テレビアンテナ設置で迷われている方は麻生電設にお任せください

テレビアンテナは通常、八木式アンテナもしくはデザインアンテナに分かれます。

八木式アンテナとデザインアンテナの違い
デザインアンテナのメリットとしてまず挙げられるのは、建物の外観を損なわないことです。
そのため、建物の外観にこだわりたいという人や、新築の物件などには大変おすすめです。
デザインアンテナには大きさや形状にさまざまなバリエーションがあり、その中からお家の外観に最も適したものを選んでいただけます。
また、屋根の上に設置する八木式アンテナよりも取り付けが簡単です。
デザインアンテナの場合、取付場所についても、受信状況が良ければ、屋根に限らず、ベランダや外壁、軒下などあらゆる場所への設置が可能です。
そのため工事が比較的行いやすく、工事費用を抑えることができます。

【デザインアンテナの設置場所と取り付け方法】

デザインアンテナはベランダに設置することもできます。
この場合にはベランダ設置用の金具を用いて施工します。
ベランダの電波状態やベランダフェンスの強度が重要となってきます。
これらの状況が整っていない場合は、ベランダに設置することはできません。
デザインアンテナの設置場所として、最も多いのは外壁です。
外壁に設置する場合には、外壁にビスで直接取り付けます。
そうすることでアンテナが建物と一体化し、強度の高いものになります。
電波の状況がよい場合は軒下などへの設置も可能です。
外壁の景観を損なわないことを重視される方はには条件が合えばおすすめです。

麻生電設のアンテナ工事への思い

「なにが良くてなにが悪いのか」が分かりにくく、お客様の「知らない」をいいことに手抜き工事をされてしまうリスクが非常に高いことです。また、たとえ外観重視と言えども、安い部材を使用して取り付け位置が不適切であっても、「電波次第ではTVが映ってしまう」ということです。

そのため、アンテナ工事はテレビが映りさえすれば非常に低コストで工事人都合の手抜き工事が出来てしまいます。

アンテナ工事」で一番気を付けなければならないこと、それはアンテナ手抜き工事は「数年後に発覚する」ことです。

たとえばアンテナを支える支線や屋根馬、その素材によってコストは倍以上変わり鉄製は数年で錆びて建物を汚してしまう反面、ステンレスやアルミ製は錆びない分、驚くほど長持ちします。

2、3年した頃にアンテナになにか不具合や倒壊などが起こった際に点検・修理費がかかってしまうことがあるようですが、よくよく点検してみると安価な部材を使用した手抜き工事が原因であることも多々ございます。

麻生電設は長年テレビアンテナ設置に携わってきました。

だからこそ、お客様の希望に添った、万全な工事を行います。

長く使っていただくために、初めの設置の時から丁寧に設置を行います。

即日対応、緊急対応も行っております。

テレビアンテナ設置でお困りの方は麻生電設にご連絡ください。

大分エリアならどこへでも伺います。ご連絡お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。