19159

なぜ漏電がおきるのか 原因を知っておけば大丈夫!

漏電が起きてしまうと、電力の損失はもちろんのこと、感電や火災などの大規模な事故につながることがあります。

電力の漏れ具合にもよりますが、感電によって致命的な障害が残ることもあります。最悪の場合は死に至ることもあるので要注意です。

漏電の規模が大きくなればなるほど、火災が発生する危険性も出てきます。実際に火災が起こったという事例もあるので、他人事ではありません。感電でも十分に危険ではありますが、火災にまで発展してしまえば近隣の方々へも多大な迷惑をかけてしまうので、発生を未然に防ぐよう注意をしましょう。

危険な漏電はなぜ起きてしまうのか?原因を知っているのと知らないのでは対処の方法も違ってきます。

漏電の起きる原因はこれ!

コンセントの接続部分ゆるみ

コンセントに差し込まれているプラグが緩いようであれば、危険な状態といえます。緩い状態で使用していると接続箇所が熱を持ち、発熱していきます。発熱する理由として考えられるのは、接触抵抗の大きさです。大きくなればなるほど電流の流れから発熱していきます。

この状態が長時間続いてしまうと、銅線が錆びてなまってしまうため、さらに接触抵抗が大きくなるといった危険性も上がります。最終的には発火し、火災の原因となるため、コンセントに緩みがないかをチェックしてください。

電線が細い

電気火災の原因として多いと言われているのが、電線の細さです。細いビニールコードをエアコンなどの延長コードにしてしまうと、電線が発熱し、絶縁体が変形してしまいます。絶縁体が本来の役割を果たせなくなるとショートが起き、火災につながるのです。

自宅に長いこと差しっぱなしにしているコンセントがあるという方は、いちどそのコンセントを確認してみてください。プラグの根元にホコリが溜まっている箇所があるようであればとても危険です。ホコリは雨や結露などの湿気を含むことで、電気を通しやすくなってしまいます。この状態で少しでも電流が流れてしまうと漏電が引き起こされてしまうのです。

雨漏り

自宅で雨漏りが起きている場合も漏電が起きる危険性が極めて高いです。雨漏りによって流れ込んでくる雨水が、ブレーカーやコードを濡らしてしまうと漏電が引き起こされます。

もしかして漏電している?チェックはこれでできる

雨が降ると停電する

雨が降ると停電する場合も漏電を疑った方がよいです。このような症状がよく見られる場合は、雨が原因で漏電が起きている可能性があります。雨漏りだけでなく、屋外にある外灯やコンセントの防水性能の劣化も原因として考えられます。

いきなり電気代が高くなった

電気代が普段よりも高いと感じたら、漏電が起きているかもしれません。電気の供給が正常におこなわれないためです。一度チェックをしてみてください。

漏電を防止するためには?

●定期的なコンセントとプラグの掃除
●電気コードを折り曲げたり、束ねたりしない
●濡れた手で電化製品を使わない
●湿気の多い場所に電化製品を置かない

もし漏電に気がついたら

麻生電設にご連絡ください!

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします!

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *


上の計算式の答えを入力してください