分電盤工事 新調 福岡 北九州 佐賀 電気工事 麻生電設

ブレーカーが落ちる ブレーカー老朽化

漏電ブレーカーが落ちるんですが、見てもらえますかとのご依頼です。

東区雁ノ巣 戸建てのお客様よりお電話いただきました。

ブレーカーが落ちる原因

「バチ!」という音とともに、電気がつかなくなる。

「ブレーカーが落ちた」とよく言いますが、その原因として考えられるのが

  1. アンペアブレーカー
  2. 漏電ブレーカー
  3. 安全ブレーカー

このどれかが落ちたことによるものです。

1.アンペアブレーカー

電力会社との契約ブレーカーでアンペア数が表示をされているものです。

契約アンペア値(契約電力量)これを超えた場合に電気が遮断され、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。

2.漏電ブレーカー

漏電事故を防ぐためにメインスイッチ・テスト・復旧ボタンがついています。

漏電をした場合に作動し、電気を遮断するため、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。家全体の電気が遮断されます。

3.安全ブレーカー

分電盤から各部屋への電気を供給するための回路ごとのブレーカーです。

部屋ごとに供給される電気容量が超えた場合に作動し、その電気を遮断する仕組みになっています。その場合は一部の部屋の電気が落ちることになります。

それぞれのブレーカーの仕組みがあります。ブレーカーが落ちる原因は様々ですが、ブレーカー自体の老朽化の場合は、取り換える必要があります。

ブレーカー取り換えをご要望の場合は、麻生電設にお任せください

新しい分電盤に、即日取り換え完了しました。

これで安心して、電気を使用できます。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

お問い合わせ

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *