壁紙のリフォーム スイッチ照明も同時に取り換え

壁紙を取り替えたら 同時にスイッチも交換しよう
壁紙を取り換えてきれいになった部屋に、今まで気づかなかったスイッチの古さが目立つ
せっかく取り換えたのに、なんだか残念な結果に
そうならないために、壁紙の取り換えをする場合は、スイッチの変更も検討しましょう

スイッチは今風の形に変えると部屋の雰囲気はグッとアップします

壁紙を取り換えた後にスイッチの変更となるとまた、壁紙に傷を入れることになる恐れもあります。

麻生電設なら、壁紙とスイッチの変更が同時に完了します。

また、照明器具の取り換えも可能です。
天井の壁紙を取り換えつつ、照明器具を新しくしたり、移動したりも可能です。
もちろん、スイッチを便利な場所への移動もできてしまいます。
電気スイッチの交換や修理は、電気工事士法により有資格者の作業が必要です。
違反すると法律で罰せられます。
何よりトラブルが起きた場合に危険ですので、くれぐれもご注意ください。

床・壁の補修、コンセント・スイッチの取り替えなど、

ちょっとしたお困りごとも麻生電設にご相談ください。

即日対応、緊急対応、夜間対応いたします。

スイッチの取り換え作業の流れをご説明します。

スイッチの取り外し
①まず初めに、ブレーカーを落とす(必須です)
②古い電気スイッチのカバーを外す
③この際枠に、壁紙などがかかっていたらカットする必要があります。
④電気スイッチを壁の中から取り出す
⑤スイッチから電線を外す
⑥電線が変色していたら目の細かい紙やすりで軽く研磨し、通電性の改善を行う

新しい電気スイッチの取り付け
①新しい電気スイッチのカバーを外す
②スイッチと取付ワクだけの状態にし、電線をはめこんでいく
③電線をストリップゲージに合わせ、余分をカットする
④両方適切な長さになったら、電線を挿し込み穴に入れる
(片切りスイッチであれば白黒どちらの穴でもよい)
⑤本体を壁の中に収め、取付ワクのネジをしめる
⑥カバーを取り付ける

安全の確認をし、ブレーカーを上げ、電気がつくか確認!

作業終了です!
これらの工程は有資格者の作業が必要です。
必ず、専門業者へのご依頼をお願いいたします。

麻生電設なら、即日対応、緊急対応、夜間対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。