冬場の停電多発中!停電のご連絡は麻生電設まで!

停電した!冬場にとても多い事例です。
冬場のキッチンで、エアコン、IH、電気ケトル、電子レンジ同時に使用したら
突然、停電そんな経験はありませんか?

この場合は、ブレーカーの「アンペアブレーカー」が作動しているはずです。
電気の使い過ぎによる停電です。
電化製品を同時に使用すると起きる現象ですので、少しずらして使うことで解決します。

契約アンペアが10Aであれば 1000ワットまで電化製品の仕様ができます。
これを超えるとブレーカーが落ちてしまいますのでご注意ください。

何度も落ちるようであれば、契約アンペアでは足りていないということになります。
このような場合は、契約アンペアの変更が必要です。

もうひとつの停電の原因は『漏電』です。
漏電とは、電気が本来通るべきルートを外れて漏れてしまう現象をいいます。
配線が傷ついたり、劣化したり、水に濡れてしまうと、そこから電気が漏れ、
漏電ブレーカーが作動する仕組みです。

漏電は電気が正常な道から外れて流れている状態なので大変危険です。
感電や火災につながる恐れがあります。

停電をした場合は、まずブレーカーを確認し、アンペアブレーカーか、漏電ブレーカーかを
チェックしてください。

漏電ブレーカーが落ちている場合は、麻生電設にご連絡下さい。

緊急対応、夜間対応、即日対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。