ドアホン-カメラ-設置-工事-福岡-インターホン-交換-マンション-管理-電気工事4

インターホンの取り換え工事

マンションのインターホン ピンポーンドアホンからカメラ付きドアホンへ

管理会社様よりご連絡いただきました。

テレビ付きドアホンを求める理由

かつて、来客を告げるものと言えば、ピンポ~ンというチャイムか呼び鈴でした。チャイムがなれば、玄関を開けるまで、誰がそこに立っているかわからない状況。開けてしまえば、押し売りだろうが、相手をしなくてはならない。一度開けるとなかなか、面倒な来客だったりもしました。

けれど、カメラ付きドアフォンを設置すれば、そのわずらわしさから解放されます。インターフォンの進化は目覚ましく、チャイムのみから音声の確認のみできるようになり、その後映像まで確認できるようになりました。そのおかげで、留守中の来客者の姿や、不審者の来訪がなかったかなどまで、確認できるようになりました。

ご自宅のインターホン取り替え時ではありませんか?

テレビ付きドアホンはもはやライフラインのひとつと言ってもいいのかもしれません。実際、その方向にテレビ付きドアホンは進化しています。最後にいくつかその進化の形をご紹介したいと思います。

まずは録画性能の向上です。画面のカラー化、ワイド化とともにカメラの死角をなくす方向に進んでいます。テレビ付きドアホンは来客を撮影しますから、カメラに映らなくては意味がありません。これまでの機器ではカメラに映らない角度があり、そこを犯罪者に突かれる恐れもありましたが、いまでは広角レンズを使って死角を少なくした機器や、カメラの角度を調整できたりする機器も出てきました。

防犯設備として性能も高まっています。人を感知して自動的に撮影をする機能や、防犯カメラや火災警報器と連動する機能など、テレビ付きドアホンはますますセキュリティー性能を高めています。

さらにはスマホと連動する機器も出てきました。こうした機器ではスマホを通じて出先でも来客に対応できます。宅配の受け取りなどが便利になりますし、ドアホンのカメラの映像を出先でも確認できるなど防犯に活用することもできます。

かつての呼び鈴はこのように進化を遂げ、いまや防犯設備としてのテレビ付きドアホンとなっています。インターホンはおよそ10年から15年使用すると替え時といわれています。そのくらい経つと経年劣化も進みますし、修理する部品もなくなってしまうこともあります。あなたの住まいのインターホンはいかがですか?そろそろメンテナンスが必要では?インターホンの交換をセキュリティー強化の方法として、検討してみてはいかがでしょうか?

即日カメラ付きドアホンへの取り換え工事完了しました。

お取替えを検討の方はぜひ、麻生電設にご連絡ください。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020 お問い合わせ お問い合わせ



Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *