火事寸前-危険-電線-工事-配線-電気-着いたり-消えたり-電気工事-24時間-対応-麻生電設-福岡-九州-電気工事5

危険!電気 消えたり 点いたり

電気が消えたり点いたりしますが、見てもらえますかご連絡がありました。

糟屋郡久山町の築50年の戸建ての客様よりお電話いただきました。

状況と築年数から直感的に危険だと感じました。

到着し調査をすると、このお宅は※碍子引き配線でした。

碍子(がいし)引き配線ってなに?

碍子引き配線とは、昭和38年頃まで使われていた配線方式です。
白い陶器製の物が、配線の要であるガイシ(碍子)といわれるものです。
昔の電線は今のようにビニールで覆われているものはなく布製でした。そのため配線の絶縁性を高めるために、碍子で電線を壁から浮かして配線をしていたのです。
少しずつ、建築様式の変化や、電線の絶縁性向上などで、しだいに姿を消していきました。近年では古民家風の住宅や店舗が注目され、デザイン性を気に入られ、装飾的に碍子や碍子引き配線を取り入れた家屋もあります。

しかし、碍子を正しく扱える職人はとても少なくなってきています。そのため、現在の碍子引き配線の多くは、間違った施工が施されていることも問題になっています。

電炉をたどると発火寸前の電線をみつけました!

麻生電設は緊急対応・24時間対応で駆けつけます!

知らず知らずのうちに、老朽化が進み、放置状態の家屋では発火寸前の配線や、ブレーカーなどがよく見られます。緊急事態になる前の定期的な点検も重要です。緊急の際は、すぐに対応できる電気工事店を備えておくと安心です。

発火を未遂で防げて本当に良かったです。無事に配線工事完了です。

電気工事なら実績豊富な麻生電設にお任せください

マンション管理等、一般家庭、建築会社、工務店など、

(福岡県内 大手管理会社様 90社 契約しています)

福岡市内、近郊など迅速に対処いたします。​
取り換え・修理・販売・設置工事・アフターフォローまで全てお任せください
現地調査・お見積もり無料まずはご相談ください

24時間緊急対応
Tel 0120-454-380
九州電力指定店​
福岡県知事免許番号13020 お問い合わせ お問い合わせ

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *