テレビアンテナが倒壊 テレビが映らない 麻生電設にお任せください!

屋根上のテレビアンテナが倒壊 テレビが映らない 早急に対応してほしい
お困りのことと思います。
原因はさまざま、台風の影響、経年劣化によるサビ、大雪の影響など

そのままにしておくのはテレビが映らないだけでなく、大変危険です。
なるべく早めに、業者への連絡をして、撤去、移設を行いましょう!

倒れたアンテナは再利用できる?

倒れたアンテナが特に変形していない場合はそのまま再利用も可能です。
まれに変形していても電波受信にはそのまま使える場合もあります。
ですが、変形したアンテナは破損しやすく、その後の強風などでアンテナの一部が飛んでいき、
近隣に被害を与えるケースもあります。
また、アンテナが倒れた時にアンテナ線の接続口などに水が入ることがあり
その部分から錆による劣化が起き、受信障害が起きる可能性があります。

ブースターが屋外についていた場合、倒れてしまうと同様に水が入ったり、
防雨カバーが破損して、その後尼がしみ込んでしまう場合があります。
地デジ専用ブースターの場合は、再利用する場合も雨のかからない屋内に移設する方が安心です。
できれば新しいものに取り換えることをおすすめします。
傾き程度のものでしたら、そのまま再利用で構いません。

デザインアンテナはおすすめです


現在、新築では主流となりつつあるデザインアンテナ
壁面にビスで固定するのが一般的で、強風などの心配もなく、好評のアンテナです。
家の外観にも響かないカラーが揃っています。
台風、強風、大雪、鳥の被害などを気にせず、設置できることがメリットです。

BSアンテナの設置
BSアンテナも壁面に設置することで強風でずれるリスクを減らすことができます。
BSアンテナと地デジアンテナがまとまって屋根に設置されていたために、強風で倒壊してしまったというケースは多いです。
BSアンテナと一緒に小型の地デジアンテナを設置することで、コンパクトにまとめることもできます。

テレビアンテナの設置、移設を検討する場合
テレビ工事は正しい工事をしなければ、後々視聴ができなくなったなどのトラブルとなります。
間違った工事や、配線などで余計な時間やお金をかけるのは大変無駄になります。
また、アンテナの設置もしっかりとした固定をしなければ、また台風で倒壊したり、落下などを起こす可能性もあります。

麻生電設は、丁寧な作業、豊富な経験で対応いたします。
即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします。

テレビアンテナだけでなく、電気工事のことなら麻生電設にご連絡ください。
お待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。