エアコントラブル 早急な対応 麻生電設にお任せください

エアコンが効かない!どうにかしてほしい!
営業中にご連絡いただきました。
とにかく、営業中だけでも効くようにしてほしいとのことでしたので、
本格的な故障修理は後ほどということで、応急処置を施すことにしました。

エアコンが冷えない原因は?涼しくならない原因は?

エアコンの効きが悪くなる原因は、フィルターの汚れがあります。
ホコリが溜まったままだと、空気の通りが悪くなり、効きが悪くなってしまいます。
使用前の確認や時々はフィルター掃除を行ってください。
リモコンの故障という場合も考えられます。乾電池切れの場合は取替を行ってください。

室外機の周辺に障害物がある場合も熱交換がきちんとできなくなります。
室外機の前に植木鉢などを置いてあるならば、場所移動をしてください。
草が茂っている場合は、室外機の周りから取り除いてください。

室外機に直射日光が当たって冷えない場合もあります。
その場合は、よしずなどで日陰を作ってあげることで冷えるようになることもあります。

お部屋の広さとエアコンの容量があっていない場合は、冷え切らないことがあります。
その場合は、エアコンの容量を大きいものへ替える検討も必要です。

それでも直らない場合は・・・
コンプレッサーや冷媒ガスの不良が考えられます。

エアコンは冷房運転の際、室内機で取り込んだ部屋の暖かい空気を熱交換器で冷たい風にしてまた部屋に戻します。
熱を運んでいるのが、室内機と室外機をつないだパイプに充填された冷媒ガです。
冷媒ガスは効率よく熱を排出できるように室外機のコンプレッサーで圧縮されて高温となり、室外機側の熱交換器を通じて外へと出します。

コンプレッサーや冷媒ガスがうまく働かないと、エアコンの効きが悪くなります。
こうなると、業者への連絡が必要になります。

ソース画像を表示

コンプレッサーが故障
原因は経年劣化によるものが多いです。

冷媒ガスの漏れ
パイプの接続不良や破損が原因です。
※室外機を動かしてしまうと、室内機とつながるパイプに影響が出ることがあります。

エアコンの効きが悪い!そんな時は
麻生電設にご連絡ください。即日対応、緊急対応、夜間対応いたします。
大分エリアならどちらでも伺います。お見積りは無料!!
その他、電気でお困りの場合は、お気軽にご連絡ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。