アンペアの容量変更には分電盤の取り換え工事が必要です

アンペア変更が必要なケースとは

普段生活していて、電気を使うたびに、ブレーカーが落ちるというのは、ストレス以外の何ものでもありません。

また、逆のケースも。あまり使っていないのに電気代が高いという場合は、アンペアが必要以上になっている場合も。

どちらにしても、現在契約のアンペアが適切でないということです。その場合はアンペア数を変更する必要があります。

しょっちゅう、ブレーカーが落ちる

ソース画像を表示

調理中に電子レンジ、IHクッキングヒーター、電気ポットを使ったとたん、バチン!

そんな経験はありませんか?せっかく調理中の物が台無しなんてことも。

また、パソコンの電源が落ちてデータが壊れたり、サーバー本体が破損したりということもあります。

ある程度、電気の使い方を検討することで、回避できることもありますが、あまりにも頻繁に起きるようであれば契約アンペア数を変更する必要があります。

あまり使っていないのに、電気代が高い

毎月の電気代に頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。

ソース画像を表示

冬のヒーター代、夏のエアコン代など季節限定で電気代が上がるのは、仕方ないとしても

あまり電気を使っていないと感じているのに、電気代が高いと言われる方は

契約アンペア数を検討してみるのも方法のひとつです。

アンペア数は基本料金が変わってきますので、下げればその分料金も下がってきます。

必要な容量を超えていると感じる場合は検討をしてみてください。

アンペア変更をする前に・・・

アンペア数を変更すると決めた場合、賃貸物件の場合は、まず、大家さんや管理会社へ変更をして良いかを確認してください。

勝手に変更をしてしまうと、後々トラブルになってしまいます。必ず、許可を得るようにしてください。

分譲マンションの場合は、管理組合への確認許可を摂るようにしましょう。

アンペア数を変更する交換工事

アンペアを増やすにしても減らすにしても基本的にはアンペアブレーカーの交換工事が必要です。

契約をアンペアを上げる場合は分電盤内にある漏電ブレーカーの確認も必要です。

せっかく、新たにアンペアブレーカーを設置しても、それより少ないアンペアの漏電ブレーカーが設置されている場合は、結局使えないということになります。

どのくらいに容量が必要かということも確認をしましょう。

アンペア容量のご確認のご依頼は麻生電設にご連絡ください!

分電盤の取り換え工事のご依頼も承ります!

今回はアンペア容量upで分電盤の取り換え工事を行いました。快適な電気生活を送れるようになったと大変おお喜びいただいております。

電気工事については麻生電設にお任せください!

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。