台風 災害で電気のトラブル 麻生電設にご連絡ください

各地で災害の発生が多い昨今
台風や水害などお家のトラブルも多発しています

災害では停電する可能性もあります。
もし、災害で避難を余儀なくされる場合、自宅を離れる時はブレーカーを落としてください!


停電していると見落としがちですが、通電が再開したときに
ブレーカーが上がっている状態だと、火災が起きる恐れがあります。

通電火災
停電で止まってしまった家電が、通電後に漏電して火災が発生することがあります。
電気ケーブルの破損個所や、ほこりがついたコンセントが原因で火災も起こります。
災害で倒れた電化製品に通電が再開され、加熱し、火災が起きることも。

ソース画像を表示

災害が起きた場合、家電のコンセントははずしましょう
基本は全て外せば問題ありませんが、
モーターなどを使う起動時の電力消費が大きい家電=コンセントを外すのが正解です。
テレビ・暖房器具・アイロンなど発熱するものも外しておいてください。
通電の際に一気に動き出すことで、ブレーカーやヒューズに支障が出る恐れがあります。

家の中の家電についてはコンセントを抜くことを徹底すれば危険を防ぐことができます。

台風や大雨の影響で気になるものがもう一つ。
エアコンの室外機です。


台風の備えの中に、室外機まではなかなか気が付かなかったと言われる方が多いものです。
エアコンの室外機の中にはコンプレッサーや電気基盤、放熱用ファンなど重要な部分が入っています。
台風などの強風を受けた場合、放熱用ファンの回転が妨げられて運転が停止することがあります。
また、屋外の飛来物の衝突により変形や破損の恐れもあります。
浸水が起こった場合、室外機本体が浸かってしまうと、ファンやモーターの損傷が出てしまうため
運転が停止したり、電子基板やコンプレッサーに泥水が侵入することで漏電、発火の危険もあります。
水が引いて乾燥した場合でも、漏電が発生することがあります。
そのような場合は、使用をすぐに停止し、麻生電設へご連絡ください。

台風の強風で室外機が倒れてしまった!
強風や飛来物の衝突により、室外機の位置がずれたり、転倒したりした場合は、
接続配管や接合部分の変形でガスが発生することがあります。
これは冷媒ガスといい直接触れると凍傷の危険性があるため、自分で起こしたりすることは避けてください。
完全に浸水がわかっている、水没した場合も運転はしないでください。
まず、業者への連絡をして、安全が確認されてから使用を再開してください。
大事な家を守る、家族を守るために、家電の使用から注意をしましょう!

電気のことで困ったなと思ったら、麻生電設にご連絡ください!
即日対応、緊急対応、夜間対応いたします。
お気軽にご連絡ください!お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。