大雨で漏電 水濡れによる漏電 危険です

ソース画像を表示

漏電とは、電気が通常の流れから外れて漏れる状態のことをいいます
家電製品や電気器具、電気配線など、電気に関わるものが
電気の通るべき道以外に電流が流れてしまうと漏電していることになります。
通常は、漏電防止のため絶縁処理がされています。
けれど、何かの原因でこの絶縁処理に不具合が起こった場合、電気回路に不良が生じ
漏電を引き起こしてしまいます。

ソース画像を表示

絶縁体が破損する原因

・配線の劣化や断線
・配線工事の不備、不良工事
・絶縁体(絶縁テープ、ケーブル、ビニル)の劣化や破損
・アース線の不備
・電気配線、家電製品の水濡れ
・害虫やネズミなどによる破損
・コンセント周りにたまったほこり

漏電かなと気づいたら・・・対処方法

漏電の疑いがある症状
・ブレーカーがすぐ落ちる、ブレーカーが上がらない
・家電製品を触ると痺れる、ビリビリする
・雨が降ると停電する
・コンセントが焦げる、発火した
・前の月と比べて電気代異常に上がった

このような症状があれば、すぐに麻生電設にご連絡ください。

ソース画像を表示

トラッキング現象と火災
漏電で注意が必要なことが火災です。
漏電をした部分から火災が発生するケースは後を絶ちません。
これはトラッキング現象と呼ばれ、コンセントから起こる出火です。
コンセントとプラグの隙間にたまったほこりが湿気を含むと漏電が起きます。
この状態が長時間続くと発火する恐れがあります。
また、電気配線の劣化により、壁や柱に接触している部分から発火することがあります。
木造の住宅や、燃えやすいものを置いている場合は注意が必要です。

大雨などでの雨漏りが原因

昨今の大雨による被害で漏電しているケースは多々あります。
屋根の雨漏りで浸水し、屋根裏や壁、柱の配線が濡れることにより漏電が起きてしまいます。
雨漏り箇所を補強し、水の進入を防ぐことが先決です
また、雨漏りにより配線が腐食している場合には配線の修理交換が必要です。

ソース画像を表示

雨漏りによる、漏電は麻生電設にお任せください。

即日対応、緊急対応、夜間対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。