19413

こんな時はブレーカーの交換工事が必要です!麻生電設にご連絡ください!

コンセントの電圧を変更の必要があるとき

日本の電圧は100Vが一般的です。これは世界の中で最も低い電圧だそうで、もし漏電や感電が起こっても危険性が低くなるためです。しかしながら、オフィスや工場によっては100Vでは電圧が足りないこともあります。

そんな時は、ブレーカーを200Vに対応できるものに交換工事する必要があります。けれど電圧だけを200Vに変更するとブレーカーが対応していないのでショートする危険があります。火花が散ったりすることもあります。電圧とブレーカーはセットでの変更が必須です。

アンペア数の契約を変更の必要があるとき

オフィスによっては、大型のエアコンが設置されており、と対応できないものを導入していることがあります。一般的な家庭用のエアコンが10アンペア程度ですが、大型のエアコンなどはブレーカーが対応できません。

そんな時は、ブレーカーを50アンペアに対応しているものに交換工事が必要です。10アンペアのままでも大型のエアコンは動きますが、ブレーカーやコンセント周りに負荷がかかるため、高熱になり火災の危険性が増します。

頻繁にブレーカーが落ちるとき

契約している電圧やアンペア数は問題ないはずなのに、頻繁にブレーカーが落ちることはないですか? ブレーカーにはメイン・安全・漏電など状況に合わせた電力を遮断する機能が付いています。それを安全装置といいます。

そのブレーカーが原因不明で頻繁に落ちるのは非常に危険なサインです。漏電している可能性がかなり高い状態です。そんな時は電気工事の業者に依頼し、必要に応じてブレーカーを点検、場合によっては交換することをおすすめします。

おかしいなと感じたら

麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします!

19416

漏電の被害の原因はいろいろ

漏電のご連絡をよくいただきますが、原因は色々あります。

水濡れ
湿気の多い場所にある洗濯機やコンセントなどに水が触れてしまうと電気が漏れ出し漏電してしまうことがあるのです。

水漏れによる漏電を防ぐためにも、湿気の多い場所ではなるべく電化製品を置かないように気をつけましょう。濡れた手で電化製品を触るのも避けるようにしてください。洗濯機などの濡れやすい機器は、その他の機器よりもこまめにメンテナンス、また必要であれば交換をおこなうとよいでしょう。

また、浸水や雨漏りなどでも漏電しやすいといわれています。その際は、家電製品が水に触れてしまわないように気をつけましょう。

経年劣化
電化製品の絶縁された部分が剥がれるとそこから電気が漏れ出してしまい、漏電に繋がってしまいます。

もし寿命を過ぎている電化製品があるとのことでしたら、メンテナンスや交換をしてください。

電気コードの外傷
電気コードコードが破損してそこから漏電してしまうことがあります。また、電気コードを束ねる・折る・曲げることで過熱によりコードが溶けて漏電してしまうこともあります。

小動物被害

家屋の隙間から入ってくるネズミなど、小動物が電気配線をかじってしまい、傷つけることがあります。これが漏電の原因になります。

また、ペットが電気コードをかじってしまうケースも、少数ですが報告がありますので注意が必要です。

衝撃的な映像ですが、ネズミが入り込んでしまったケースです

たくさんの原因はありますが、全て危険を伴うものです。

小まめなチェックと早急な対応で危険は防ぐことが出来ます。

ぜひ、この機会にご家族で漏電について考えてみてください。

もし、漏電に気付いた場合は、早急に麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応、致します!

19409

漏電の危険と災害時の対応について

漏電とは?

電線や電気機器は、電気が外に漏れないように電気の通り道や充電部分を塩化ビニルなどの絶縁物で覆われています。
けれど、絶縁物が劣化したりり傷ついたりして絶縁の性能が悪くなると、電気が本来の通り道から外れて、電気機器の金属部分に漏れてしまうことがあります。この状態を漏電といいます。

ソース画像を表示

漏電を防ぎ、感電しないために

漏電遮断器とは、漏電が起きたときに、瞬時に電路を切ってくれる安全装置です。しかし、アースを付けず、電気が機器に漏れて充電している場合は働きません。漏電遮断器とアースはセットで取り付けてください。

ソース画像を表示

漏電は人体に影響があるだけではありません。

災害が起きた場合、そこまでの気が回らないほど緊迫していると思います。

日頃から、軽い訓練などをしていると災害が起きた時に

スムーズな行動が出来ると思います。

災害時に気をつけること

災害時は漏電からの火災になる恐れがあります。

二次災害を防ぐため、電気器具の取り扱いに気をつけましょう。

災害時における電気の対処使用中のアイロンやドライヤーなどはコンセントから切る!!

水にぬれた電機製品は必ず点検しましょう。

ソース画像を表示

水で電気製品が濡れてしまった場合は一度使用前に電気工事店などでの点検をしてください!漏電の原因があります。

切れた電線には絶対に近づかない

災害などで切れた電線には触れたり、近づいたりせず、電力会社への連絡をしてください。

家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを「切」にする。

身の回りの安全を確保してから家の外に避難するときは、漏電ブレーカーを切ってください!!

漏電しているかも?と思ったらすぐに麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします!

19165

漏電を防ぐためにできること

漏電の被害が多く起きています。なぜ、漏電が起きるのか、防止策はないかなど

確かな防止策をきちんとやっていれば、漏電は防げます。

火災や感電にもつながる漏電を未然に防ぐために正しい知識を持って生活をしてください!

もし、漏電かもしれない、または漏電していると気づかれた場合は、すぐに

麻生電設へご連絡ください!

日常の生活の中で、ちょっとした心がけで漏電を防止できます。

  1. 電気コードを折ったり曲げたり、束ねた状態で使ったりしない。
  2. プラグにホコリがたまっていないか定期的に確認清掃をする。
  3. タコ足線を避ける。
  4. 濡れた手で電気機器を触らないようにする。
  5. 電気機器は湿気や水回りに置かないようにする。
  6. コンセントに感電防止用のカバーを取り付ける(ペットや幼児のいるご家庭は特に取付をおすすめします)
  7. 専門的知識や経験が無い限り、電気製品の分解や修理は行わないようにする。(電子レンジ・テレビは危険がともないます)
  8. 定期的に絶縁抵抗測定を行なう。
  9. 屋内配線や電気器具の設置は、プロの業者に依頼する。

正しい知識と、安全な取り扱いで漏電のリスクはかなり防ぐことが出来ます。

漏電を防ぐことで節電にもつながります。

日頃の心掛けで安全な生活を送ってください!

漏電でお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください。

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします。

19159

漏電 トラブル 危険がいっぱい 早めの対処をしてください

ブレーカーが頻繁に切れてしまうなどのトラブルが起きている場合は、漏電しているかもしれません。漏電とは、電気が正しい場所を通らず、他の場所に漏れてしまうことです。

そんな漏電はとても恐ろしいもので、最悪の場合は生命にもかかわります。漏電をそのままにしておくと、感電や火災が起こることがあります。もし気付いた場合、疑いがある場合、漏電はできるだけ早く対応することが大切です。

漏電ってなに?

漏電とは、電線などを流れている電流が漏れてしまうことです。漏電してしまうと、感電や火災が起きる可能性もあります。最悪の場合は命にかかわります。早急な対応が必要です。

漏電の確認をするときは、漏電について基本的な知識をもっていないと判断が難しいものです。漏電を確認するために必要な知識をつけましょう。

ブレーカーの仕組み

漏電をチェックするときには、漏電ブレーカーを確認が必要です。家庭内に設置されている分電盤の中心あたりに配置されていることが多いものです。

漏電ブレーカーは、漏電が起きたときに電流の流れを阻止する役割をしています。簡単にいうと、漏電してしまったときの安全を守ってくれるものなのです。そのため、漏電していると漏電ブレーカーは下がります。

漏電ブレーカーが作動する仕組みは、供給している電流よりも使用されたあとの電流が少ないときです。供給した電流が減っているということは、どこかで電流が流れてしまったと考えられます。そのような状況を察知すると漏電ブレーカーが作動してくれるのです。

漏電しているときの症状

漏電しているとブレーカーが落ちたり、電気代が高くなったりします。

■ブレーカーが落ちる

上記でも紹介したように、漏電ブレーカーが漏電を察知すると電流の流れを阻止してくれます。そのため、使用している電気類が一気に消えます。頻繁にブレーカーが落ちる場合は、漏電しているかもしれません。

■電気代が高くなった

漏電していると電気が流れてしまいます。そのため、通常より多く電気の量が必要になり、電気の使用量が自然と多くなってしまうのです。

電気を多く使用するとなると、もちろん電気代も高くなります。心当たりがないのに電気代が高額になっているという場合は、漏電しているかもしれません。

■漏電の確認方法

① アンペアブレーカーと安全ブレーカーのスイッチ

まずは、アンペアブレーカーが「入」になっていることを確認します。確認できたら、安全ブレーカーのスイッチを全て「切」にしましょう。

② 漏電ブレーカーのスイッチ

続いて、漏電ブレーカーを「入」にします。漏電ブレーカーは黒色で、分電盤内の中心あたりに設置されていることが多いです。

③ 安全ブレーカーのスイッチ

残すは確認をする作業です。①で切っておいた安全ブレーカーを一つずつ「入」にしていきます。漏電しているなど不具合が起きている回路を「入」にすると、漏電遮断器が反応して電気がまた消えるでしょう。そのため、スイッチの入らなかった回路が漏電していると考えられます。

電気回路の発熱

コンセントにプラグを差し込んだときに緩いと危険です。接触抵抗が大きくなってしまい、電流が流れると発熱してしまいます。長時間気づかずに使用していると、発火の危険があります。

家電製品でコンセントが緩いものがあったら、交換してください。

雨漏り

ご自宅に雨漏りの被害がある場合は、漏電につながってしまうかもしれないので注意しましょう。雨漏りによって水が室内に流れ込むと、ブレーカーや電気コードが濡れてしまうかもしれません。その結果、漏電へとつながってしまうのです。

アースがついていない

アースとは、地中に埋められているアース極と電気機をアース線で結ぶものです。アースは電気を地中や大地に逃す役割をしてくれます。また、漏電ブレーカーが正しく作動するのも、電気が大地に流れ始めたことも関係するといわれています。

アースをつけることで、感電や火災の危険を防ぐことができます。アースのような安全のための装置がついていないと、漏電をしてしまう可能性も高くなります。

電子機器自体が漏電

漏電はコンセントや電線だけが原因ではありません。テレビや洗濯機など電子機器自体が漏電してしまっている可能性もあります。電子機器に異変を感じたらまずは使用することをやめてください!

漏電ブレーカーが故障

漏電しているわけではないが、漏電ブレーカーが落ちてしまうというケースもあります。長年使用しているとこのような現象が起きやすいです。漏電ブレーカーが頻繁に落ちるため原因を探すが見つからないという場合は、漏電ブレーカーが故障している可能性があります。

おかしいと感じたら、麻生電設に早急にご連絡ください

緊急対応、即日対応、24時間対応、夜間対応いたします

ソース画像を表示

漏電の原因いろいろ 漏電したら麻生電設にご連絡ください!

電源コードの破損

ソース画像を表示

電源コードが無理な形に曲がっていたり、ねじれた状態で使用したり、重い物などが上に乗っかって負荷のかかった状態で使用していると、コードの付け根部分が破損して漏電につながります。

長いコードを束ねた状態で電化製品を使用する方法は電気コードの破損につながるため、危険を伴います。長いコードが邪魔な時は、束ねてまとめるのではなく、壁に這わせたり長くルートをとったりすると良いでしょう。どんなコードも曲げたり縛ったり束ねたりせず、常に真っ直ぐな状態で使用することで漏電リスクは減ります。

また、子どもや飼っているペットなどがイタズラをして破損する場合もあります。
手に届くところは特に注意をしてください。

今一度、家の家電製品などの電源コードを確認して、無理な状態で使用していないか確認をお願いします。

絶縁体の劣化・破損

電源コードではなく、漏電を起こさないためにコードをカバーしている絶縁体部分が、劣化や破損によって漏電する事例もあります。

劣化を知らずに長年使用していると絶縁体の破損につながるほか、劣化の原因にもなります。電源コードのチェックも時々してみてください。

トラッキング現象

トラッキング現象とは、コンセントと電源コードのプラグ部分との間に埃が溜まり、埃が湿気を含んで、漏電、また発火して火災につながる事例があります。

常にコンセントを入れっぱなしのテレビ裏や掃除がしづらい場所で起きやすいとされています。
漏電の原因には大変多い事例です。

電化製品やコンセントの水濡れ

水まわり近くで使用する電化製品、コンセントなどに水がかかることによって引き起こされる場合もあります。

もちろん電化製品には、絶縁処理が施されているものが多いですが、水がかかってしまった場合は、その絶縁処理も意味がありません。

この場合、漏電、感電や火災といった危険があります
水まわりで使用する頻度の高い電化製品の取り扱いには注意をしてください。

家の中で漏電が起こると、それを検知した漏電ブレーカーが落ちることになります。

どの原因も漏電以外に、感電や火災といったかなり危険な二次的被害が及ぶ可能性があります。
電気を使いすぎて落ちるアンペアブレーカーではなく、漏電ブレーカーが落ちた際は注意が必要です。

絶対に放置はせず、すぐに漏電箇所の特定をしてください。

対応できない場合は、麻生電設にご連絡をお願いします。

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします。

19159

なぜ漏電がおきるのか 原因を知っておけば大丈夫!

漏電が起きてしまうと、電力の損失はもちろんのこと、感電や火災などの大規模な事故につながることがあります。

電力の漏れ具合にもよりますが、感電によって致命的な障害が残ることもあります。最悪の場合は死に至ることもあるので要注意です。

漏電の規模が大きくなればなるほど、火災が発生する危険性も出てきます。実際に火災が起こったという事例もあるので、他人事ではありません。感電でも十分に危険ではありますが、火災にまで発展してしまえば近隣の方々へも多大な迷惑をかけてしまうので、発生を未然に防ぐよう注意をしましょう。

危険な漏電はなぜ起きてしまうのか?原因を知っているのと知らないのでは対処の方法も違ってきます。

漏電の起きる原因はこれ!

コンセントの接続部分ゆるみ

コンセントに差し込まれているプラグが緩いようであれば、危険な状態といえます。緩い状態で使用していると接続箇所が熱を持ち、発熱していきます。発熱する理由として考えられるのは、接触抵抗の大きさです。大きくなればなるほど電流の流れから発熱していきます。

この状態が長時間続いてしまうと、銅線が錆びてなまってしまうため、さらに接触抵抗が大きくなるといった危険性も上がります。最終的には発火し、火災の原因となるため、コンセントに緩みがないかをチェックしてください。

電線が細い

電気火災の原因として多いと言われているのが、電線の細さです。細いビニールコードをエアコンなどの延長コードにしてしまうと、電線が発熱し、絶縁体が変形してしまいます。絶縁体が本来の役割を果たせなくなるとショートが起き、火災につながるのです。

自宅に長いこと差しっぱなしにしているコンセントがあるという方は、いちどそのコンセントを確認してみてください。プラグの根元にホコリが溜まっている箇所があるようであればとても危険です。ホコリは雨や結露などの湿気を含むことで、電気を通しやすくなってしまいます。この状態で少しでも電流が流れてしまうと漏電が引き起こされてしまうのです。

雨漏り

自宅で雨漏りが起きている場合も漏電が起きる危険性が極めて高いです。雨漏りによって流れ込んでくる雨水が、ブレーカーやコードを濡らしてしまうと漏電が引き起こされます。

もしかして漏電している?チェックはこれでできる

雨が降ると停電する

雨が降ると停電する場合も漏電を疑った方がよいです。このような症状がよく見られる場合は、雨が原因で漏電が起きている可能性があります。雨漏りだけでなく、屋外にある外灯やコンセントの防水性能の劣化も原因として考えられます。

いきなり電気代が高くなった

電気代が普段よりも高いと感じたら、漏電が起きているかもしれません。電気の供給が正常におこなわれないためです。一度チェックをしてみてください。

漏電を防止するためには?

●定期的なコンセントとプラグの掃除
●電気コードを折り曲げたり、束ねたりしない
●濡れた手で電化製品を使わない
●湿気の多い場所に電化製品を置かない

もし漏電に気がついたら

麻生電設にご連絡ください!

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします!

19156

漏電は危険です!すぐに対応しましょう!

1. 漏電が起こる原因と解決方法

生活の中で、漏電とはあまり関係がないように感じますが、電気の使い方によっては漏電が起こりやすいことがあります。
その原因とは下記の通りです。

1. 配線の劣化や破損

家の中にはあちらこちらに配線があります。
埋め込まれている配線については確認できませんが、私たちが使う電化製品やコンセントがどのような状態で使われているかの確認をしてみてください。

漏電が起きないように「絶縁体」が使われていますが、これも使い方によって傷がついたり、濡れたりすることで劣化していきます。そうすると「絶縁」ができなくなり、漏電を起こしてしまうことがあります。

2. 電化製品の故障によるショートや漏電

プラスとマイナスの配線を直接つなぎ、電気抵抗を持つものを通さなかった場合はショートします。

故障した電化製品やコードを使い続けていることでショートや漏電をおこすおそれがあります。内部の回路やコードが破損している場合です。接触の悪い電化製品などには注意が必要です。

2. 漏電ブレーカーが落ちないようにする

電気を使いすぎると落ちてしまうアンペアブレーカーは、同時に使う電化製品を減らすことで防げますが、漏電ブレーカーを落ちないようにするためには日常生活で注意することが必要です。

1. 湿気の多い場所での電化製品の取り扱いに注意する

コンセントと同様で、電化製品は湿気が大敵です。
水に濡れたままの電化製品を使用すると漏電する可能性が高くなります。
キッチン等の水回り付近の電化製品を使用する場合は、濡れた手のまま触らないでください。

2. 電気コードを不自然に曲げたり束ねない

長いコードをつかっていませんか。長いコードがねじれていませんか。コードが変形してしまうほどになると接触不良や熱がこもることにより過熱し、絶縁体としての機能も落ちてしまいます
その結果、ショートや漏電に繋がることがあります。

様々な長さの延長コードがありますので、上手に利用しながら不自然にコードが曲がったり束ねたりしないように工夫してみてください。

3. 漏電ブレーカーでお困りの場合は麻生電設にお知らせください

漏電ブレーカーが落ちた場合、落ち着いて手順を守りながら行動することが大切です。
ですが、電気の使い過ぎで落ちたブレーカーとは違い、「漏電のおそれがある」というだけでも危険が伴います。

知らないまま触ってしまい、漏電による火災が起きてしまうこともあります。

麻生電設にご連絡ください

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします


20539

強風でのテレビアンテナ倒壊 傾きで テレビが映らない

突然の強風で、屋根上のテレビアンテナが倒壊のご連絡が多く入っています。

テレビが映らないのでおかしいと思って、屋根上を確認したところテレビアンテナが倒れているのを発見!大急ぎで電話しましたというものです。

テレビアンテナの倒壊は、テレビが映らない不便さに加え、落下の危険性もあるため、なるべく早い対応が必要です。

強風が原因であっても、土台やワイヤーに問題があることもあります。部品などが雨・風でサビているかもしれません。

併せて確認、必要な場合は取り換えが必要です。

テレビアンテナにも寿命があります

テレビアンテナにも寿命があることはご存知ですか?

アンテナの寿命は約10〜15年といわれています。
豪雪地帯や、海が近く海風が吹く地域ですと、寿命はより短い傾向になります。

そのほかにも、寿命の前に台風や雨によるサビが原因で倒れてしまうこともあります。
もちろん、15年以上使用しているご家庭は、「そろそろ寿命」と考えて、新しいアンテナに交換を検討したほうがいいかもしれません。

テレビアンテナを長持ちさせるには、なるべく雨風の当たらない場所にアンテナを設置することと、定期的に点検してサビを防ぐことが重要です。

それが原因で、少しの風でも倒れたり、部品が外れたりしてしまうことが考えられるので、日頃からチェックするようにしてください。

けれど素人の方が屋根に上っての点検は危険なので、下から遠目にチェックするか、 業者に見てもらうことをオススメします!

テレビアンテナが倒れたときの対処法

  1. 倒れたアンテナを撤去する
  2. 新しいアンテナを設置する
  3. アンテナケーブルを配線する
  4. テレビの電源を入れ、アンテナレベルが良好か確認する
  5. アンテナ本体を取付金具やワイヤーで固定する

屋根やアンテナを支える土台・ワイヤー、部品などが雨・風でサビているかもしれません。

ご自身でアンテナの修理、取り換えを考えられる方もいらっしゃるかもしれません。けれど、大変危険を伴う、そして逆に高額になってしまう恐れがあるため、業者にお任せいただくことをおすすめします。

自力で設置すると起きてしまう危険性

  • 屋根自体に傷がついてしまう
  • 高所作業のため、自分自身の落下の危険がある
  • 電波レベルやアンテナの方向が合わず「テレビが映らない!」状況になってしまう

せっかく低価格で仕上げようと思ってやったことが逆に高額な作業になってしまうことがあります。

アンテナ設置でお困りの場合は麻生電設にご連絡ください

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応で作業を行います

20902

ケーブルテレビから地デジアンテナへの変更

「ケーブルテレビ」とは?

「地デジアンテナ」は、一般的なテレビの地デジ放送の受信手段に用いられる装置で、先のような色々なタイプがありますが、機能としてはほとんど一緒です。

電話の弱い地域では、ブースター(増幅装置)と共に用います。

「ケーブルテレビ」は、電波の代わりに有線接続で同様の地デジ放送が視聴できる仕組みになり、地デジの電波が受信できない地域で主に利用されています。

どこかの「ケーブルテレビ局」と契約することで利用できるようになり、その局独自の番組も視聴できたり、インターネット回線も一緒に提供される(契約次第です)こともあります。

「ケーブルテレビ」は、電波ではなく、有線接続でテレビが視聴できるようになる仕組みです。
近くに電波発信所がない地域では、この方式でないと地デジ放送が見られないことがあり、その地デジ放送だけでなく、契約する「ケーブルテレビ」会社独自の番組も一緒に視聴できることが多いのが特徴です。

テレビに契約した「ケーブルテレビ局」のアンテナケーブルを指すことで利用できるようになり、そのケーブルは電話線のように、壁から引くことになります。

今回のお客様はケーブルテレビの毎月のお支払いに危惧されており地デジアンテナへのお取替えをご希望でのご連絡でした。

「地デジアンテナ」とは?

「地デジアンテナ」とは、現在の地上波のテレビ放送を視聴する為に必要になる電波の受信装置です。

この装置を使う以外の方法でも受信することができますが、通常はこれを使用します。

一般家庭用の魚の骨にも見える屋根の上に立てる八木式アンテナやや、壁に取り付けるボックス型のデザインアンテナを設置します。

地デジアンテナへの取り換えで経費削減になったとのこと。

早く取り換えればよかったとご感想をいただきました。

受信もバッチリ!これで楽しいテレビ生活がやってきました!

アンテナの取り換え、新規設置は麻生電設にご連絡ください

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします(^^)/

bed-room-wallpaper-replacement-house-living-toilet-bathroom-company-shop-asou-densetsu-electrical-installation-pro

コンセントの増設は麻生電設にご連絡ください!

【コンセント増設】分電盤の空き状況を確認する!

各家には分電盤という電気を、一つにまとめている装置があります。

これは電気が漏電など、もしもの時に家を守るための安全装置です。

漏電などが起きると分電盤の中にあるブレーカーが、危険を察知し電気を遮断します。

遮断するとこれ以上電気が流れないようにし、漏電による火災が起きるのを未然に防ぐ役割があります。

この分電盤のブレーカーに、電気の許容範囲に余裕があればコンセントの増設が可能です。

もしなければ、分電盤を今よりも許容範囲が大きいものに交換しないと、コンセントの増設ができません。

【コンセント増設】コンセントの増設場所を確認する!

分電盤は1階に設置されていることが多いですが、コンセントの増設箇所が2階などの違う階の場合は、増設のための配線が見えないように処理できない場合があります。

また、同じ階の場合でも家の構造上または、増設場所によって同じく電気の配線を隠せない場合もあります。

もし電気の配線を隠したい場合はご相談ください!

【コンセント増設】コンセントの使用用途を確認する!

コンセントには、アースが必要ものがあります。

冷蔵庫や電子レンジなどのコンセントに、緑色の線がついているのが「アース線」です。

冷蔵庫や電子レンジといった家電が漏電した場合、人体などに影響がでないように電気を逃がすための装置です。

これがあることで、人体や家などを電気から守っています。

アース線は、必ず専用のコンセントに繋いでおくことをオススメします。

【コンセントの増設】コンセント増設は資格が必要です!

ソース画像を表示

ホームセンターや、インターネットも道具が手軽に購入できます。

コンセントも、もちろん販売しています。

しかし、コンセントの増設などは、電気工事士という資格が必要です。

もし、無免許でのコンセントを増設は、罰則を課せられます。

注意してください。

【コンセントの増設】コンセントを増設する方法は2つある!

【コンセントの増設】コンセントを増設する方法は2つある!

コンセント増設方法は、大きく分けて2つあります。

【コンセントの増設方法】露出型について知ろう!

露出型は、コンセントの配線を隠さずに配線し、コンセントを増設する方法です。

メリットは配線を隠す手間がないので、好きな場所にコンセントを増設できます。

デメリットは配線が見えているので、見映えがよくありません。

コンセントの取り付ける位置によっては、長い距離を露出した配線が見えます。

配線をあまり目立たせないために、モールという化粧カバーで配線を隠せます。

【コンセントの増設方法】隠蔽型について知ろう!

隠蔽型は、コンセントの配線を壁などの中に入れて、配線して目立たなくコンセントを増設方法です。

メリットは露出型に比べて、配線が目立たないので増設したようには見えないことです。

デメリットは配線を壁の中で処理するので、場所によっては壁の中に配線ができない箇所ができてしまい、コンセントの増設場所に制限がありす。

どうしても隠蔽型を希望される方は、壁などに穴を開けて配線すると可能ですが、壁などの補修の費用が余分にかかります。

壁紙など貼替えリフォームする時に、配線を隠蔽処理すると補修感がなくなり、キレイに仕上がるのでオススメです。

どちらのコンセント増設方法がいいか、ゆっくり考えてみてみましょう。

【コンセントの増設】コンセントの種類

ソース画像を表示

【コンセントの増設】200V用のコンセントの特徴

コンセントのプレートに、200Vと表示されているのものがあります。

家の電気は通常100Vの電気が流れています。

けれど、家電の中には100V以上の電気を必要としているものがあります。

その家電のために専用の200Vのコンセントを用意しています。

エアコンやIHコンロなどが200Vコンセントを使用する事が多いです。

【コンセントの増設】防水コンセントの特徴

外に取り付けるコンセントは雨や水の触れる恐れがあるので大変危険も伴います。

それでも欲しいと思う方に、オススメなのが防水コンセントです。

その名前とおり、防水効果があるコンセントです。

給湯器や、電気温水器などの外に設置している設備に使用されています。

【コンセントの増設】フロアコンセント

壁からコンセントを引っ張るには遠すぎる場所にある場合は、フロアコンセントというコンセントがあります。

これは床の中にコンセントが隠れており、必要なときに床から取り出して使用できます。

大きなリビングや、オフィスなどによく使用できます。

このようにコンセントにも種類があり、どんなコンセントを増設したいか確認してみてみましょう。

【コンセントの増設】コンセント増設ができない場所

ソース画像を表示

コンセント増設ができない場所があるって、知っていますか?

【コンセントの増設】コンセントを増設できない場所

コンセントには、電気が流れています。
電気の天敵といえば水です。

水回りにコンセントを増設するのは、NGです。

防水コンセントというコンセントがありますが、常に水に晒されている浴室などの場所では、防水コンセントで対応できません。

漏電の危険性があるからです。

【コンセントの増設】コンセント増設のオススメの場所

コンセントを使う用途を考えてみてください。

掃除機を使用する時に、コンセントが近くにないと困りますよね?

廊下や、階段の場所に以外にコンセントの数が少なかったり、階段にはコンセントがない場合がほとんどです。

階段の場合は構造上コンセントの増設ができない場合がありますが、できない訳ではありません。

ただ、注意点としては常時階段のコンセントに電化製品などを繋いだままだと、足を引っかけたりして落ちる危険性があるので、使う時だけにしましょう。

階段の上下の直ぐ近くにコンセントを増設するのがオススメです。

廊下も同じくコードの届く範囲にコンセントがあれば、延長コードを用意しなくていいのでラクです。

最近では見ませんが、トイレにコンセントが無い家もあります。

和式便器などはコンセントがない場合もありますが、洋式でも無いこともあります。

トイレの場合は、今では公共施設でもよく見かけるウォシュレット付便座を設置する時に、電源が必要になります。

将来ウォシュレット付き便座を取り付ける時に、コンセントがあると便利です。

コンセントの増設は資格が必要です

コンセント増設には電気工事士という資格が必要になります。増設を希望される場合は、業者へのご依頼をして下さい。

コンセント増設をご希望の場合は、麻生電設にご連絡ください!

20026

浴室乾燥機で寒さ、天気、お洗濯のお悩み一挙解決します

浴室乾燥機とは、浴室についている乾燥機で、乾燥のほかに換気、暖房、冷風など、さまざまな機能があります。

冬の浴室を暖める ヒートショック防止

暖かい居室から浴室に行くと、室温差に思わず震えてしまうことはないでしょうか。この気温差が、実は高齢者にヒートショックを引き起こす原因にもなります。
ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

冬の冷えた浴室でのヒートショック事故は後を絶ちません

浴室乾燥機は冬は浴室内を暖めることができ、夏は涼しくすることができるため、入浴時に快適に過ごすことが可能です。

浴室内を乾燥させられるだけでなく、洗濯物を干すことができます。浴室内で洗濯物を干せば、衣類がしわになるのを防ぐことも可能です。洗濯物を乾かすには洗濯乾燥機を利用する方法もありますが、しわになりやすかったり衣類が縮んだりすることがあります。さらに、衣類の種類によっては洗濯乾燥機で洗うことが難しい場合も少なくありません。浴室乾燥機があれば、雨が続くときや花粉症の家族がいる場合でも洗濯物を干すことができ、部屋干しの臭いや生乾きの臭いなどもしにくいです。

洗濯物を外に干せないお悩みを解決

花粉や黄砂、PM2.5などが洗濯物に付くことが気になり、外に洗濯物を干したくない方。一人暮らしの女性で危険防止のためには部屋干しが必須。また、洗濯物を外に干すには、毎日物干し竿やベランダの手すりを掃除することが必要です。その掃除が手間だと感じる人や、忙しくて掃除をしている時間が取れない人もいます。柔軟剤でせっかく良い香りを洗濯物につけても、外に干すことによって香りが飛んでしまうのが嫌な人もいるでしょう。また、ベランダが狭くて洗濯物を干すことが難しい人もいます。このような理由により外に洗濯物を干したくない人は、浴室乾燥機はお悩みを解決してくれます

洗濯物のしわや臭いのお悩みを解決

洗濯物を部屋乾しすると、生乾きの嫌な臭いが洗濯物に付いてしまうことがあります。また、洗濯乾燥機で洗濯をすると、洗濯物がシワになりやすいです。こうしたことが気になる人は、浴室乾燥機を使えば悩みを解消できます。

天気に左右される洗濯のお悩みを解決

梅雨時期や雪の時期、お洗濯をしても外干しが出来ない日の多い季節、また、仕事が忙しい人や小さい子どもがいる人は、晴天の日だけに洗濯をすることが難しい場合もあります。天気に左右されずに、自分の都合に合わせて洗濯をして洗濯物を乾かしたい人には浴室乾燥はとても重宝がられています。また、家の敷地に余裕があれば、サンルームやガーデンルームを設置することで、天気の良し悪しにかかわらず洗濯物を干すこともできます。

浴室のカビのお悩みを解決

浴室に日が入らない・窓がなくて換気を行うことができない・忙しくてなかなか掃除をすることができないなど、浴室が乾きにくいこともよくあります。湿気は浴室にカビにとっては好条件となります。カビを生えにくくしたいと考えている方には浴室乾燥機はとても喜ばれています。浴室乾燥機を使って換気や乾燥を上手に行うことにより、お風呂にカビが生えるお悩みを解決します。

浴室乾燥機の設置のご相談は麻生電設にご連絡ください

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします

20537

アンテナ工事は麻生電設にお任せください

年末は一戸建て新築への引っ越しと一緒にアンテナ工事をご依頼のご家庭が増えてきます

建売住宅を購入されると、売り主の会社から下記のような「オプション工事」というものが提示されます。

  • カーテン・カーテンレール
  • バルコニー屋根
  • カーポート
  • 網戸
  • 雨戸

どれも、生活の利便性や新生活の良いスタートに必要なものも多いかと思います。
そして、忘れてはならないのが「テレビアンテナ工事」です。
新築された建売住宅では、アンテナ工事をしないと、テレビを見ることができません。

新築のステキな外観を損なわないアンテナ工事をお探しの方にぜひ、おすすめのデザインアンテナのご紹介です。

「デザインアンテナ」というデザイン性に優れた新築一戸建てに人気のアンテナ工事や、アンテナが外観上設置されているとわからない「屋根裏設置」、最新の高鮮明・高画質な4K8K放送を受信するためのBSアンテナ設置工事といった、新居にお住いのお客様に人気のアンテナ工事があります。

麻生電設は、お客様とご相談のうえ、一番最適な方法で設置工事を行います。

アンテナ工事において、現在の電波状況はもちろん重要ですが、そうした電波状況が将来的にも確保できるよう検討した上で、工事に着手する必要があります。

麻生電設は電波状況もきっちり確認の上設置工事を行います。

受信もバッチリ!即日対応で作業終了しました(^^)/

アンテナ工事のご依頼は、麻生電設へお任せください!

20546

異音がするレンジフードは交換時期の合図です 交換は麻生電設にお任せください

大掃除の時期です。頑張ってレンジフードもお掃除しよう!

意気込んで掃除をしたら、異音がしだした。動かなくなった。

実はこのトラブル年末にとても多いんです。

レンジフードを清掃したあとなど、レンジフードの各部品がきちんと取り付けられていない場合に異音がすることがあります。つまみ・ネジをしっかりと締めていないと、レンジフードが稼働するときに各部品が振動して異音の原因となります。特にレンジフードの清掃後に異音がした場合には要注意。必ずレンジフードの部品がきちんと固定されているか、正常に取り付けられているかをチェックしてみてください。

部品もきちんと取り付けているのにさらに異音がする

そんな場合は麻生電設にご連絡ください!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応 致します

今回は劣化もあり、取り換えをご希望でしたので即日対応で作業を行いました。

早い段階でこの異音に気づいた場合、レンジフードのファンの清掃やモーターの分解清掃、潤滑油の補充などの対処法で解消できます。しかし、なかなか異音に気づかなかった場合や長く放置した場合は、レンジフードの回転軸が回転時の摩擦力に耐え切れずに摩耗したり、変形や破損したりすることがあります。そうなってしまうと、レンジフードのファンやモーターを交換する必要があるため専門業者を依頼する必要があります

今回はフラットタイプのレンジフードへ交換し、すっきりしたキッチンになりました。このタイプはお掃除がとてもしやすいと人気です。

音も静かで、排気もバッチリです。

使いやすく、便利になったと大変喜んでいただけました。

レンジフードの取り換えは麻生電設にお任せください!

20311

新築宅にデザインアンテナ設置 即日取り付け対応いたします

新築のお宅にデザインアンテナの設置ご依頼です

麻生電設人気ナンバーワン マスプロ電工 スカイウォーリーの設置を行いました。

マスプロ電工 スカイウォーリーってどんなアンテナ?

コンパクトで軽い

U2SWLA20シリーズの正面サイズが577×210mmと小型です。アンテナ本体の重量もU2SWLA20は1.5kgしかありません。(取付金具含まず)

住宅壁面に馴染む外観

住宅壁面へ馴染むよう、質感は前面すべてにマット加工をすることで、光の反射を抑え目立ちません。

スッキリ取付けられる背面構造

当社製品の屋外用ブースターまたはミキサーと2分配器が、背面に取付け可能です。

取付けやすい構造

壁面取付金具へアンテナ本体を取付ける際、ボルトを抜差しする必要がなく、押し込むだけで仮固定ができます。独自の固定方法により、仮固定後も60°方向を変えることができ、最後にボルト1本を締めるだけで固定完了と施工が簡単です。

取り付けが難しい場合もございます。事前に確認を行います。取り付けが難しいと判断した場合には、他の対応での設置をさせていただきます。

●複数のお部屋に分配したり、引き込みケーブルが長かったりするときに最適
●電波の弱い場所では受信できません。
●障害物があり、見通しの悪い場所では受信できないことがあります。
●弱電界地域の場合、屋根上への設置が必要なことがあります。
●障害物があり、見通しの悪い場所では受信できないことがあります。

こちらのお宅では受信もバッチリ、外壁ともマッチした色合いのデザインアンテナを設置させていただきました。

屋根上もスッキリ強風の影響もうけない、安心安全のデザインアンテナを設置をご希望の方は、麻生電設にご連絡ください

即日対応、緊急対応いたします

麻生電設 (33)

取り換えは即日対応 最新レンジフードへの取り換え工事

面倒なレンジフードのお掃除

年末の大掃除の時期がやってきました

お掃除が大変な箇所の中にレンジフードはトップ3に入るのではありませんか?

そんなレンジフードにとってもうれしい情報があります!

大きなフードのようなもので覆われたタイプ。このタイプのレンジフードはブーツ型と呼ばれています。

壁に直接取り付けられたプロペラタイプの換気扇を覆ったものや、シロッコファンと覆い部分がセットになったものがあります。

現在、交換時期を迎えているレンジフードの多くがこのタイプです。

レンジフードのお悩みワースト3

1.レンジフードのフィルタや換気扇周りの掃除が面倒

2.吸引力が落ちて油汚れやニオイが取れない

3.コンロの火は消してもレンジフードを消し忘れる

そんな換気扇のお悩み一発解決!!

お手入れラクラク!見た目もスッキリ!納得のレンジフード

究極の家事ラク!最新レンジフード!フィルターレスなのでお掃除簡単!!

お手入れのしやすさや、スリムでスッキリとしたデザインなど、
清掃性とデザイン性を兼ね備えたレンジフードをご用意しております

レンジフードの取り換えをご希望の方は麻生電設にご連絡ください!

即日工事、対応いたします!

20292

レンジフードの取り換えで快適なキッチンへ

年末のお掃除の際、大変な箇所のひとつにレンジフードの大掃除があります。

料理をする際に使うものと言ったら、フライパンなどの調理器具、そしてレンジフードですよね。

ただ、調理器具は毎回洗うのが当然なのに、レンジフードは放置してしまいがちになっていませんか?

日々の使用で、レンジフードのファンには油汚れが着実に蓄積されています。

こびりついてしまった油汚れはガンコで汚れが落ちづらく、掃除も一苦労なため、日々のお手入れが何よりも大切。

レンジフードの汚れの種類

キッチンのレンジフードにこびりつく汚れの主な原因は油とホコリ

揚げ物をしていると、レンジフードが熱せられた食材から出る油分を含んだ蒸気をたくさん吸い込むので、それがレンジフードに付着します。

また、その油分を含んだ蒸気に空気中の塵やホコリが付着することでベタベタの頑固汚れになってしまいます。

タバコの煙もレンジフードの汚れの原因になります。

換気扇の下での喫煙や、揚げ物をよくするご家庭は、特にこまめに掃除が必要です。

レンジフードの汚れがたまると、故障や換気しづらくなる原因になったり、たまった油汚れが調理中の鍋の中に落ちてしまうこともあります。

清潔にしておきたいレンジフードは日々のお手入れがオススメです、

レンジフードの掃除頻度は、 レンジフードの本体カバーは1週間に1回、フィルター・ファンなどの各パーツは1年に1回程度を目安に掃除をするのが理想です。

使う頻度にも変わってきますので、必要に応じで掃除をしてください。

揚げ物料理を多くされる方や、レンジフードの下でタバコを吸うという方は、レンジフードの本体カバーは3日に1回、フィルター・ファンなどの各パーツは3ヶ月に1回程度掃除するようにしましょう。

キッチンが明るく掃除もしやすいレンジフードへ

スリム型(薄型)は現在の最新型で、そのスタイリッシュな見た目から、インテリアとしても高い人気がある型です。また、スリム型の大きなメリットとして、掃除のしやすさがあります。

従来の目の細かいフィルターと異なり、穴がなく汚れが付きにくいプレートが付いているものや、フィルターの掃除が不要な、ノンフィルタータイプなどがあります。レンジフード内部の溝や繋ぎ目をなくすことで、拭き掃除がしやすい構造になっているのも特徴です。

他にも、汚れが落ちやすくなるコーティングや自動お掃除機能など、掃除の手間が省けるようにさまざまな工夫が施されているタイプです。

掃除がしやすいレンジフードに取り換えをして快適なキッチンライフをお過ごしください!

今回は棚下灯をLEDへの取り換えも行いました!

明るく快適なキッチンへ即日取り換えです!

レンジフードの取り換えをご希望の方は麻生電設にご連絡ください!

即日対応、夜間対応、緊急対応いたします。

20034

レンジフードから異音 取り換え工事 麻生電設にお任せください

分譲マンションのお客様よりお電話いただきました。

掃除をした後にレンジフードから異音がする

交換してほしいのですが・・・

実は、他の業者に依頼したのだけど、生産終了のため交換は不可能と言われたとのことでした

麻生電設は、色々なメーカーの部品や機種をたくさん揃えております(*^^)v

必ず修理が出来ます!!

ご相談ください!きちんと交換させていただきます

内部のランプも老朽化が見られました

白熱灯ランプでしたが、LEDに取り換えサービスさせていただきました(^^)/


新品に変えたいと言われる方もいらっいますが、慣れたものを長く使いたいといわれる方も多くいらっしゃいます

そんな中、メーカーでは廃盤商品になってしまっていたり、部品が手に入らないことも・・・。

そんなときは麻生電設にご相談ください!

限りなく、お客様のご要望にお応えさせていただきます!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします

20026

浴室乾燥暖房への取り換え 冬に多いヒートショック対策になります

冬場は、暖かい部屋からお風呂場へ移動する際に室温差に体が震えてしまうことがあります。この気温差が、実は高齢者にヒートショックを引き起こす原因になることがあります。
ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

ヒートショックは、おもに家の中の温度差により起こることがわかっています。真冬は、暖房をつけている暖かい部屋と暖房をつけていない浴室やトイレの温度差は、10℃を超えるといわれています。

暖かい部屋から寒い浴室に移動すると、体は室温の急激な変化から体温を調節するために、ブルブルと筋肉を震わせて熱を作ります。

同時に血管を細くして、皮膚の下に流れる血液の量を減らし、体の熱を外に逃がさないように調節します。血管が縮むと、血液が流れにくくなるので、血圧は急上昇します。

しかし、浴槽の温かい湯につかることで、血管は拡張し、急上昇した血圧が、今度は急激に低下してしまうのです。

その後も、浴槽から出て体を洗ったり、あるいは熱い湯船からいきなり出て寒い脱衣所に移動することなど、一連の入浴行動の中で血圧は急激に大きく変動します。

健康な若い人なら、血圧の急上昇や急下降にも耐えられるかもしれませんが、高血圧や糖尿病、脂質異常症など動脈硬化が進行した高齢者では、血圧の上昇による心筋梗塞、致命的な不整脈、脳梗塞や脳出血などを引き起こしやすくなっています。

浴室暖房機は、寒い冬場でもあらかじめ浴室を暖めておくことで、ヒートショックが起こる危険性を軽減させることができます。1台で浴室の暖房から、換気や乾燥などもでき、お風呂場のカビ対策や、衣類乾燥にも活用できます。

麻生電設なら即日対応で浴室暖房の設置が可能です。

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします。

20023

分電盤に漏電遮断器がついていない! 漏電遮断器は必ず設置が必要です!

分電盤に漏電遮断機がついていない!!

電気が漏れたり、地絡した時に電気を止める装置が漏電遮断器の役目です。

一般のご家庭(戸建て、アパート、マンション)で、分電盤に主幹または分岐回路に漏電遮断器(漏電ブレーカー)が取り付けられていない場合は、漏電遮断器(漏電ブレーカー)設置義務と法規にありますので、早急に取付を行っていただく必要があります。

電気が漏れてるか流れてるかは、目で見えません。電気が漏れたり・地絡した時に瞬時に電気を止める装置が漏電遮断器です。必ず漏電遮断器(漏電ブレーカ)を取付て下さい。

一般家庭や事業所など全てに該当しますので、漏電遮断器設置義務となります!!

古い物件(1990年以前の物件)では漏電遮断器の取り付けがされていない確率が高いです。戸建て住宅や、アパート・マンション・店舗・事務所など、設置されているか必ずご確認ください。設置がない場合は、賃貸物件の場合は、オーナーか管理会社に必ず報告し、漏電ブレーカ設置か分電盤交換してもらう事をお願いします。漏電災害で死亡災害になる恐れがあります。

感電防止用の高速高感度形漏電遮断器30mA、0.1秒以下のものを取り付けることです。この感電防止用漏電遮断装置を接続しなければならない機器については、労働安全衛生規則第333条などで法的に定められています。

分電盤に漏電ブレーカを設置しました。これで安心安全に電気を使用していただけます。火災につながる原因にもなります。ご自宅の分電盤の確認をぜひお願いします。

分電盤やブレーカー、漏電などでお困りの場合は麻生電設にお任せください

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします