浴室乾燥暖房への取り換え 冬に多いヒートショック対策になります

冬場は、暖かい部屋からお風呂場へ移動する際に室温差に体が震えてしまうことがあります。この気温差が、実は高齢者にヒートショックを引き起こす原因になることがあります。
ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

ヒートショックは、おもに家の中の温度差により起こることがわかっています。真冬は、暖房をつけている暖かい部屋と暖房をつけていない浴室やトイレの温度差は、10℃を超えるといわれています。

暖かい部屋から寒い浴室に移動すると、体は室温の急激な変化から体温を調節するために、ブルブルと筋肉を震わせて熱を作ります。

同時に血管を細くして、皮膚の下に流れる血液の量を減らし、体の熱を外に逃がさないように調節します。血管が縮むと、血液が流れにくくなるので、血圧は急上昇します。

しかし、浴槽の温かい湯につかることで、血管は拡張し、急上昇した血圧が、今度は急激に低下してしまうのです。

その後も、浴槽から出て体を洗ったり、あるいは熱い湯船からいきなり出て寒い脱衣所に移動することなど、一連の入浴行動の中で血圧は急激に大きく変動します。

健康な若い人なら、血圧の急上昇や急下降にも耐えられるかもしれませんが、高血圧や糖尿病、脂質異常症など動脈硬化が進行した高齢者では、血圧の上昇による心筋梗塞、致命的な不整脈、脳梗塞や脳出血などを引き起こしやすくなっています。

浴室暖房機は、寒い冬場でもあらかじめ浴室を暖めておくことで、ヒートショックが起こる危険性を軽減させることができます。1台で浴室の暖房から、換気や乾燥などもでき、お風呂場のカビ対策や、衣類乾燥にも活用できます。

麻生電設なら即日対応で浴室暖房の設置が可能です。

即日対応、24時間対応、夜間対応、緊急対応いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。