落雷で停電 ブレーカー故障 慌てずに対処     麻生電設にお任せください

雷が落ちて家電が故障する危険性

ソース画像を表示

雷が原因で家電が故障する原因は大きく分けて2つあります。
1「瞬時電圧低下」
送電設備の進化で、落雷による長時間の停電は発生だいぶなくなりましたが
落雷から送電設備を守るために、少しの時間、電力供給がストップします。
生活家電がその影響を受けることは少ないですが、パソコンなどはいきなり強制終了すると、
データが消失したりすることがあります。

2「雷サージ」
雷サージとは、落雷の瞬間に異常な電圧が生まれて、強い電流が流れることを言います。
発生した過電流は配管や電話線などを通り、家電などの電子回路を破壊します。
家電製品の故障やパソコンのデータ消失の原因にもなります。

家の中で起こる雷の被害
雷が鳴っている時、屋内にいれば外にいるよりはひとまず安全です。
けれど、建物に直接落雷したりごく近くに落雷したりすれば、建物や家電製品に被害が発生する可能性あるので十分注意をしてください。

家の中の雷による被害の状況
・屋根に落雷し屋根が壊れる、火災が発生する
・近くに落雷した衝撃で窓ガラスが割れる
・送電線や電話線を通した落雷電流で電化製品が故障する
・落雷電流に触れて感電する

ソース画像を表示

雷が起きた場合の対策
パソコンや家電の電源を切る
感電対策としてゴム手袋などを装着する
電源ケーブルやアンテナ、LANケーブル、アース線をそれぞれ電源から抜いてください。
家電の電源を切った状態でも雷サージの被害を受ける危険性があるため、ケーブルを外してください。
スマホやノートパソコンも、コンセントに繋いで充電していれば雷サージの被害を受けてしまいます。

落雷した瞬間に停電することがあります。

停電して、しばらく待ってみて電気がつかない場合、

多くの方はブレーカーがおちていないか(OFFになっていないか)、分電盤を確認されると思います。

もし、落ちているとすれば、漏電ブレーカーである場合が多いです。

分電盤の左側に大きなブレーカーが2個並んでいますが、そのうちの右側の方です。

落雷によって発生した異常電圧から住宅内配線を保護するために、漏電ブレーカーが落ちた場合です。
復旧(復電)するには漏電ブレーカーを上げてください(ONにしてください)。
漏電ブレーカーのスイッチを一度「グッと」下がり切るまで下げてから上げてみてください。
そうするとブレーカーは上がります(電気がつきます)
当社にも、落雷後、「漏電ブレーカーが上がらない。」と連絡があった場合、この方法で復電することが良くあります。
漏電ブレーカーが自動的に下りた場合、このやり方でないと上がらない仕組みになっています。
「漏電ブレーカーは上がった。分電盤のブレーカーは全部上がっている。それでも電気がつかない!」
そのような場合は、麻生電設にご連絡ください。
早急に対応させていただきます
電気は危険が伴う作業です。おかしいな、困ったなという場合は

麻生電設にお任せください!お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。