変危険です。

気付かれたらすぐに、ご連絡ください。

取り外し、設置などご相談に応じて作業をさせていただきます。

こちらのお宅では、老朽化したアンテナを取り外し、新しくデザインアンテナを

設置しました。受信もバッチリです。

麻生電設 福岡 テレビ アンテナ 工事 E201 E202 E203 エラー アンテナ倒壊 倒れた テレビアンテナ 24時間 無料 ご相談

老朽化 アンテナ 取り換え工事

老朽化した屋根上のアンテナを取り換えたいとのご希望です。

大川市戸建てのお客様よりお電話いただきました。

屋根上のアンテナをデザインアンテナへ変更です。

デザインアンテナとはその名の通りデザイン性に優れたアンテナです。八木式アンテナのように尖った形ではなく、小さめの箱のような形をしています。屋根の上ではなく壁面に設置をします。平面アンテナやフラットアンテナと呼ばれることもあります。デザインアンテナは色を選ぶこともできるため、壁の色に合わせたカラーを選択し雰囲気を損ねることがありません。

設置場所は家の外壁などが多いですが、電波の受信感度によりベランダなどに設置することもあります。大きさが小ぶりですのでベランダへ設置しても、大きく目立って外観を損ねてしまうということはありません。また外壁やベランダだけでなく屋根裏に設置することもできるため、アンテナを目立たせたくないという方に人気のアンテナです。

屋根上がスッキリして、壁に取り付けたデザインアンテナも邪魔をしていません。受信もきちんとできています。

アンテナ工事 アンテナ取り換え工事 デザインアンテナ取り付け工事 電気工事は麻生電設にお任せください!!

緊急対応・24時間対応致します。

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020 お問い合わせ