漏電の原因いろいろ 漏電したら麻生電設にご連絡ください!

電源コードの破損

ソース画像を表示

電源コードが無理な形に曲がっていたり、ねじれた状態で使用したり、重い物などが上に乗っかって負荷のかかった状態で使用していると、コードの付け根部分が破損して漏電につながります。

長いコードを束ねた状態で電化製品を使用する方法は電気コードの破損につながるため、危険を伴います。長いコードが邪魔な時は、束ねてまとめるのではなく、壁に這わせたり長くルートをとったりすると良いでしょう。どんなコードも曲げたり縛ったり束ねたりせず、常に真っ直ぐな状態で使用することで漏電リスクは減ります。

また、子どもや飼っているペットなどがイタズラをして破損する場合もあります。
手に届くところは特に注意をしてください。

今一度、家の家電製品などの電源コードを確認して、無理な状態で使用していないか確認をお願いします。

絶縁体の劣化・破損

電源コードではなく、漏電を起こさないためにコードをカバーしている絶縁体部分が、劣化や破損によって漏電する事例もあります。

劣化を知らずに長年使用していると絶縁体の破損につながるほか、劣化の原因にもなります。電源コードのチェックも時々してみてください。

トラッキング現象

トラッキング現象とは、コンセントと電源コードのプラグ部分との間に埃が溜まり、埃が湿気を含んで、漏電、また発火して火災につながる事例があります。

常にコンセントを入れっぱなしのテレビ裏や掃除がしづらい場所で起きやすいとされています。
漏電の原因には大変多い事例です。

電化製品やコンセントの水濡れ

水まわり近くで使用する電化製品、コンセントなどに水がかかることによって引き起こされる場合もあります。

もちろん電化製品には、絶縁処理が施されているものが多いですが、水がかかってしまった場合は、その絶縁処理も意味がありません。

この場合、漏電、感電や火災といった危険があります
水まわりで使用する頻度の高い電化製品の取り扱いには注意をしてください。

家の中で漏電が起こると、それを検知した漏電ブレーカーが落ちることになります。

どの原因も漏電以外に、感電や火災といったかなり危険な二次的被害が及ぶ可能性があります。
電気を使いすぎて落ちるアンペアブレーカーではなく、漏電ブレーカーが落ちた際は注意が必要です。

絶対に放置はせず、すぐに漏電箇所の特定をしてください。

対応できない場合は、麻生電設にご連絡をお願いします。

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *


上の計算式の答えを入力してください