台風でテレビアンテナのトラブル 麻生電設にご連絡ください

台風の時期 テレビアンテナは大丈夫ですか?

今年も台風の時期がやってきました。
台風が通り過ぎると多い「テレビがうつらない」というお悩みです。
テレビアンテナが倒れた、傾いた、落下した。
さまざまな理由でテレビは映らなくなります。
もし、そのような場合は、麻生電設にご連絡ください。

テレビアンテナはとても繊細です。少し向きが変わっただけで電波受信ができなくなってしまいます。
台風の影響で、アンテナの向きがずれたり傾いたりするとテレビが映らない、ノイズが出るなどの
現象が起きてしまいます。
ご自分で直そうとしても、高所ですので危険が伴います。
無理をされずに、麻生電設へご連絡下さい。

台風の後でテレビの映りが悪くなる原因

  1. アンテナが倒壊
  2. アンテナの向きが変わった
  3. 大雨で電波が受信できない

1.アンテナが倒壊
通常はアンテナは強力なワイヤーや金具でしっかり固定されているため倒れることはありません。
けれど、台風の強風によって、アンテナが倒壊、落下するケースもあります。
アンテナが倒壊してしまうと、テレビは映らなくなります。

2.アンテナの向きが変わった
1の時と同様、通常はしっかり立っているアンテナも、倒壊はしないまでも、強風によって、向きが変わってしまうことがあります。
アンテナは少し傾いたり、ズレたりしただけでも、テレビは映らなくなったり、ノイズが出たりします。

3.大雨で電波が受信できない 台風の強い雨によって電波が届かなくなってしまったケースです。 地デジ放送よりもBSやCSの方がテレビ映りが悪くなることが多いです。

3のケースは台風が過ぎれば解消するので良いのですが、1、2に関しては
アンテナを元に戻す作業が必要となります。
倒壊の際に折れてしまったりするとなおさらです。

テレビアンテナの交換は危険が伴いますので、決して無理をされずに
業者へのご依頼をおすすめします。

麻生電設なら、即日対応、緊急対応させていただきます。
大分エリアならどちらでも伺います。
屋根上の八木式アンテナからデザインアンテナへの変更設置も行っております。
お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。