テレビアンテナの倒壊は火災火災保険の対象になります

今年は、強風、台風などの影響でテレビアンテナの倒壊が多く発生しています。

テレビアンテナの倒壊を放置すると、落下の危険性もあることから

早急の対応が必要となります。

ただ、テレビアンテナの撤去工事、取り換え工事にはお金もかかります。

みなさんは、この様な場合、火災保険が使えることをご存知でしょうか?

テレビアンテナ修理には保険が使える場合があります

テレビアンテナが台風や強風(自然災害など)の被害で破損した場合、その修理費用について火災保険で補償される可能性があるんです。台風による強風でテレビアンテナが倒壊した場合は、火災保険に風災補償、落雷保障などを契約していれば補償を受けられる可能性があります。

この様な場合は対象になる可能性あり

  • 台風による強風でテレビアンテナが倒壊した
  • 台風による強風で飛んできた物が当たってテレビアンテナが倒壊した
  • 大雪によりテレビアンテナが曲がってしまった
  • 落雷によりテレビアンテナが故障した

こうした自然災害による被害でテレビアンテナが破損した場合は、火災保険の契約で補償を受けられる可能性があります。火災保険の証券などで契約内容を確認してください。対象になる場合は保険会社に相談をおすすめします。

こちらのお客様は火災保険での倒壊取付工事を行うことが出来ました。

屋根上の八木式アンテナから、デザインアンテナへの取り換え作業を行いました。

デザインアンテナは台風、強風の影響を受けにくく、壁の景観も損なうことがないため大変人気です。

障害物や地形の問題で受信が出来ない地域もありますが、麻生電設では、きちんと確認を行ったうえで作業をさせていただきます。

作業前に、お見積りをしたうえで、ご検討いただけるので安心です。

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応を行っております。

電気について困ったことがある場合は、

麻生電設にご連絡ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。