アンテナ

屋根上のアンテナからデザインアンテナに取り換え工事 麻生電設なら即日対応致します

デザインアンテナの設置場所や取り付け方法とは? 放送電波を受信するためのテレビアンテナにはさまざまな種類があります。 その中でも人気の高いアンテナが、建物の外観を崩さないデザインアンテナです。 このデザインアンテナについて、そもそもどんなものか分からないという人も多いでしょう。 通常のアンテナでは満足できない人は、デザインアンテナを設置するのがおすすめです。 【普通のアンテナとは違う?デザインアンテナってどんなもの?】 デザインアンテナとは、一般的によく見かける八木式アンテナとは異なる形状をしたテレビアンテナです。 よくみかける屋根の上に設置する魚の骨のような形が八木式アンテナです。それとは違い、箱型で、シンプルなアンテナがデザインアンテナです。デザインアンテナは屋根の上に限らずさまざまな場所に設置することができ、またその形状も多くが目立たないデザインになっています。このデザインアンテナの人気が高まっている理由として、多くの地域で電波状況がよくなってきていることが挙げられます。 デザインアンテナのデメリットとして受信強度の弱さが挙げられていましたが、現在ではデザインアンテナでも充分に受信できる環境が整ってきています。 【デザインアンテナの設置場所と取り付け方法】 デザインアンテナの設置場所として、最も多いのは外壁側面です。 壁面に設置する場合には、ビス施工によって壁面に直接取り付けます。 そうすることでアンテナが住宅と一体化し、より強度を保てるようになります。 このとき、ビス穴にはコーキング材を注入するなどの細心の注意を払う必要があります。 重力によるアンテナの落下や壁面の損傷を防ぐ必要があるためです。デザインアンテナはベランダに設置することもできます。 ベランダ設置用の金具を用いて施工が行われます。 ベランダに設置する際の重要なポイントは、ベランダの電波状態やベランダフェンスの強度です。 これらの状況が整っていなければ、ベランダに設置することはできません。もしも電波の受信状況がよい場合には、屋根裏に設置することもできます。 屋根裏に設置するためのポイントは、電波を受信できるか、アンテナを設置するスペースがあるか、メンテナンスのために屋根裏にアクセスできるかという3点です。 これらの条件が合う場合にはデザインアンテナを建物の内部に設置することができ、建物の外観をまったく損なわずにすみます。 台風被害からもアンテナを防ぐことが出来、デザインアンテナの需要は大変高まってきています。 今回は、台風被害により、屋根上のアンテナが倒壊したということでご連絡をいただき、ご相談のうえで、デザインアンテナへの変更設置工事を行いました。 麻生電設なら即日対応いたします。お見積り後の施工となりますので、大変安心いただいております。

続きを読む »
アンテナ

屋根上アンテナ 交換工事は 麻生電設にお任せください

アパートの屋根上アンテナ取り換えのご依頼をいただきました。 当社では、倒壊、故障がなく長い期間安心してご利用いただけることを第一に考え、集合住宅アンテナ工事を行います! 近年BS、CS110 度放送まで受信できるTV 設備は入居者様のニーズからすると観られて当然のものになっています。 今回は屋根上から、外壁側面への移動設置を行いました。 一般住宅のテレビアンテナ同様。集合住宅のBSアンテナも屋根上で、日光や風雨にさらされていますので、徐々に劣化していきます。その寿命はおよそ15年程度が目安です。あまり頻繁に壊れるわけではないため、管理会社とアンテナ会社につながりがあることはあまり多くありません。そのため、壊れてから慌ててお見積りをいただくことも多いのですが、壊れてからの対応では、入居者からの苦情対応もご負担になります。定期的な点検や、故障前に早めに集合住宅のBSアンテナを取り替える工事を行うことをお勧めします。 その場でアンテナの受信レベル、映像の写りを確認し問題なく見られるようになりました。 アンテナ取り換え工事のご依頼は、麻生電設にお任せください。 緊急対応、即日対応、24時間対応いたします。

続きを読む »
アンテナ

台風による テレビアンテナ倒壊 早めの対応をおすすめします

台風は強風、大雨をもたらします。とくに進行方向右側は追い風になるため暴風による大きな被害をもたらすことが多く、厳重な警戒が必要になります。 今回の台風9号、10号は各地で大変な被害をもたらしました。 台風情報は今やインターネットなどさまざまな手段で手に入れることができますが、テレビも重要な手段のひとつです。しかしテレビアンテナ、とくに古いアンテナは屋根など高いところに設置されており、台風などの強風で倒れてしまうこ都があります。アンテナがきちんと設置されていないと映像が乱れ、テレビ映りが悪くなったり、映らなくなったりします。 台風でアンテナが倒れる原因 台風でアンテナが倒れた、テレビが映らないという連絡が台風後には多発します。どのようなケースがあるかは下記のとおりです。 アンテナが高所にある アナログ放送はノイズに弱いため、多くの家庭ではノイズの影響を受けにくい屋根の上にアンテナを設置していました。デジタル放送に変わった今でも屋根上にアンテナを残している人は多く、アンテナといえば手の届かない屋根の上、というイメージは強いかと思います。 電波を遮る障害物がないメリットと同時に、強風などの影響をそのまま受けてしまうというデメリットも発生します。台風のときには、アンテナは強風の影響をそのまま受けることになります。 アンテナを支える部品の劣化もある 強い風で倒壊しないよう、アンテナ設置工事では強風対策の作業がおこなわれます。たとえば屋根に対しては「屋根馬」という部品を利用してしっかりと固定するほか、高さが必要な場合(障害物がある、複数のアンテナが必要なときなど)には斜めに「支線」と呼ばれる補強のワイヤーを設置し、屋根全体で支えるようにします。この固定が劣化により、外れてしまうというケースもアンテナの倒壊につながります。 屋根の劣化が原因にもなる アンテナの劣化だけでなく、屋根自体が全体的に経年劣化している場合もあります。屋根が劣化することで固定がゆるみ、アンテナ自体がぐらついているということがあります。そこに強風が吹くことで、最悪の場合屋根を傷つけアンテナが倒れるということもあります。 台風通過後には下からでも確認してください テレビの映りに問題がなくても、風の影響でアンテナが曲がったり、支線が切れてしまっているなどの影響は充分に考えられます。また倒れた方向や電波環境によってはアンテナが倒れていることに気づかないかもしれません。次に台風が来たときには大きな被害が考えられるため、アンテナに問題がないかチェックすることをおすすめします。 ただ、屋根の上に上るのは危険です。また台風の中心が通過して一時的に風が弱まっても、吹き返しの強風によりアンテナが倒れるような事例も多く発生しています。自分での作業は目視にとどめ、気になった箇所があれば台風が完全に過ぎ去った後に麻生電設にご連絡ください。 即日対応、緊急対応、24時間対応いたします! テレビアンテナの設置場所は屋根の上でなくても大丈夫! アンテナにおける一番の台風対策は「屋根からアンテナを下ろす」ことです。最近はケーブルテレビだけでなく、インターネットの光ケーブルでもテレビが見られるようになりました。 地上デジタル放送はノイズに強くなり、これまでより低いアンテナの位置でもきれいに映る場合が増えてきました。アンテナ自体も開発が進み、魚の骨の形をした八木式アンテナだけでなく、プラスチック樹脂で覆われたデザインアンテナ人気が出ています。 おすすめはベランダの手すりに設置する方法 テレビの電波がやってくる方向にベランダがあり、目立つ障害物がない場合はベランダ部分への設置をおすすめします。ベランダなら万が一アンテナの方向がずれた場合でも自分で調整がしやすく、なおかつ強風による影響も屋根の上に比べれば受けにくいため安全です。 壁面に設置して風の影響を低減! デザインアンテナのメリットは「壁面設置」ができることです。その名の通り板状に仕上げられており、アンテナ裏側でも固定ができます。外壁に固定すれば風にあおられることもありません。その名の通り、デザイン性が豊富で家の外壁にマッチしたカラーを選ぶことが出来るため、新築物件にはかなり人気があり、おすすめのアンテナです。 また平面アンテナは八木式アンテナほど指向性が強くなく、多少方向がずれていても受信できるのも特徴です。電波塔の方向と一致する壁がなくても十分なアンテナレベルを確保しやすいのが、方向が異なると受信強度を保てなく八木式アンテナ・パラボラアンテナとの大きな違いといえます。 台風対策を考えるなら、テレビアンテナを天気の良い日に確認、点検することをおすすめします。 電気工事でお困りごとがありましたら、麻生電設へご連絡下さい!

続きを読む »
アンテナ

テレビ映りが悪い 台風後の被害は麻生電設にご連絡ください

テレビアンテナでのお困りは台風後にとても多いです。 台風後にはテレビ映りが悪いというご連絡が多数あります。 強風によりアンテナの向きが変わってしまったのが原因です。 屋根上のテレビアンテナは倒壊や、傾きが問題で、自分で修正しようとするのは大変危険です。急な傾斜の屋根上を確認するのは、ケガの元です。 そのような場合は、麻生電設にご連絡ください。 即日、緊急対応いたします。 こちらのお家では高い屋根上に八木式アンテナが設置されていましたが、 宗像中継局へ向けられていましたが、福津市の通常電波ならば 福岡タワー方面へ向けるべきの地域です。 受信を確認の上、オシャレなお家の外観にマッチするようにデザインアンテナをご提案しました。 受信バッチリ!これで完璧な状態でテレビ視聴が出来ます! 電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、 (福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています) 福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください 24時間緊急対応Tel 0120-454-380​九州電力指定店​福岡県知事免許番号13020お問い合わせ

続きを読む »
アンテナ

台風被害 テレビアンテナ被害 倒壊、傾き、落下 火災保険適用できるかもしれない

アンテナ修理で火災保険が適用される場合も! 台風や豪雪によってアンテナが故障してしまった場合、テレビを視聴できるようにするためには修理しなければなりません。 この時、「テレビアンテナ修理は火災保険の適用範囲であることが多い」ということをご存知ですか? 保険の適用範囲であればかなり費用を少なくすることができたり、修理費用が無料になることもあります。 この機会にご自身の火災保険の確認、見直しをされてみてください。 【アンテナが破損する原因】 多くのテレビアンテナが屋根の上に設置されているため、風や雨の影響を受けやすい部分となります。 そのため、台風や大雨、豪雪といった悪天候のときには、テレビが映らなくなってしまうことがあります。 また、映るけれど、映像がゆがんだり、止まったりする現象が起こってしまうこともあります。アンテナ破損の原因として多いのが、アンテナの傾倒や脱落です。 麻生電設にも台風や強風の日の後には多くのご連絡をいただきます。 この場合、もしもアンテナ自体に損傷がなければ、再び立て直して方向を調整するだけで対応できます。 ただし、エレメントが折れてしまっていたりポールが変形してしまっていたりする場合には交換が必要です。また、アンテナとテレビをつなぐケーブルが断線している場合もあります。 ケーブルはよほど老朽化しない限り断線してしまうということは少ないですが、悪天候や災害によってそうしたケースが起こることもあるので台風後はチェックすることをおすすめします。 火災保険はその名前の通り、火災に遭ってしまった場合の住宅保険だと思っている人も多いでしょう。 しかし、実際は火災保険というのは火災だけでなく、さまざまな災害に対応した全方位型の住宅保険なのです。 そのため強風や大雨、豪雪といった被害の場合にも火災保険の適用範囲になります。たとえば、屋根の上に設置したアンテナは屋根馬で固定されています。 しかし、この屋根馬が雪や風の影響によって壊れてしまうと、アンテナが転倒してしまったり、曲がってしまったりするのです。 そうするとテレビが映らなくなるなどの現象につながります。 この場合、積雪が原因であれば「雪災補償」、強風が原因であれば「風災補償」という火災保険を適用することができます。 火災保険を適用すれば、多くの場合アンテナの修理費用は0円になるのです。 【火災保険の適用範囲と注意事項】 ただし、火災保険を使用する際にはいくつかの気をつけるべきポイントがあります。まず挙げられるのは、加入している火災保険の契約内容です。 火災保険の中には強風や積雪で破損したアンテナには適用されない、といった契約内容になっている火災保険もあるからです。 あるいは、適用範囲であっても0円にはならず、いくらか差し引いた金額を支払わなければいけなかったりすることもあります。また、火災保険には「20万円フランチャイズ方式」などのフランチャイズ方式があります。 フランチャイズ方式とは、自然災害による損害額が一定金額以上になった場合に保険が適用されるというものです。 フランチャイズ方式の場合、自然災害の損害に遭っても、その金額が設定金額未満であった場合には1円も支払われず、全額自己負担になります。 また、フランチャイズ方式のほかにも、免責金額として契約時にあらかじめ一定の自己負担額を決めるものが多くあります。 そういった内容の火災保険の場合には、損害額から免責金額を差し引いた金額が保険金として支払われます。 この場合にも、もしも損害額が免責金額を超えなかった場合には、修理代が全額自己負担となるのです。 フランチャイズ方式や免責金額を設定している火災保険の場合、火災保険を適用できなかったり、適用できてもほとんど支給されないといったことがあるので注意が必要です。このときのポイントは、損害額は被害の総額であるということです。 仮に自然災害による被害がアンテナだけであった場合、損害額が10万円以上になることはあまりないでしょう。 そうすると、火災保険は適用されません。 しかし、屋根自体が破損している場合には被害総額がより大きくなるため、フランチャイズ方式や免責金額が設定されていても適用範囲となるケースが多いでしょう。そのほか、火災保険を使用するには期間が定められているのも忘れてはならないポイントです。 火災保険はいつでも使用できるのではなく、多くの場合、自然災害にあった日から何カ月以内や何年以内、といった期限が設けられています。 この期限を過ぎてしまうと、利用できなくなってしまうのです。申請期限の確認をしておくことも大切です。 テレビアンテナでお困りの場合は麻生電設へご連絡ください。 即日対応、緊急対応、24時間対応、致します。 電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、 (福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています) 福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください 24時間緊急対応Tel 0120-454-380​九州電力指定店​福岡県知事免許番号13020お問い合わせお問い合わせ

続きを読む »
アンテナ

デザインアンテナは 風の影響を受けにくく安全です

台風により屋根上のテレビアンテナが倒れてしまったとご連絡が入りました。 強風により、根元から折れている状態です。 倒壊したままにしておくことは大変危険です。 落下した場合、被害が拡大する恐れもありますので、早急に撤去する必要があります。 今回は、屋根上のテレビアンテナの撤去とともに、デザインアンテナへの変更設置をご依頼されました。 デザインアンテナってなに? デザインアンテナとは、地上デジタル放送を視聴するためのデザイン性の高いアンテナで、フラットアンテナ・壁面アンテナ・平面アンテナとも呼ばれます。 ほかに地上デジタル放送を視聴するアンテナには、”八木式アンテナ”もありますが、八木式アンテナとデザインアンテナでは、形状が大きく異なります。八木式アンテナが魚の骨のような形をしているのに対し、デザインアンテナはコンパクトな箱型をしています。 テレビのデザインアンテナは、外壁に設置されることが多く、外壁に設置する場合は、外壁に穴を開けてアンテナを固定する”ビス加工”をして取りつけるのが一般的です。 このほか、デザインアンテナはベランダや屋根裏に設置することもあります。ベランダや屋根裏では足場が外壁とは違い足場が確保されているので、比較的安全に設置することができます。 デザインアンテナは、スタイリッシュでシンプルなデザインです。さらに、カラーバリエーションも豊富なので、外壁の色に合ったデザインアンテナを選ぶことが可能です。そのため、屋外の景観を損ねずに設置することができます。 デザインアンテナは、故障しづらいというメリットもあります。屋根の上に設置することが多い八木式アンテナは、雨や風の影響を受けやすく、アンテナが故障するおそれがあります。さらに、短いアンテナが何本か取りつけられている八木式アンテナには鳥が止まることがあり、屋根が鳥の糞で汚れたり鳥の重みでアンテナが破損したりするおそれがあるのです。 その点、デザインアンテナを外壁に設置すれば雨や風の影響を受けにくく、さらに鳥が止まる心配もないため、アンテナが故障・破損するリスクを防ぐことができるのです。 今回は、外壁の色に合わせたカラーのデザインアンテナ設置を行いました。 テレビアンテナの撤去、移設、新設、変更ございましたら、麻生電設にご連絡ください。 電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、 (福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています) 福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください 24時間緊急対応Tel 0120-454-380​九州電力指定店​福岡県知事免許番号13020お問い合わせ

続きを読む »