18782

ブレーカーが落ちる原因は様々 お困りの場合は麻生電設へ

エアコンを取り付けたらブレーカーが落ちるのでみて欲しいとのご依頼です。

エアコンを取り付けたエアコン屋さんは対応できないとのことで、緊急対応しました。現場に到着し早速、分電盤を確認すると、つなぐべきエアコンのコンセントがなく、一般コンセントからエアコンをつないでいることが原因でした。

施工内容はエアコン専用のコンセントを増設

分電盤の取り換えを行い、エアコンも無事に使用できるようになりました。

ブレーカーが落ちた時の対処方法

私たちの日常生活において、電気は欠かせないものですが、時にブレーカーが落ちてしまうことがあります。
ブレーカーが落ちる原因のほとんどが、同時に多くの電気を使用しているケースです。

ブレーカーが落ちてしまった時には、一度「電気の使い方を見直してみる」ことをおすすめします。

・複数のエアコンがある場合は、運転開始時間をずらす。(立ち上がり15分程度は大きな電気が流れます)
・電子レンジ、電気ストーブ、ドライヤーなどの消費電力が大きい家電製品はなるべく同時に使わない。
・同じ安全ブレーカーにつながっている照明やコンセントを把握し、使用する機器が2,000Wを超えないように気をつける。

これらを意識することで、ブレーカーが落ちにくくなります。

それでも、ブレーカーが落ちてしまうのなら契約アンペアを見直したり、安全ブレーカーおよびコンセント を増設するのもよいでしょう。

電気のことでお困りの場合は麻生電設へご連絡ください

即日対応、24時間対応、緊急対応いたします。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *