レンジフードの取り換え工事は麻生電設にお任せください

レンジフードの必要性

キッチンには必需品のレンジフード。
ガスコンロなど火を扱う調理器具をキッチンに取り付けた際は、
換気設備を取り付けることが法令で義務付けられています。
最近主流になってきた、IHの場合は火を使わないので、取り付けの義務はありませんが、
それでも、調理の臭い除去やお部屋の空気循環など、取り付けをおすすめします。

レンジフードの取り付け 交換が必要な場合

レンジフードの交換が必要になるのは、故障した劣化した場合だと思います。
では、レンジフードが故障したと感じるのはどのような時でしょうか?
当社へご連絡を頂く故障の原因は
「レンジフードから異音がする」が一番多く聞かれます。
また「スイッチが入らない」「ファンが回らない」というものもあります。

【故障原因として考えられること】
レンジフードの故障内容について原因として考えられるのは「スイッチの破損」「モーターの故障」といったものがあります。
だいたい、長年の汚れの蓄積や経年劣化などが考えられます。

おかしいなと感じたら、麻生電設にご連絡ください。
即日対応させていただきます。

レンジフードの交換時期は?

使用頻度や状況にもよりますが、レンジフードは8~10年が交換時期の目安です。
こまめに掃除をしていても劣化は避けられないため、
交換時期を過ぎると不具合が出やすくなります。
焼け焦げた臭いがするといった症状が見られたら使用を中止して

麻生電設にご連絡ください!

【レンジフードの交換について」
レンジフードはデザインやファンの種類によって特長が異なります。

レンジフードのデザインは主に2種類あります。

【スリム型】
・掃除がしやすい形状
・ノンフィルターなど掃除の手間を省く工夫が多い
・インテリア性が高いデザイン
・壁付け型、横壁付け型、天吊型に対応

【ブーツ型】
・普及率が高い
・煙を集める能力は充分にある
・プロペラ型換気扇の上にフードの後付ができるタイプもある
・壁付け型に対応

【横幅のサイズ】
・60cm
・75cm
・90cm

法令により、設置しているコンロの横幅以上のレンジフードを取り付けることが義務付けられています。
レンジフードのみを交換するのであれば、現在使用しているものと同じサイズを選べば間違いありません。

【取り付ける高さ】
法令により、レンジフードの高さはコンロから80~100cm離れていなければなりません。
既存製品と違う高さのレンジフードにする場合は、現在の取り付け面が露出することがあります。
その場合、露出部分への追加施工が必要になる可能性があります。
逆に天井高がある場合は専用の横幕板で長さを出すこともできます。

どんなレンジフードが合うのかわからない、取り付けたいが規格が正しい内容なのか不安
そんな場合は、麻生電設にご連絡ください。
お伺いして、確認、ご相談の上、お見積りをさせていただきます。

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応させていただきます。
電気工事のことは麻生電設にお任せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。