コンセント 交換 工事 福岡 電気工事 修理 麻生電設 スイッチ 交換工事 古い 焦げ 臭い 緊急

コンセントから火花が出た!緊急対応

コンセントから火が出たので至急みて欲しいとのご依頼です。

出火するのは大変危険な状態です。火事につながる原因になるので至急対応が必要です。

出火の原因はコンセントの老朽化だということが分かりました。

コンセントから出火の原因

第1位「トラッキング」

トラッキングとは??

長時間コンセントやテーブルタップに電源を入れたまま、プラグを差し込んでいると、ホコリが溜まります。そのホコリが湿気を吸い、プラグ両極間で火花放電が発生してしまします。そのプラグ両極間に電流が発生すると発火する危険があります。

トラッキング現象は、ここ数年よく知られるようになりましたが、コンセントの発火原因として、最も多い現象です。

トラッキングの原因・防止するには!!

【トラッキングの原因】

  1. テレビ裏のコンセントに差しっぱなし電源プラグ
  2. 冷蔵庫・電子レンジなど差しっぱなしの電源プラグ
  3. 洗濯機など湿気の多い部分の電源プラグ
  4. エアコン・暖房器具など、結露の影響があるコンセントに差した電源プラグ
  5. 電気ポット・炊飯ジャーなど、湯気や水気の多い場所コンセントに差した電源プラグ
  6. 観賞魚(熱帯魚)のための24時間継続の電源プラグ

【トラッキング防止】

  1. 長時間差し込みっぱしにしない
  2. 電気機器を使い終わったらコンセントからプラグを引き抜く
  3. ホコリが溜まっている場合は、乾いた布で掃除をする
  4. 電源タップ、プラグなど発熱している場合は使用せず、修理を行う

トラッキングの起こる原因、防止は上記のとおりですが、外出時に多く起こることがあります。こまめな確認と、清掃で防ぐことが出来ます。

コンセントの発火原因

タコ足配線に注意!!

電化製品の火災原因として注意が必要なのものに

タコ足配線があります。

便利でいくつもプラグをつないで使用されているご家庭も多いと思います。

けれど、コンセントの許容量を超えた使用は発熱→発火の原因になります。

さらに、タコ足配線はコードの本数が多いため、その部分の掃除がしにくくなり、ほこりが溜まりやすくもなります。そのため、発熱しやすく、発火につながる原因となります。きちんと電流の許容範囲を確認の上、使用が必要です。

タコ足配線を使用するケースは、多くのプラグをつなぐ時でしょう。
しかし、コンセントの許容電流量を超過すると発熱して火災につながります。

コンセントの老朽化!!

ずっと同じコンセントを使用されているご家庭は多いかと思います。

けれで、コンセントの老朽化により、発火する確率も高くなるのです。

使用頻度、環境にもよりますが、だいたいの目安として10年だと言われています。毎日24時間稼働で使用されている場合は、もう少し短いと考えられてください。時々、確認を行うことで、発火などを防ぐことが出来ます。

【老朽化のサイン】

  1. 火傷するほど発熱している
  2. 破損(ひび割れ)などが見られる
  3. 変色・変形が見られる
  4. 電源プラグの差し込みがゆるくなっていて抜ける

特に手で触ることのできないほど発熱をしている場合や、熱で溶けたように変形している場合、熱で焦げたような色に変化している場合はすぐに使用を中止しないと火災につながる可能性があり、大変危険です。

10年経っていなくても、時々確認をして、安全に使用をしてください。

交換のご用命は麻生電設まで

新しい、コンセントに交換完了しました。これで安心して使用できます。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020

お問い合わせ

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *