19579

電気のトラブルは麻生電設にお任せください

毎日、当たり前に使っている電気。
突然、トラブルが起こったときは、とてもびっくりどうしたらよいかわからなくなってしまいます。

「ブレーカーが落ちた!」「もしかして漏電?」「ブレーカーが劣化した!」 「電気がつかない!」

など、電気のトラブルが起きてしまった際の対処方法を知っていることはとても大切です。

漏電しているかも?

漏電とは、湿気や結露、絶縁体の老朽化によって、本来電気が流れるはずの電気回路の外に電気が漏れでてしまうことをいいます。電気代が急に上がったことで電気が漏れている?どこかで漏電しているんじゃないかと心配する方もいると思います。けれど、ご家庭に設置された分電盤はそれを感知し、漏電が発生した場合は、すぐにブレーカーが落ちるようになっています。

分電盤の故障に注意

通常は漏電が起きたらブレーカーが落ちる、という形になっています。それならけれど、漏電を止めるための分電盤そのものが故障している場合は、その形が崩れてしまいます。
漏電が起きても止める手段がないのですから、その結果、電気代は高くなってしまうのです。真夏や真冬でもないのに、電気料金が前月とくらべてやけに高いと感じたら、分電盤の故障による漏電の可能性も疑われます。
感電や火災などの重大事故を引き起こす危険性があるので、すぐに業者に連絡をおすすめします。

分電盤の故障を疑ったら、麻生電設にご連絡ください!

漏電を確認したら

本当に漏電している場合の対処方法をご紹介します。

漏電箇所をチェック

やたらとブレーカーが落ちる症状がつづき、「もしかして漏電しているのではないか?」と思ったら、まずは家庭にある分電盤をチェックしましょう。
漏電ブレーカー(ない場合は主幹ブレーカー)を見張れば、家のなかのどこで漏電が起きているのか突きとめられます。手順はこちらです。

  1. 主幹ブレーカーをオン、そして分岐ブレーカーはすべてオフにする
  2. 漏電ブレーカーをオンにする(ない場合は省く)
  3. 分岐ブレーカーをひとつずつオンにしていく

いまの分電盤は、分岐ブレーカーにきちんと「キッチン」や「リビング」など、どこに電気を送っているのかが示してあります。この方法でチェックをして、漏電ブレーカー(主幹ブレーカー)が落ちた場所が漏電の発生箇所です。
複数箇所で漏電が起きている可能性もあるので、1箇所で漏電を特定したあとも、すべての分岐ブレーカーを試してください。
漏電している箇所を特定できたら、漏電している分岐ブレーカーはオフにしておきましょう。

試しても直らない場合は

漏電箇所のチェックが終了したら、念のため、家電製品の確認をしてください。家電製品のコードなどを確認し、破損があったら外してください。
再度分岐ブレーカーを使ったチェックをしてみても、漏電ブレーカー(主幹ブレーカー)に異常がある場合、配線のショートなどが可能性として考えられます。すぐに業者への修理を依頼をおすすめします。

電気でお困りの場合は麻生電設にご連絡ください

即日対応、夜間対応、24時間対応、緊急対応いたします

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *


上の計算式の答えを入力してください