レンジフードの取り換えをご検討の方は麻生電設にお任せください

システムキッチンのレンジフードや、キッチンの換気扇は、
交換自体できないと思っている方も少なくないのですが、実はほとんどのものが交換可能です。

まずは、ご自宅のレンジフードがどのタイプか確認してみましょう!

覆いがないタイプ


扇風機の羽根のようなプロペラタイプの換気扇が壁に直接取り付けられていて、そのまわりに覆いがないタイプ。
通常、換気扇と呼ばれます。
ダイレクトに壁に取り付けられているため、外気の影響を受けやすいのが特徴です。

覆いがあるタイプ


大きなフードのようなもので覆われたタイプ。このタイプのレンジフードはブーツ型と呼ばれています。
壁に直接取り付けられたプロペラタイプの換気扇を覆ったものや、シロッコファンと覆い部分がセットになったものがあります。
現在、交換時期を迎えているレンジフードの多くがこのタイプです。

スリム型


見ためのスタイリッシュさや、お手入れ性の高い本体形状が特徴です。
お手入れが面倒なフィルターをなくしたノンフィルタータイプが主流です。

キレイに保つと電気代もお得!?
レンジフードはお掃除が大変という主婦の方の声をよく聞きます。
確かに、ため込んでしまった場合は、汚れを落とすのも一苦労です。
ですが、実際にレンジフードをきれいに保つことは電気代にもメリットがあります。
汚れがひどくなると、「弱」で吸い込めるものが「中」でないと吸い込めなくなったり、
さらに、「強」にしないといけなくなります。
消費電力が、「弱」「中」「強」で違ってきます。
せっかく回していても、効果がなければなにもなりません。
きれいな空気を保つためには、こまめな掃除を心掛けましょう。

消費電力自体はレンジフードにより異なりますが、弱と強で3倍近く消費電力が異なる機種もあります。
また、「弱・強」の2段階設定のレンジフードでは、倍近く消費電力が異なる場合が多いようです。
レンジフードで吸い込みきれなかった油煙は、室内に広がりお部屋を汚してしまうことにもなりかねません。
レンジフードをキレイに保つことは、電気代の節約にもなり、さらには室内のキレイを保つことにも繋がるのです!
レンジフードはこまめな掃除でキレイを保ちましょう。

古くなった換気扇で排気が出来なくなったものは取り換えもご検討ください。

取り換えのご要望は麻生電設にお任せください!

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応させていただきます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。