19159

漏電 トラブル 危険がいっぱい 早めの対処をしてください

ブレーカーが頻繁に切れてしまうなどのトラブルが起きている場合は、漏電しているかもしれません。漏電とは、電気が正しい場所を通らず、他の場所に漏れてしまうことです。

そんな漏電はとても恐ろしいもので、最悪の場合は生命にもかかわります。漏電をそのままにしておくと、感電や火災が起こることがあります。もし気付いた場合、疑いがある場合、漏電はできるだけ早く対応することが大切です。

漏電ってなに?

漏電とは、電線などを流れている電流が漏れてしまうことです。漏電してしまうと、感電や火災が起きる可能性もあります。最悪の場合は命にかかわります。早急な対応が必要です。

漏電の確認をするときは、漏電について基本的な知識をもっていないと判断が難しいものです。漏電を確認するために必要な知識をつけましょう。

ブレーカーの仕組み

漏電をチェックするときには、漏電ブレーカーを確認が必要です。家庭内に設置されている分電盤の中心あたりに配置されていることが多いものです。

漏電ブレーカーは、漏電が起きたときに電流の流れを阻止する役割をしています。簡単にいうと、漏電してしまったときの安全を守ってくれるものなのです。そのため、漏電していると漏電ブレーカーは下がります。

漏電ブレーカーが作動する仕組みは、供給している電流よりも使用されたあとの電流が少ないときです。供給した電流が減っているということは、どこかで電流が流れてしまったと考えられます。そのような状況を察知すると漏電ブレーカーが作動してくれるのです。

漏電しているときの症状

漏電しているとブレーカーが落ちたり、電気代が高くなったりします。

■ブレーカーが落ちる

上記でも紹介したように、漏電ブレーカーが漏電を察知すると電流の流れを阻止してくれます。そのため、使用している電気類が一気に消えます。頻繁にブレーカーが落ちる場合は、漏電しているかもしれません。

■電気代が高くなった

漏電していると電気が流れてしまいます。そのため、通常より多く電気の量が必要になり、電気の使用量が自然と多くなってしまうのです。

電気を多く使用するとなると、もちろん電気代も高くなります。心当たりがないのに電気代が高額になっているという場合は、漏電しているかもしれません。

■漏電の確認方法

① アンペアブレーカーと安全ブレーカーのスイッチ

まずは、アンペアブレーカーが「入」になっていることを確認します。確認できたら、安全ブレーカーのスイッチを全て「切」にしましょう。

② 漏電ブレーカーのスイッチ

続いて、漏電ブレーカーを「入」にします。漏電ブレーカーは黒色で、分電盤内の中心あたりに設置されていることが多いです。

③ 安全ブレーカーのスイッチ

残すは確認をする作業です。①で切っておいた安全ブレーカーを一つずつ「入」にしていきます。漏電しているなど不具合が起きている回路を「入」にすると、漏電遮断器が反応して電気がまた消えるでしょう。そのため、スイッチの入らなかった回路が漏電していると考えられます。

電気回路の発熱

コンセントにプラグを差し込んだときに緩いと危険です。接触抵抗が大きくなってしまい、電流が流れると発熱してしまいます。長時間気づかずに使用していると、発火の危険があります。

家電製品でコンセントが緩いものがあったら、交換してください。

雨漏り

ご自宅に雨漏りの被害がある場合は、漏電につながってしまうかもしれないので注意しましょう。雨漏りによって水が室内に流れ込むと、ブレーカーや電気コードが濡れてしまうかもしれません。その結果、漏電へとつながってしまうのです。

アースがついていない

アースとは、地中に埋められているアース極と電気機をアース線で結ぶものです。アースは電気を地中や大地に逃す役割をしてくれます。また、漏電ブレーカーが正しく作動するのも、電気が大地に流れ始めたことも関係するといわれています。

アースをつけることで、感電や火災の危険を防ぐことができます。アースのような安全のための装置がついていないと、漏電をしてしまう可能性も高くなります。

電子機器自体が漏電

漏電はコンセントや電線だけが原因ではありません。テレビや洗濯機など電子機器自体が漏電してしまっている可能性もあります。電子機器に異変を感じたらまずは使用することをやめてください!

漏電ブレーカーが故障

漏電しているわけではないが、漏電ブレーカーが落ちてしまうというケースもあります。長年使用しているとこのような現象が起きやすいです。漏電ブレーカーが頻繁に落ちるため原因を探すが見つからないという場合は、漏電ブレーカーが故障している可能性があります。

おかしいと感じたら、麻生電設に早急にご連絡ください

緊急対応、即日対応、24時間対応、夜間対応いたします

ソース画像を表示

漏電の原因いろいろ 漏電したら麻生電設にご連絡ください!

電源コードの破損

ソース画像を表示

電源コードが無理な形に曲がっていたり、ねじれた状態で使用したり、重い物などが上に乗っかって負荷のかかった状態で使用していると、コードの付け根部分が破損して漏電につながります。

長いコードを束ねた状態で電化製品を使用する方法は電気コードの破損につながるため、危険を伴います。長いコードが邪魔な時は、束ねてまとめるのではなく、壁に這わせたり長くルートをとったりすると良いでしょう。どんなコードも曲げたり縛ったり束ねたりせず、常に真っ直ぐな状態で使用することで漏電リスクは減ります。

また、子どもや飼っているペットなどがイタズラをして破損する場合もあります。
手に届くところは特に注意をしてください。

今一度、家の家電製品などの電源コードを確認して、無理な状態で使用していないか確認をお願いします。

絶縁体の劣化・破損

電源コードではなく、漏電を起こさないためにコードをカバーしている絶縁体部分が、劣化や破損によって漏電する事例もあります。

劣化を知らずに長年使用していると絶縁体の破損につながるほか、劣化の原因にもなります。電源コードのチェックも時々してみてください。

トラッキング現象

トラッキング現象とは、コンセントと電源コードのプラグ部分との間に埃が溜まり、埃が湿気を含んで、漏電、また発火して火災につながる事例があります。

常にコンセントを入れっぱなしのテレビ裏や掃除がしづらい場所で起きやすいとされています。
漏電の原因には大変多い事例です。

電化製品やコンセントの水濡れ

水まわり近くで使用する電化製品、コンセントなどに水がかかることによって引き起こされる場合もあります。

もちろん電化製品には、絶縁処理が施されているものが多いですが、水がかかってしまった場合は、その絶縁処理も意味がありません。

この場合、漏電、感電や火災といった危険があります
水まわりで使用する頻度の高い電化製品の取り扱いには注意をしてください。

家の中で漏電が起こると、それを検知した漏電ブレーカーが落ちることになります。

どの原因も漏電以外に、感電や火災といったかなり危険な二次的被害が及ぶ可能性があります。
電気を使いすぎて落ちるアンペアブレーカーではなく、漏電ブレーカーが落ちた際は注意が必要です。

絶対に放置はせず、すぐに漏電箇所の特定をしてください。

対応できない場合は、麻生電設にご連絡をお願いします。

即日対応、緊急対応、夜間対応、24時間対応いたします。

19159

なぜ漏電がおきるのか 原因を知っておけば大丈夫!

漏電が起きてしまうと、電力の損失はもちろんのこと、感電や火災などの大規模な事故につながることがあります。

電力の漏れ具合にもよりますが、感電によって致命的な障害が残ることもあります。最悪の場合は死に至ることもあるので要注意です。

漏電の規模が大きくなればなるほど、火災が発生する危険性も出てきます。実際に火災が起こったという事例もあるので、他人事ではありません。感電でも十分に危険ではありますが、火災にまで発展してしまえば近隣の方々へも多大な迷惑をかけてしまうので、発生を未然に防ぐよう注意をしましょう。

危険な漏電はなぜ起きてしまうのか?原因を知っているのと知らないのでは対処の方法も違ってきます。

漏電の起きる原因はこれ!

コンセントの接続部分ゆるみ

コンセントに差し込まれているプラグが緩いようであれば、危険な状態といえます。緩い状態で使用していると接続箇所が熱を持ち、発熱していきます。発熱する理由として考えられるのは、接触抵抗の大きさです。大きくなればなるほど電流の流れから発熱していきます。

この状態が長時間続いてしまうと、銅線が錆びてなまってしまうため、さらに接触抵抗が大きくなるといった危険性も上がります。最終的には発火し、火災の原因となるため、コンセントに緩みがないかをチェックしてください。

電線が細い

電気火災の原因として多いと言われているのが、電線の細さです。細いビニールコードをエアコンなどの延長コードにしてしまうと、電線が発熱し、絶縁体が変形してしまいます。絶縁体が本来の役割を果たせなくなるとショートが起き、火災につながるのです。

自宅に長いこと差しっぱなしにしているコンセントがあるという方は、いちどそのコンセントを確認してみてください。プラグの根元にホコリが溜まっている箇所があるようであればとても危険です。ホコリは雨や結露などの湿気を含むことで、電気を通しやすくなってしまいます。この状態で少しでも電流が流れてしまうと漏電が引き起こされてしまうのです。

雨漏り

自宅で雨漏りが起きている場合も漏電が起きる危険性が極めて高いです。雨漏りによって流れ込んでくる雨水が、ブレーカーやコードを濡らしてしまうと漏電が引き起こされます。

もしかして漏電している?チェックはこれでできる

雨が降ると停電する

雨が降ると停電する場合も漏電を疑った方がよいです。このような症状がよく見られる場合は、雨が原因で漏電が起きている可能性があります。雨漏りだけでなく、屋外にある外灯やコンセントの防水性能の劣化も原因として考えられます。

いきなり電気代が高くなった

電気代が普段よりも高いと感じたら、漏電が起きているかもしれません。電気の供給が正常におこなわれないためです。一度チェックをしてみてください。

漏電を防止するためには?

●定期的なコンセントとプラグの掃除
●電気コードを折り曲げたり、束ねたりしない
●濡れた手で電化製品を使わない
●湿気の多い場所に電化製品を置かない

もし漏電に気がついたら

麻生電設にご連絡ください!

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします!

19156

漏電は危険です!すぐに対応しましょう!

1. 漏電が起こる原因と解決方法

生活の中で、漏電とはあまり関係がないように感じますが、電気の使い方によっては漏電が起こりやすいことがあります。
その原因とは下記の通りです。

1. 配線の劣化や破損

家の中にはあちらこちらに配線があります。
埋め込まれている配線については確認できませんが、私たちが使う電化製品やコンセントがどのような状態で使われているかの確認をしてみてください。

漏電が起きないように「絶縁体」が使われていますが、これも使い方によって傷がついたり、濡れたりすることで劣化していきます。そうすると「絶縁」ができなくなり、漏電を起こしてしまうことがあります。

2. 電化製品の故障によるショートや漏電

プラスとマイナスの配線を直接つなぎ、電気抵抗を持つものを通さなかった場合はショートします。

故障した電化製品やコードを使い続けていることでショートや漏電をおこすおそれがあります。内部の回路やコードが破損している場合です。接触の悪い電化製品などには注意が必要です。

2. 漏電ブレーカーが落ちないようにする

電気を使いすぎると落ちてしまうアンペアブレーカーは、同時に使う電化製品を減らすことで防げますが、漏電ブレーカーを落ちないようにするためには日常生活で注意することが必要です。

1. 湿気の多い場所での電化製品の取り扱いに注意する

コンセントと同様で、電化製品は湿気が大敵です。
水に濡れたままの電化製品を使用すると漏電する可能性が高くなります。
キッチン等の水回り付近の電化製品を使用する場合は、濡れた手のまま触らないでください。

2. 電気コードを不自然に曲げたり束ねない

長いコードをつかっていませんか。長いコードがねじれていませんか。コードが変形してしまうほどになると接触不良や熱がこもることにより過熱し、絶縁体としての機能も落ちてしまいます
その結果、ショートや漏電に繋がることがあります。

様々な長さの延長コードがありますので、上手に利用しながら不自然にコードが曲がったり束ねたりしないように工夫してみてください。

3. 漏電ブレーカーでお困りの場合は麻生電設にお知らせください

漏電ブレーカーが落ちた場合、落ち着いて手順を守りながら行動することが大切です。
ですが、電気の使い過ぎで落ちたブレーカーとは違い、「漏電のおそれがある」というだけでも危険が伴います。

知らないまま触ってしまい、漏電による火災が起きてしまうこともあります。

麻生電設にご連絡ください

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします


20539

強風でのテレビアンテナ倒壊 傾きで テレビが映らない

突然の強風で、屋根上のテレビアンテナが倒壊のご連絡が多く入っています。

テレビが映らないのでおかしいと思って、屋根上を確認したところテレビアンテナが倒れているのを発見!大急ぎで電話しましたというものです。

テレビアンテナの倒壊は、テレビが映らない不便さに加え、落下の危険性もあるため、なるべく早い対応が必要です。

強風が原因であっても、土台やワイヤーに問題があることもあります。部品などが雨・風でサビているかもしれません。

併せて確認、必要な場合は取り換えが必要です。

テレビアンテナにも寿命があります

テレビアンテナにも寿命があることはご存知ですか?

アンテナの寿命は約10〜15年といわれています。
豪雪地帯や、海が近く海風が吹く地域ですと、寿命はより短い傾向になります。

そのほかにも、寿命の前に台風や雨によるサビが原因で倒れてしまうこともあります。
もちろん、15年以上使用しているご家庭は、「そろそろ寿命」と考えて、新しいアンテナに交換を検討したほうがいいかもしれません。

テレビアンテナを長持ちさせるには、なるべく雨風の当たらない場所にアンテナを設置することと、定期的に点検してサビを防ぐことが重要です。

それが原因で、少しの風でも倒れたり、部品が外れたりしてしまうことが考えられるので、日頃からチェックするようにしてください。

けれど素人の方が屋根に上っての点検は危険なので、下から遠目にチェックするか、 業者に見てもらうことをオススメします!

テレビアンテナが倒れたときの対処法

  1. 倒れたアンテナを撤去する
  2. 新しいアンテナを設置する
  3. アンテナケーブルを配線する
  4. テレビの電源を入れ、アンテナレベルが良好か確認する
  5. アンテナ本体を取付金具やワイヤーで固定する

屋根やアンテナを支える土台・ワイヤー、部品などが雨・風でサビているかもしれません。

ご自身でアンテナの修理、取り換えを考えられる方もいらっしゃるかもしれません。けれど、大変危険を伴う、そして逆に高額になってしまう恐れがあるため、業者にお任せいただくことをおすすめします。

自力で設置すると起きてしまう危険性

  • 屋根自体に傷がついてしまう
  • 高所作業のため、自分自身の落下の危険がある
  • 電波レベルやアンテナの方向が合わず「テレビが映らない!」状況になってしまう

せっかく低価格で仕上げようと思ってやったことが逆に高額な作業になってしまうことがあります。

アンテナ設置でお困りの場合は麻生電設にご連絡ください

即日対応、緊急対応、24時間対応、夜間対応で作業を行います