コンセント 交換 工事 福岡 電気工事 修理 麻生電設 スイッチ 交換工事 古い 焦げ 臭い 緊急

コンセントの増設工事 麻生電設なら即日対応いたします

コンセントの差し込み口が足りない場合や、使いたい場所にコンセントが無い場合などには、コンセントの増設工事がおすすめです。

コンセント不足が生じた場合に、とりあえずの「タコ足配線」は大変危険です。

有名なものに火災があります。定格容量を超える状態かつタップの中にブレーカー機能がついていなかった場合、流れる電流が大きすぎるために コンセントが発熱して発火することがあります。
ひとつのコンセントから供給できる電力は1500Wですから、タップなどに繋いだ電子機器の定格電流が1500Wを超した場合に負荷が過剰にかかり、発火しやすくなります。

今回はコンセント増設をご希望とのご依頼です。

意外とサンルームに電源を設置しないでリフォームを検討する方が多いようなんですが、設置をしないと隣の部屋から延長コードで電源を引っ張ってくるしかなく、部屋の掃き出し窓が施錠できなくなり、防犯的にも不安だし、密閉空間にできないのでサンルームの効果が弱まったりと、あまり良いことがありません。

なので、サンルームを設置する場合ははじめからコンセントを設置した方が良く、後から増設するのは費用がかかるので、建築中やサンルームへのリフォーム中に合わせて検討するのがオススメです。

既存の電気配線から分岐してコンセントを増設する

今までコンセントが無かった場所に新たにコンセントを増設する場合、屋内の電気配線から分岐させて施工することができます。

これは、屋内用の電気配線で電圧が100Vのものならどこからでも引くことができ、電灯や換気扇などのスイッチ部分から配線を分岐させることもできます。

ただ、エアコンのように屋内配線でも200Vが通っている場合もありますし、配線によっては電子レンジなどの電力消費量が多いものが繋がれている場合もありますので、注意が必要です。

DIYでコンセントの増設や交換はできる?

コンセントの増設や交換は、既存のスイッチやコンセントの配線を変更するだけの工事となりますので、DIYで交換できれば費用を抑えることができそうに思えます。

けれど、屋内の電気配線を工事するためには、電気工事士二種の資格が必要となります。

電気工事士の資格を持っているという場合でも、日常的に業務で配線を扱っていないと施工ミスで漏電などの事故が起こって可能性があります。

漏電が発生すると家電の破損や、火災の原因となりかねません。基本的にはDIYではなく、電気工事士の資格のある業者へ依頼をしてください。

 コンセント設置のワンポイント!

サンルームは密閉空間になっており、雨などから洗濯物を守ってくれる便利な空間ですが、雨漏りがまったくないわけではなく、台風などの際には雨が入ってくる可能性はあります。

なので、漏電対策として雨漏りが起きたときに漏電しにくい位置を業者と検討の上、設置すると良いでしょう。

コンセントの増設工事は麻生電設にお任せください!

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応を致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。