19182

屋根上のアンテナからデザインアンテナに取り換え工事 麻生電設なら即日対応致します

デザインアンテナの設置場所や取り付け方法とは?

放送電波を受信するためのテレビアンテナにはさまざまな種類があります。

その中でも人気の高いアンテナが、建物の外観を崩さないデザインアンテナです。

このデザインアンテナについて、そもそもどんなものか分からないという人も多いでしょう。

通常のアンテナでは満足できない人は、デザインアンテナを設置するのがおすすめです。

【普通のアンテナとは違う?デザインアンテナってどんなもの?】

デザインアンテナとは、一般的によく見かける八木式アンテナとは異なる形状をしたテレビアンテナです。

よくみかける屋根の上に設置する魚の骨のような形が八木式アンテナです。それとは違い、箱型で、シンプルなアンテナがデザインアンテナです。デザインアンテナは屋根の上に限らずさまざまな場所に設置することができ、またその形状も多くが目立たないデザインになっています。
このデザインアンテナの人気が高まっている理由として、多くの地域で電波状況がよくなってきていることが挙げられます。

デザインアンテナのデメリットとして受信強度の弱さが挙げられていましたが、現在ではデザインアンテナでも充分に受信できる環境が整ってきています。

【デザインアンテナの設置場所と取り付け方法】

デザインアンテナの設置場所として、最も多いのは外壁側面です。

壁面に設置する場合には、ビス施工によって壁面に直接取り付けます。

そうすることでアンテナが住宅と一体化し、より強度を保てるようになります。

このとき、ビス穴にはコーキング材を注入するなどの細心の注意を払う必要があります。

重力によるアンテナの落下や壁面の損傷を防ぐ必要があるためです。
デザインアンテナはベランダに設置することもできます。

ベランダ設置用の金具を用いて施工が行われます。

ベランダに設置する際の重要なポイントは、ベランダの電波状態やベランダフェンスの強度です。

これらの状況が整っていなければ、ベランダに設置することはできません。
もしも電波の受信状況がよい場合には、屋根裏に設置することもできます。

屋根裏に設置するためのポイントは、電波を受信できるか、アンテナを設置するスペースがあるか、メンテナンスのために屋根裏にアクセスできるかという3点です。

これらの条件が合う場合にはデザインアンテナを建物の内部に設置することができ、建物の外観をまったく損なわずにすみます。

台風被害からもアンテナを防ぐことが出来、デザインアンテナの需要は大変高まってきています。

今回は、台風被害により、屋根上のアンテナが倒壊したということでご連絡をいただき、ご相談のうえで、デザインアンテナへの変更設置工事を行いました。

麻生電設なら即日対応いたします。お見積り後の施工となりますので、大変安心いただいております。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *