レンジフードの取り換え工事をお考えの場合 麻生電設にご依頼ください

キッチンに設置されている、「レンジフード」や「換気扇」。

換気をするための機器として一般家庭にある者の代表です。
「レンジフード」「換気扇」が知られていますが、
どんな違いがあるのかご紹介したいと思います。

どちらも換気のための設備ですが、それぞれに特徴があります。
キッチンのリフォームやレンジフードの交換工事をご検討ならば
参考にしていただければと思います。

レンジフードと換気扇の違いとは?

レンジフードとは?


シロッコファンを使用しているのがレンジフード
レンジフードと換気扇の最も大きな違いは、ファンの形状です。
レンジフードは一般的に、縦型の羽根が筒状に付けられた「シロッコファン」と呼ばれるものが使用されていて、
ダクトと呼ばれる通風管を通って排気が行われます。

レンジフードの種類

「深型(ブーツ型)」「浅型(フラット型)」「薄型(スリム型)」の3種類があります。

ソース画像を表示

深型(ブーツ型)
「深型」は、ブーツの形をしたカバーが取り付けられているタイプで、現在、最も多く採用されています。
サイズが大きいため設置には十分なスペースが必要となりますが、その分換気能力が高いことが特徴です。

浅型(フラット型)
天井が低い場合など、スペースに制約のあるキッチンでおすすめなのが「浅型」と呼ばれるタイプです。

天井からの厚み(高さ)が少ないため、スペースが狭かったり天井の低いキッチンに適しています。

薄型(スリム型)
フードの部分が薄くスリムなのが「薄型」です。
圧迫感がなく見た目もスタイリッシュな形状が特徴です。
キッチンをすっきりとした印象にしたい方におすすめです。
最近はこちらのタイプが人気が出てきています。

換気扇とは?


プロペラファンを使用しているのが換気扇
換気扇には「プロペラファン」と呼ばれる扇風機の羽のようなファンが使用されています。
壁に直接取り付けられているため、シロッコファンのようにダクトを通さず、直接屋外へ排気されるのが特徴です。

レンジフード(シロッコファン)のメリット・デメリット
一戸建てのお宅、マンション、どこでも目にするのがシロッコファンです。
シロッコファンのメリットデメリットはどんなものがあるかご紹介します。

メリット
シロッコファンのは、見た目がすっきりとしていることが好まれます。
ただ、プロペラファンはやや古臭い印象になってしまいます。
また、ダクトを通して排気するため、屋外につながる壁でなくても設置することができます。

デメリット
換気扇よりも大型になるため、設置に十分なスペースが必要です。
そのため、狭いキッチンに設置した場合、少し圧迫感を感じてしまうかもしれません。
また、内部の部品も多く、商品によっては、掃除をする際やや手間がかかるケースもあります。

設置をするために、一番適しているものを選んでいただいて
快適な空気の循環に役立てていただければと思います。

換気扇取付工事については麻生電設にお任せください!
即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応させていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。