テレビ映りのトラブルは麻生電設にお任せください

テレビ映りが悪い
「テレビが映らない」という中にもいろいろな症状があります。
「モザイクがかかる」「音声が聞こえない」「映像が止まる」「ノイズが入る」など
電波障害による症状は多岐にわたります。
チャンネルが映らなくなるといったトラブルに発展する可能性も高いです。

ソース画像を表示

テレビ映りが悪くなる原因は?

テレビが映らない原因の一位はアンテナのズレです。
屋根上に設置してある八木式アンテナは通常はしっかりと固定されていますが、
台風による強風や冬の積雪などの重みでズレてしまうことがあります。
地デジアンテナは、少しでもズレてしまうとテレビ映りが悪くなる可能性が高くなるため注意が必要です。
さらに、設置しているブースターやケーブルの接触不良が原因でもテレビ映りは悪化しやすくなります。
ブースターが電源から外れているとテレビは映らなくなり、ケーブルがテレビから外れていれば受信レベルは低下し映像は悪くなります。
また、アンテナやアンテナケーブル、ブースター、分配器、テレビ周りのケーブルなどの劣化でも、電波障害が起こる可能性は高くなります。
アンテナが劣化していれば満足に電波を受信することができなくなり、ケーブルが劣化していれば接触不良で受信品質は低下します。

テレビが映らない 映りが悪いときは麻生電設にご連絡ください!

テレビの映りが悪い原因いろいろあります。
アンテナのズレやケーブルの接触不良、ブースターや分配器の劣化など
一目見ただけではなかなか特定できない原因もあります。
また、高所作業になりますので、危険があります。
ご自分で直そうとせずに、専門業者への依頼をしてください。
アンテナやブースター、分配器の修理ということになれば、なおさらプロの技術がなければ行うことができません。
確実にトラブルを改善するためにも、専門業者への依頼をおすすめします。

麻生電設は即日対応、緊急対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。