4k8k できれいで鮮明なテレビを楽しもう!

4K8K放送は衛星から電波が発信されています。
4K8Kの全てのチャンネルを見たいという場合には、4K8K対応のテレビアンテナ
設置が必要です。
BSアンテナも衛星から届く電波を受信することができますが、
従来のBSアンテナでは一部の4K放送のチャンネルしか見ることができません。
「NHK BS 8K」や「スカチャン4K 1-8チャンネル」などのチャンネルを視聴するには、4K8Kアンテナが必要です。

ソース画像を表示

今までのBS放送は「右旋円偏波」と呼ばれる方法で電波が届けられていました。
4K8K放送では「右旋円偏波」と「左旋円偏波」で放送されるチャンネルがあります。
従来のBSアンテナでは「右旋円偏波」の電波しか受信することができません。
そのため「左旋円偏波」で放送されるチャンネルを視聴するには
「右旋円偏波」と「左旋円偏波」に対応した4Kアンテナが必要になります。

アンテナ以外の器具も交換が必要
アンテナを設置して4K放送を視聴する場合には、アンテナ以外にも壁のアンテナ端子、
アンテナ端子とテレビを接続するケーブル、分配器やブースターなども4Kに対応したものが必要になります。
これは「右旋円偏波」と「左旋円偏波」で受信した電波の周波数が違うためです。
もし、ご自分でケーブルやブースター・分配器などを用意する場合は、それらが4K8Kに対応しているかを確認してください。

テレビも4Kテレビが必要

4K8K放送を視聴するためには、映像を視聴するテレビも4Kに対応したテレビが必要です。(8K放送は8Kに対応したテレビが必要)
4Kテレビは、チューナーが内蔵されたテレビとチューナーが内蔵されていないテレビが有ります。
チューナーが内蔵されていない4Kテレビで4K放送を視聴するためには、外付け4Kチューナーが必要です。
4K8Kアンテナ工事をご自分でと考えていらっしゃる方は、
工事に必要な部品全てを揃えようとすると業者に依頼した方が安くすむかと思います。
また、アンテナ設置には非常にシビアな調整が必要になります。
アンテナレベルチェッカーというものを使うのが一般的ですが、
機能が揃った新品のアンテナレベルチェッカーを購入するとなると30,000円以上はかかります。

テレビアンテナの設置についてお困りの場合は

麻生電設にご連絡ください。
即日対応、緊急対応させていただきます。
その他、電気工事についてのご依頼は麻生電設にお任せください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。