換気扇の故障でお困りの方は 麻生電設にお任せください

換気扇交換のベストタイミングはいつ?

使用頻度やお手入れの状況によっても変わりますが、家庭でご使用の場合、換気扇の寿命は一般的に10~15年です。
もちろんその前に故障する場合もありますが、ご使用されていて、牡蠣のような症状が出た場合は故障を疑う必要があります。

こんな症状が出たら要注意!
換気扇から変な音がする
ガタガタと大きく振動する
排気の力が落ちてきた
プロペラの回転が遅くなっている

換気扇を回していて変な音やガタガタと振動する場合は、交換の時期と考えていいでしょう。音の原因は、モーターの消耗や内部の破損の可能性があります。

そのまま使っていると故障の原因になるだけでなく、モーターのオーバーヒートや内部のほこりが原因で発火する危険性もあるため、早めに交換をおすすめします。

換気扇を回しているのにキッチンの臭いが取れなかったり、煙がなかなか排出されない場合は、換気扇の性能が落ちている可能性があります。
まずは、換気扇のお掃除をしてみて、それでら改善しない場合は交換をおすすめします。

換気扇のプロペラの回転が遅くなる原因は

・油汚れやほこりが溜まっている
・モーターの劣化や異常

が考えられます。

油汚れを掃除しても回転速度が遅いままの場合は、交換をおすすめします。

スリム型への交換工事を行いました

古い換気扇・レンジフードは要注意です!
火災の危険性があります。

使用して15年以上たっている換気扇をそのまま使うことによって、換気扇内のモーター、コンデンサー、電気コードの各部品の経年劣化によって、発煙、発火が起こることがあります。

換気扇によって起こった事故は発煙、発火したケースがあります。その発煙、発火のほとんどが換気扇の使用年数が20年以上経過していることも報告されています。長年使い続けていると、特に気にも留めないかもしれませんが、15年を過ぎたら確認を行ってください。

換気扇・レンジフードの異常、故障の場合は麻生電設にお任せください!

即日対応、緊急対応、夜間対応行います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。