17429

アンテナの倒壊は早急に麻生電設へご連絡ください

アンテナが倒れたのでテレビが見られません。とのご連絡をいただきました。

アンテナの倒壊は突風、大雨、老朽化など原因は様々。

テレビが見られないことも不便ですが、それよりも倒壊したアンテナが

落下して二次被害を招く恐れもあるので、早急に撤去する必要があります。

アンテナは「錆び」の進行で倒壊することもあります

弊社にも「傾いたアンテナを真っ直ぐにして欲しい」と言う御相談を頂きますが、実際に現地に行ってアンテナの状況を確認しますと、修理対応が難しい事も少なくありません。そのような場合はアンテナの状況を確認して頂きご納得頂いた後に新設工事をさせて頂いております。

アンテナを駄目にする「錆び」の進行は住居のある場所でも異なります。海の近くや障害物が少なく雨・雪など受けやすい場所の場合はどうしても劣化しやすくなる為に可能であれば5年に1回程は定期点検を行なっておく事をオススメ致します。

台風の後はアンテナの倒壊に注意してください

台風・強風の後には「急にテレビが映らなくなった」と言う御相談をよく頂きます。その大きな要因は殆どの場合がアンテナの倒壊なのですが、アンテナが倒壊する際の最も多い要因は、築年数が10年以上を越えた戸建て・集合住宅におけるアンテナの劣化が挙げられます。

今回は、倒壊したアンテナを撤去後、デザインアンテナへの取り換え工事を行いました。

デザインアンテナは建物の壁の外観を崩すことなく、風の影響が少ないベランダや壁への設置が可能です。

受信もきちんと確認したうえでの設置になりますので、テレビ映りに問題はありません。

アンテナの新設、倒壊、傾きなどお困りの場合は、麻生電設にご連絡ください。

即日対応、緊急対応、24時間対応いたします。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *