漏電ブレーカーがあがらない 電気トラブルは麻生電設にご連絡ください

ブレーカー・分電盤のトラブルはさまざま

  • 頻繁にブレーカーが落ちる
  • 古いので交換したい
  • 急に電気代が上がった

この様な場合は、一度専門業者へのご依頼をしてください。

今回は漏電ブレーカーが上がらない。電気がつかないとのご連絡をいただきました。

漏電ブレーカーが上がらない!緊急の対処方法をご紹介します!

  1. すべてのブレーカーのスイッチを切ります(レバーを下げる)
  2. 契約ブレーカーがある場合は、契約ブレーカーと漏電ブレーカーのレバーを上げます。この段階で、安全ブレーカー(配線用遮断器)に電気はきていない状態です。 漏電した場合には、作動した漏電ブレーカーのレバーを1度下げてから上げないと動作しないものがあります。
  3. 配線用遮断機のレバーを順番に1個づつ状態を確認しながら上げていきます。もし漏電ブレーカーが落ちたら、最後にあげたブレーカーによって供給されている部分が漏電していることになります。
  4. その漏電している安全ブレーカーの配線先のコンセントをすべて抜き1つずつコンセントを挿して確認していきます。

とりあえずの処置は、上記のとおりですが、素人判断は大変危険です。

また、法律上、電気工事士の資格を持っていないとできない電気工事が多くあります。

自分で行なった修理が失敗してしまうことや、場合によっては誤った方法が原因で、火災の原因になることもあります。

電気のトラブルは専門業者に依頼をすることをおすすめします。

麻生電設は、緊急対応、即日対応、夜間対応、24時間対応しております。

電気の困ったは麻生電設にご連絡ください!!

今回は新しい分電盤への取り換え工事を行いました。

夜間の場合でも、緊急性のある場合はお伺いさせていただきます。

麻生電設にご連絡ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。