停電かな?電気工事のご依頼は迷わず麻生電設にご連絡ください

電気工事もさまざま。
スイッチの切り替え、レンジフード取付、エアコンの故障、防犯カメラ設置などなど
もっと大掛かりな電気工事もあります。
この依頼を一体どこにすればいいのかわからない。というお悩みはありませんか?
もし、そんなお悩みがある場合は、ぜひ麻生電設にご連絡ください。
小さな電気工事から、大きな電気工事まで、お受けいたします。

停電?慌てず対応してください

突然の停電は、焦りますが、落ち着いて対応すれば大丈夫です。
作業停電なのか、自宅だけが停電なのかを確認してください。
近所の電気も消えているようであれば、送電線に異常が出ている可能性があります。
自宅だけの停電であれば、ブレーカーが落ちていないか、ヒューズが切れていないかを
確認すれば、検討がつきます。
電気機器の使い過ぎによる停電ならば、ブレーカーの「切」をあげれば
電気はつきます。ヒューズであれば新しいものへ交換してください。

ブレーカーが上がらない場合

ブレーカーが上がらない場合は漏電の可能性があります。
漏電とは、配線や器具の絶縁体が古くなったり傷ついたりしてしまって、電気が外部に流れ出ることです。
この場合は、感電の危険があるため、自分で対応しようとせず、電気業者への連絡をお願いします。
また、漏電は火災の原因にもなるため、早めの対処をしてください。

漏電の原因
電線に電流が流れると、電線の抵抗によって熱量が発生し、この発熱作用によって電線自体の温度が高くなります。
コードやコンセントには使用できる電気の量に限りがあります
限度を超えて使用し続けると、外部に熱が放出されないまま発熱量は増えるので、
コードやコンセントが非常に熱くなってしまいます。
この熱さでコードや電線を覆っている絶縁体が溶け、漏電や火災の原因になります。
たこ足配線は、重大な事故を起こしかねないのでやめましょう。

電気の配線工事には、専門的な知識と技術を持った「電気工事士」の資格が必要です。
DIYでという考えの方もいらっしゃいますが、接続を誤ったりすれば、加熱ショートにつながります。
安い料金でできたと思ったのに、結局トラブルが起きてしまったら高額な工事が必要になることもあります。

日頃から、簡単なチェックをしておけば、重大な電気事故や漏電には至らないと思います。
コンセントにほこりがたまっていないか。たこ足配線になっていないか。
電気製品を必要以上に使いすぎていないか。など
ご自宅の中をぐるりと見まわしてみることが大切です。

電気についてお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください。
即日対応、緊急対応、夜間対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。