夏の電気事故 エアコン 扇風機の事故に気を付けて 

夏になると頻繁に使用するエアコンや扇風機

あると大変便利ですが、使い方を間違うと危険な事故にもつながります。

夏に事故が増加するといわれているこのふたつの事故について紹介します。

エアコン電源コードの接続不良で起きた事故

電源コードが足りない部分を延長するために追加した電源コードを元の電源コードに途中で

ねじって接続したことで、接続部分に異常発熱がみられ、コードから出火

エアコンまで焼損する火災となった

ソース画像を表示

電源コードをねじった状態で接続することによって発生した火災

接続不良は発煙、発火の恐れがあります。 

必ず、電気工事の資格を持った業者への相談をしてください。コンセントの移設などは適切な電気工事を行う必要があります。

ご依頼は、ご相談は、麻生電設にご連絡ください!

エアコンのお掃除による事故

エアコンを洗浄した場合にエアコン内部の配線端子に洗浄液が付着し、端子部でのトラッキング現象が発生。

異常発熱が起きて出火してしまった。

ソース画像を表示

十分な知識がないままエアコンの内部洗浄を行うのは大変危険です。

発火の事故が起きる恐れがあります。

内部配線にかかったり、その後劣化の原因になったり、漂白剤などは腐食性があります。

使用はしないようにしてください。

専門のエアコン業者への依頼をおすすめします。

扇風機からの発火による事故

扇風機の発火原因は長期使用によるモーター部分の異常発火が一番です。

動くからといって何十年も使っている家庭は注意が必要です。

ソース画像を表示

製造からずいぶん経過している扇風機は製品内部の部品が劣化して事故に至る恐れがあります。

異常が見られた場合は、使用を中止して電源プラグをコンセントから抜き、メーカーなどへ修理の連絡をしてください。

大変便利な電気製品も、一歩間違えば、危険な物に変わってしまします。

日々の確認で異常にも早めに気付くことが出来ます。

おかしいな、いつもと違うなと思ったら、麻生電設にご連絡ください。

緊急対応、即日対応、24時間対応、夜間対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。