bathroom-heating-heatshock-bathroom-bentilation-fan-air-conditioner-fukuoka-nisiku-asou (3)

浴室乾燥機で冬場のバスタイムを快適に安全に過ごしましょう

バス乾燥機の上手な使い方で冬場のバスタイムが劇的に変わります。

寒い日のヒートショックを防ぐ!

「暖房」は温風を吹きいれ、浴室内を暖める機能です。寒い冬は浴室内が10度以下になることも珍しくなく、そこへ裸で入ることにより、身体に大きな負担をかけてしまいます。特に怖いのが「ヒートショック」です。これは急激な気温の変化により、身体に及ぼす影響のこと。血圧が急上昇し、失神や心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こすことにより、最悪の場合突然死を招くこともあるようです。
また、入浴中の事故死は過去10年間で1.7倍にも増加(※)。消費者庁も注意を呼びかけており、その安全対策の一つとして「脱衣所や浴室を入浴前に暖めておくこと」が挙げられています。ヒートショックを防ぐためにも、冷えこむ日は「浴室暖房」をつけるようにしましょう。ヒートショックは高齢者だけでなく、若い人にも起こりえます。肥満や心臓病、糖尿病、血圧に問題を抱えている人は、特に安全対策を行なっておきたいものです。

ソース画像を表示

浴室乾燥機があれば部屋の景観を損ねることなく室内干しができますし、ポイントを押さえれば短時間でもしっかりと乾かすことができます。また浴室乾燥機を使うことは、浴室自体のカビ予防にもなるので、掃除の手間も軽減。さらに、暖房や涼風で入浴の快適性を高めたりと、いろいろなシーンで大活躍してくれる優れものだということがよくわかりました。皆さんもぜひ浴室乾燥機をフル活用して、毎日をもっと快適過ごしてください。

また、浴室乾燥機はこまめにお掃除することで、電気の使用量を抑えて節約することもできます。

今年の冬は浴室乾燥機をぜひ、ご検討ください!

浴室乾燥機の設置は、麻生電設にお任せ下さい!

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *